女性特有の頭皮のニオイの原因とは?臭くなる要因と対策法を解説

毎日しっかりお風呂に入り、シャンプーをしているのに、次の日の夕方ぐらいから頭皮から嫌なニオイがする・・・。毎日ドライヤーなどヘアケアを行なっていても中々取れない頭皮のニオイやトラブルに悩む女性が増えています。

 

また、頭皮のニオイは自分では気づきにくく、友達や家族に言われて気づくことも少なくありません。ふとした瞬間に「もしかしてわたしの髪の毛ってくさいかも・・・」と気になりだして、ショックを受ける女性も多いです。

 

今回は、そんな頭皮のニオイでお悩みの女性の皆様に向けて、発毛技能士である私が頭皮が臭くなる要因と対策法を解説します。

※)動画において、頭皮のベタつきを解説しております。

目次

女性の頭皮が臭くなる主な5つの原因とは?

実は、頭皮が臭くなる原因は大きく次の5つが存在します。

女性の頭皮が臭くなる5つの原因
  1. シャンプー・リンスの洗い残し
  2. 髪の毛の乾かし方
  3. 不規則な生活リズム
  4. 寝具の汚れ
  5. ストレス

髪の毛を洗うだけでニオイが落ちないのは、シャンプーなどの洗い残しはもちろん、それだけでなく日々の生活習慣も大きく関わってきます。

女性特有の頭皮のニオイに悩まされている人は、次の5つに該当するところがないか探ってみてください。

女性特有のニオイの原因①:シャンプー・リンスの洗い残し

自分ではしっかりと洗い残しなくシャンプーができていると思っていても、十分に洗いきれず臭いの元になることがあります。特に髪の毛の長い女性は、シャンプー・リンスの洗い残し、すすぎが不十分な場合が多いです。

 

シャンプーでしっかり頭皮を洗うことが出来ていないと、毛穴の皮脂栓も詰まりがちになります。この洗い残された成分と、頭皮の皮脂がまざり合い、嫌なニオイを発生しているケースがあります。

 

女性特有のニオイの原因②:髪の毛の乾かし方

『髪が長くて、乾かすのがしんどい』『ドライヤーの熱で髪が傷んでほしくない』といって、タオルドライや短時間のみドライヤーする人は多いでしょう。しかし、これらが頭皮のニオイの原因に繋がります。

 

タオルドライや短時間のドライヤーだけでは、頭皮の水分を取り除くことはできません。そのまま放置すると、頭皮は蒸れはじめ、菌が繁殖しやすい状態となります。

 

また、蒸発によって乾いた頭皮は、非常に乾燥する傾向にあります。乾燥から頭皮を守るために、皮脂を過剰に分泌させてしまうのです。

 

これらにより、皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸と呼ばれる物質が、酸化され臭い物質である『ノネナール』といわれる物質を生成してしまいます。その結果、嫌なニオイの原因となります。

 

女性特有のニオイの原因③:不規則な生活習慣

体が臭くなるのは、体の中が「不健康な状態」を表す指標とも呼ばれてます。髪の毛がニオイ始めた人は、数か月前までの自分を見つめなおしてみましょう。

 

『寝不足、ストレス、疲れ、運動不足』これらの要因はなかったですか?どれも頭皮のニオイを発生させる原因となる生活習慣なのです。

 

寝る時間を早めることは仕事の関係上、難しいかも知れませんが、毎日自分の決めた時間には寝る、6時間以上睡眠をとる】これらを意識してみてください。

また、適度な運動で汗を流すことは、体の悪いものを排出するデトックス効果が非常に高いです。

 

髪の毛は、体の排出器官でもありますから、いくらシャンプーをしても体内から悪いものを取り除かない限りあまり効果がありません。日ごろから運動をすることを心掛けるだけでも、臭いは改善されることもありますのでお試しください。

 

女性特有のニオイの原因④:寝具の汚れ

日頃から枕カバーを変える頻度や、干す機会が少ないという人も多いのではないでしょうか?

「一人暮らしで朝から夜まで仕事をしている女性」や「家事に追われてそれどころじゃない!」など、忙しく過ごされている女性も多く、大変ですよね。

睡眠中は皮脂分泌が活発になり、毎日使っている寝具は想像以上に汚れています。

寝具が不衛生だと、寝具で繁殖した菌が頭皮にも移ってしまい、頭皮のニオイを発生させる原因となります。

また、寝具を清潔に保つことは快眠にもつながり、副交感神経が優位になってリラックスした状態で眠りにつくことができます。

寝具だけでなく、帽子やタオルなどの頭皮に触れるものも、きれいに洗って清潔な状態に整えておきましょう。

時間がなくてできない人は、枕カバーや枕の上にハンドタオルをかけて寝ることをおすすめします。

簡単にきれいな環境を作ることが出来ますよ。

 

女性特有のニオイの原因⑤:ストレス

知らず知らずのうちにストレスはためてしまいがちです。

このストレスは女性ホルモンの分泌量と密接に関係しているのをご存知ですか?

