薄毛治療の生涯費用は超高額!?ゴールのある薄毛の治し方とは?

薄毛治療の生涯費用は2000万

このタイトル通り、薄毛治療費は、生涯で2000万円もの費用が掛かる可能性があります。薬を使う薄毛治療は、簡単かつ効果が高いですが、ずっと飲み続けなければ薄毛治療前の薄毛の状態に元に戻ってしまうのです。

 

この問題を解決するためには、【AGAの薬をずっと使い続ける必要がある】とほとんどの人が考えております。

ニュースサイト「しらべぇ」で2018年8月5日、薄毛専門外来に通っているというインターネットユーザーの”体験談”を紹介する記事が公開された。ユーザーは、通院により改善はみられたものの、治療を怠ると効果が無くなり「永続的な投与が必要」という。治療費は月3万円で、仮に55年後を寿命とした場合、合計で2000万円もかかると嘆いた。

参照:http://news.livedoor.com/article/detail/15584191/

 

 

このように、永続的な投与を考慮して金額を算出した結果がこちらです。

3万円(月)×12ヵ月(1年)×55年(投与期間)=1980万円

 

 

この事実をもとに、自分がどのように薄毛治療を行い、結果を出すのかよく考える必要があると言えるでしょう。薄毛治療は自由診療となるため、病院やクリニックでは、価格が異なります。

 

 

そこで、今回はこれらの判断基準となる助けになる内容【現在の医療においてAGA治療がどのように行われているか、メカニズムや金額の詳細更には、内服薬を使わない薄毛治療について】ご紹介します。

 

 

手っ取り早く薬に頼らない薄毛治療を知りたい人は、こちらをクリックしてください。

毛が進行するメカニズムとは?

薄毛が進行するメカニズム

 

男性の薄毛(AGA)が進行するメカニズムは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる悪玉男性ホルモンが毛根に存在する、毛の成長を司る「毛乳頭細胞」に結合することで、成長を停止させることが最も大きな原因と言われています。

 

 

ジヒドロテストステロンは、血中のテストステロンと5αリダクターゼが結合することで、男性ホルモンが還元されて生成されます。DHTは、遺伝や生活習慣などによって、ホルモンバランスが乱れることで発生しやすくなるのです。

 

 

その結果、通常2~6年間伸び続ける髪の毛が、数か月~1年程度の未熟の状態の髪の毛が抜け落ちてしまい、徐々につむじが薄くなったり、前髪が少なくなってしまいます。

 

図解したAGAのメカニズムは下記のリンクにございます。

AGA(男性型脱毛症)が発症するその原因と対策は?

2018.07.24

毛治療薬の種類

薄毛治療薬の種類

 

AGA治療薬は、このジヒドロテストステロンを作らせないように、5αリダクターゼの働きを抑制する拮抗薬として使用されています。その代表的な薬がプロペシア(フィナステリド)、新薬であるザガーロ(デュタステリド)ではないでしょうか。

 

 

プロペシアは、5αリダクターゼの働きを阻害することで、DHTの生成を抑制して抜け毛を抑えるお薬です。効果は3~6か月以上飲み続けることで徐々に感じることが出来ます。副作用として、性欲減退やED、肝機能障害などが発症する恐れがあります。

AGA治療薬【ザガーロ】の副作用はプロペシアの5倍以上!?その真相は?

2019.02.11

プロペシアの性欲低下リスクと辞められない副作用【飲む前に絶対確認!】

2018.11.16

 

最近では、ミノキシジルを服用するミノキシジルタブレットも処方されることもあります。ミノキシジルタブレット(ミノタブ)には血管拡張効果があり、より多くの血液を毛根に与えることが出来ます。

 

そのため、発毛効果が期待されるお薬です。副作用は、動悸や頭痛、そして多毛症などが挙げられます。

ミノキシジルの副作用と正しい効果の理解度チェック【使用前の確認しよう】

2018.09.25

ミノキシジルの内服薬と外用薬の違いがありすぎな件【必見】

2018.09.23

毛治療薬の月々の費用詳細

薄毛治療の月々の費用

 

