3月、4月に抜け毛が急増する『春』に起きる薄毛の原因とは?

冬の寒さも徐々に収まり始める3月や4月。入社や入学、転勤など3月や4月は様々なイベントがあり、気持ちも環境も入れ替わる時期ですよね。実は、この時期は抜け毛が増えやすく薄毛になりやすい時期でもある事をご存知ですか?

 

春先や秋口のような季節の変わり目は、気候が変わるだけでなく、抜け毛が増えやすい季節でもあります。もちろん、毛の生まれ変わりの関係もありますが、それ以外の原因で抜け毛が増えているもあります。

 

今回は、3月、4月の季節性の抜け毛に着目してその抜け毛の原因と対策についてご紹介しますね。抜け毛増えてきて不安な人の参考になる記事となっております。

ペガ先生
抜け毛の原因を理解して不安を取り除いてしまいましょう!

既に、抜け毛がひどくて何とかしたい!そうお考えの人は、下記を参照して頂ければ貴方にあった薄毛治療を探すポイントが分かりますよ。

男性の薄毛について

男性の薄毛(AGA)には、原因に合う治療法がカギ【薄毛治療完全攻略マニュアル】

2018.12.12

女性の薄毛について

3月や4月の抜け毛の原因①:紫外線

「3月の紫外線は9月と同じくらいの線量である」と言われるほど非常に強い紫外線が降り注いでいます。1月から次第に紫外線が増え始め、3月は非常に強い紫外線となります。

 

春スキーなどに行くと日焼けしますよね。3月や4月は夏と同様に日焼けするぐらい強い日差しの季節です。また、夏とは異なり、気温的にもまだ肌寒く日焼けするはずがないと日焼け対策をしていない人が多いことも抜け毛が急に増えてしまう要因の一つです。

 

また、紫外線による抜け毛で多いのが、紫外線ダメージを既に多量に受けた後に気づくことです。その場合は、ダメージを受けた細胞をケアする必要があります。対策としては、頭皮の保湿や肌の再生を助ける栄養を補給することです。

 

紫外線による抜け毛が増えたときの対策は?

紫外線を受けてしまった時の対策は大きく2つあります。ただし、どの方法も残念ながら即効性はありません…。そのため、数か月かけて頭皮をいたわってあげましょう。

 

1.肌のターンオーバーを助ける栄養を摂る

紫外線を受けると皮膚の表層だけでなく、その内側までダメージが蓄積することがあり、紫外線の刺激により毛根がダメージを受けて抜け毛となります。ただし、人間の皮膚・頭皮には、リカバリー機能であるターンオーバーが存在します。ターンオーバーは約45日間で新しい皮膚へと生まれ変わる代謝機能です。

 

そのため、傷ついた皮膚・毛根周辺をケアするには、ターンオーバーを助けることが必要があります。頭皮のケアをする上で大事な栄養はたくさんあります。ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAなど。その中でターンオーバーに必須なのは、粘膜や皮膚の代謝を促進するビタミンB2です。

ビタミンB2が多く含まれる食べ物

レバー、卵、大豆、緑黄色野菜、乳製品

毛髪診断士からワンポイントアドバイス

髪の毛は、ケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されているため、頭皮だけでなく、髪の毛のことを考えたら、タンパク質を取ることも大事ですよ。

また、髪の毛の合成を助ける栄養や食べ物が下記のリンクにもありますので併せてお読みください。

【亜鉛と抜け毛の深い関係】薄毛を防ぐ亜鉛の上手い使い方とは

2019.06.10

ブロッコリースプラウトでAGA予防が出来る?食事から育毛・抜け毛予防しよう!

2018.12.26

ヨーグルトに育毛効果がある理由は?乳酸菌が薄毛予防のカギ

2018.12.19

リンゴには【育毛効果】が期待できる!?リンゴポリフェノールの秘められた力とは?

2018.11.17

2.頭皮の保湿・UVケアでこれ以上の頭皮ダメージを防ぐ

3月や4月の強い紫外線により、既にダメージを受けて抜け毛が増えてしまっている場合も、これから怖いなと思う場合も、紫外線から頭皮を守ることは必須です。

外に出来る時は、下記の対策を行いUVカットをできるだけ行ってあげましょう。

  1. 帽子をかぶる
  2. UVカットのスプレーを頭にも付ける

頭皮は、顔などと比較すると感覚神経が少ないため、傷みや刺激を感じにくい場所ではありますが、何も感じていなくてもダメージは蓄積してしまいます。そのため簡単なことから頭皮ケアを行いましょう。

 

後は、+αとして保湿してあげるのも有効です。頭皮の保湿クリームや化粧水はインターネットで調べれば多く出てきます。その中でもアルコールフリーなど。刺激性の少ないものを選び使用してあげましょうね。

3月や4月の紫外線を慢性的に受けると頭皮が硬くなることも

紫外線を慢性的に浴びてしまうと、だんだんと頭皮が硬化していき、血行不良や頭皮の柔軟性が失われていきます。今の頭皮状態が、何色をしていて健康かどうか確認してあげることも、抜け毛の予防を考えた時に大事となります。

 

頭皮の色は、健康だと青白く透き通った色をしていますが、血行不良や炎症が起こると、茶色くなったり、赤くなったり色味が分かります。自分の頭皮を携帯のカメラなどで撮影して観察してみてはいかがでしょうか?