過度なストレスは、精神的にも身体的にも緊張状態が続いてしまいます。緊張状態がつづき、交感神経が優位に働くと男性ホルモンが活性化され、皮脂の分泌量が増加し、頭皮のニオイだけでなく肌荒れの原因にもなります。

ストレスがかかってしまうのはしょうがないことですので、適度に発散することが大事なのです。

自分の好きなことをやったり、アロマやリラクゼーションミュージックを聞くなどして少しでも軽減することをおすすめします。

女性特有の頭皮のニオイへの対策法とは?

正しいシャンプー方法で洗髪する

基本ですが、シャンプー・トリートメントの正しく行うことで、毛穴詰まりや洗い残しを解消することができます。

これを機会に、ご自身の頭皮洗浄のやり方を確認してみてください。

正しいシャンプーのやり方

  1. お風呂に入る前に、側頭部と後頭部を指の腹を使ってもみほぐして血行を良くする。
    (強くマッサージする必要は一切ありません。)
  2. 髪の毛を濡らす前に、ブラッシングで大きいフケやほこりを落とす。
  3. 半身浴をして、軽く汗ばむまで湯船につかり毛穴を広げる
  4. シャワーで湯シャンプーのみ(1分以上)
  5. 軽く水気を落としたら少量のシャンプーを手に取り、髪の毛全体につける。
    (頭皮にはまだつけなくてよい)
  6. 軽くゆすぎ、その後もう一度シャンプーを取り、全体になじませる。
  7. 指の腹で頭皮をもみ洗い&マッサージ
    (後ろ ⇒ 横 ⇒ 上 ⇒ 前の順番で洗う)※爪は立てずに洗う
  8. シャワーで完全にシャンプー剤を落とす。入念に。毛穴から落としていくイメージです。
  9. トリートメントは頭皮につけず、髪の毛に馴染ませるのみ。時間はおかず洗い流す。
  10. タオルドライは、こすらず押し付ける感じで行う。
  11. ドライヤーは根本から乾かしていく。

ニオイの原因である洗い残しは、すすぎを念入りにすることで、解消されます。とはいえ、シャンプーは1日1回までとしてください。

 

過剰な洗髪は、頭皮の皮脂を取りすぎてしまい皮脂の分泌量を増やす原因となります。また、シャンプーは頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

ドライヤーで根元から乾かす

前述した通り、生乾きのままは、雑菌を増やす原因となります。そのため、お風呂上りはしっかりとドライヤーをすることをお勧めします。

正しいドライヤーの仕方

  1. 髪の毛から10cm~15cm離してドライヤーの温風をあてる
  2. 根本から乾かしていく
  3. 完全に乾かさず、8割ほど乾いたら冷風へ
  4. 冷風で、頭皮全体を引き締め1割ほど乾かす
  5. 残りは自然乾燥

ポイントとしては、ドライヤーの熱のみで乾燥させると、髪の毛の水分量が奪われすぎてしまう恐れがあります。最後は冷風を使って髪の毛全体を乾燥させることをおすすめします。

 

男性と女性とで頭皮のニオイの原因は異なるのか?

男性と女性とでは頭皮のニオイの原因が異なります。それぞれの違いを解説していきますね。

【男性のニオイの原因】

男性は一般的に、女性に比べて頭皮の皮脂の分泌量が多く、汗もかきやすい傾向にあります。

その皮脂や汗が酸化すると、アブラが腐ったような不快なニオイを発します。これがいわゆるオヤジ臭の原因となるニオイです。

また、男性だけが発するアンドロステノンというニオイ物質があり、これはフェロモンとして作用します。この男くさいニオイは、女性だけが不快に感じるという特性があります。

【女性のニオイの原因】

女性の場合は、男性に比べて髪の毛が長く毛量が多い人が多いので、汗をかいた後や洗髪した後に、乾きにくいことが頭皮のニオイの原因となりやすいです。湿った状態が長時間続くと、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなりニオイを発します。

また、女性は男性に比べると発汗量が少なく、汗を出す汗腺の機能が低下しやすいです。そのため、粘度のある臭い汗が出やすくなり、それもニオイの原因となります。

最後に

いかがでしたか?

頭皮のニオイを減らすためには、皮脂の分泌をおさえることを中心におこなっていく必要があります。

そのためには、もう一度自分の生活習慣を見直し、整えてあげることが大切です。

自分のできるところから、少しずつ改善させていきましょう。

そして、頭皮のニオイが気にならない生活を1日でも早く手に入れてくださいね。

目次
閉じる