AGA治療薬として、病院で処方される場合と、個人輸入によるインターネットでの購入パターンを比較してご紹介します。

≪病院で処方される場合≫

初診料:3000円~5000円
フィナステリド内服+ミノキシジル内服=1万5千円~2万3千円程度/月々

≪個人輸入(インターネット)≫

初診料:0円
フィナステリド+ミノキシジル内服=1万~2万円程度/月々

 

 

金額だけ見れば、個人輸入の方が良いとお考えになる人も少なくありません。しかし、個人輸入はあくまで自己判断となります。そのため、まがい物や薬に不備があったとしてもどうしようもありませんので、あまりお勧めすることが出来ません。

 

 

このように、AGAの治療薬にかかる費用は、月々大体2万円~3万円と考えた方が良いでしょう。それ以外の薄毛治療を追加する場合は、もっと高額になることが想定されます。

 

毛治療の内服薬を使用すると献血が出来ない

AGAの薬は献血NG

毎日1錠や2錠薬を飲み続ける薄毛治療は、服用中~停止後数か月の間、献血することが出来ません。その理由は、内服薬の成分が血中に溶け込んでいるため、健常人に輸血されると危険があるためです。

 

輸血は、性別で判断せず、主に血液型によって判断されます。仮に、AGAの内服薬を服用中の人の血液が、女性へ輸血された場合、ホルモンバランスが乱れてしまう恐れがあります。

 

また、子供に輸血された場合は、男性ホルモンを抑制するため、発達障害になる危険も…。

 

AGA内服薬は、薄毛が気にならなくなるまで生涯ずっと飲み続ける必要があります。そのため、AGA治療を行っている限り献血することが出来ない体となりますので注意が必要です。

わりがある薄毛治療は存在するの?

ここまで私の記事にお付き合いを頂いた方だと、一番気になることが「終わりがある薄毛治療は存在するのか?」といったことではないでしょうか?

 

 

数年前までだったら、「存在しません。」とし回答することが出来ました。しかし、医療技術や薄毛に対するメカニズムが日々明らかとなっていく中で、薄毛治療を終了させることが出来る可能性は十分にあると断言することが出来ます。

 

 

というのも、私と一緒に内服薬を使わずに薄毛治療を行い成功した人の98%が成功しているからです。どのように行ったか気になる人も多いでしょう。

ペガ先生

しかし、これを行えば薄毛が治りますよ。とお伝えすることが出来ません…。

それは、患者様の状態によってアレンジをして薄毛治療を行っているからです。

 

私が行った薄毛治療は、一人一人原因によって異なります。そのため、この人ではこの方法で生えたけど、この人では生えないこともザラにあります。

 

しかし、安心してください。

その人にあったオリジナルの発毛療法を毎回行い、薄毛治療を行うことで髪の毛が増えなかった人はほとんどいません。

 

 

増えなかった人は、お伝えした事を実践出来なかったり、やむを得ない事情で当店に通うことが困難になった人のみです。

 

人それぞれの薄毛の原因にあった発毛療法を行うことで内服薬を使わずに発毛させることは可能なのです。

 

服薬を使わない薄毛治療とは?

AGAの薬を使わない薄毛治療って?

 

私が行う、内服薬を使わない薄毛治療とは、【お客様の体質・頭皮状態・生活習慣・遺伝的要因・施術】これら一つずつ、もっとも最適な治療を行うことで髪の毛を生やしています。

 

 

これまで、「育毛剤を使って効果がなかった人や、内服薬を服用していたが、そろそろ限界を感じる」そのような人も多く来店されます。

 

 

生涯的に月々1~3万払い治療するより、半年や1年間集中して薄毛治療を行うことで、その後は簡単やシャンプーなどもメンテナンスのみで髪の毛が持続することが可能です。

 

そんな不安は、元薄毛の私に相談して下さい。薬学系大学で研究、大手製薬会社で皮膚科学開発に携わり、発毛症例件数1000件越えの当店なら貴方に最適な方法を提示できる可能性があります。

 

薄毛治療を行う期間は、【人生の内のたった半年~1年間】です。私と一緒に内服薬を使わない薄毛治療を行ってみませんか?

【副作用なし・内服薬なし】の薄毛治療を実現した東京の薄毛治療院とは?

2018.12.08

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。