⇒頭皮の血行不足はハゲ予備軍!?自宅で出来る頭皮の血流セルフチェック

 

3月や4月の抜け毛の原因①ストレス

3月は、年度末であるため、仕事の締め切りに追われたり、また新しい環境への準備などストレスを感じやすい季節です。人によっては一時的な強いストレスがかかってしまうことも少なくありません。同様に、4月は新しい環境となりその職場やクラスに馴染むために気を使ったりなどで精神的負荷が多い季節となります。

 

適度なストレスは、体に対してよい刺激でありより活動的となりますが、急なストレスは体に様々な悪影響を及ぼします。人はストレスがかかると、その負荷に抵抗すべく、副腎皮質からコルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されます。

 

このホルモンは、男性ホルモンを活性化させる作用があり、抜け毛の増加を促してしまうのです。またストレスがかかると、ストレスによる活性酸素(体のサビ)が分泌されます。この体のサビを取り除くためには、多量なビタミンやミネラルが使用されるため、髪の毛への栄養が減ってしまうのです。

 

栄養がもらえない髪の毛は、やせ細り抜け落ちてしまいます。そのため、3月4月に精神的にきついと感じている・さらに抜け毛が増えてきた場合は、ストレスを自分なりの解消法で減らしてあげることが先決となります。

 

とはいえ、中々発散する機会がない・抜け毛が止まらない場合は、その抜け毛がストレスになる場合も…。その時は専門家に相談して早期に対策することをおすすめします。無料相談も受け付けているお店も多数あるのでぜひ活用しましょう。

ストレスがAGAを進行させる原因?薄毛になるメカニズムと対策法は?

2019.09.05

ストレスによる女性の抜け毛【タイプ別診断】女性に合った対策とは?

2019.05.10

ストレスとハゲ・抜け毛の深い関係とは?|簡単に出来る薄毛対策

2019.04.18

花粉が頭皮のかゆみの原因になる可能性がある

3月や4月は、花粉症で悩まされる時期でもあります。花粉症と聞きイメージされるのは、「目のかゆみや鼻のむずがゆさ」ではないでしょうか?

実は、花粉は頭皮などの皮膚にも痒みや炎症を引き起こす可能性があります。この症状は「花粉皮膚炎」と呼ばれ、肌荒れの原因になることも。特に春先などに肌荒れしやすい人は頭皮のかゆみも併発しやすい傾向にあります。

 

たとえば、下記の画像のように、頭皮にできたニキビに花粉が付着して入り込むと、アレルギー反応として免疫細胞が集まり、炎症やほてり、痒みを引き起こすのです。また、痒みにより、爪で引っ掻いてしまい頭皮が、傷がついてしまう恐れがあるため注意が必要です。

このような事態な時は、アレルギー反応を抑える抗ヒスタミン薬や炎症を抑えるステロイド薬を医師から処方して貰い、炎症や痒みを抑制して治してあげることをお勧めします。

脂漏性皮膚炎で頭皮が痒い!!抜け毛まで…その原因・対策は?

2018.10.28

3月や4月の春の抜け毛が止まらない場合は専門家へ

3月4月の薄毛・抜け毛が進行してきたら専門家へ

3月や4月などの季節の変わり目は抜け毛起きやすく、中には抜け毛が止まらず、地肌が見えてきたり薄毛が気になることも…。

その場合は、季節性の抜け毛だけではなくそれ以外の要因で抜け毛が増え、髪の毛のボリュームが減ってしまっていることが懸念されます。自分で育毛剤や育毛シャンプーをドラックストアや通販で購入するのも一つの手ですが、それだけでは結果が出ずらいのが現実です。

 

あれこれ自分で対策をするうちに月日が経ち、より薄毛が目立つようになってしまう危険もあります。

 

そのため、もし季節性の抜け毛の原因以外に抜け毛の増加・薄毛の進行が確認される場合は、専門家に一度相談することをお勧めします。季節性の抜け毛以外の抜け毛の場合、ほとんどが進行型の抜け毛です。

 

そのため、対策をしなければどんどん髪の毛のボリュームが減ってしまうこともあります。早い内に自分の薄毛の原因を特定して対策することが、危険な抜け毛を防ぐ一歩となるでしょう。

実際に当店には毎月多くの人が薄毛や抜け毛の悩みで来店して頂いております。そんな患者様の言葉を集めた内容が下記のリンクにございます。


 

後に

季節の変わり目の中で最も抜けやすい時期は、春先と秋口と言われています。また、この抜け毛が多い時期と薄毛(男性型脱毛症)が重なる時は、セルフケアだけでは、中々治らないことがほとんどです。

【恐怖】9月から11月に抜け毛がドッサリ…【突然起きる秋の抜け毛】には理由があるの?

2019.08.27

「抜け毛が止まらない・地肌も目立つようになってきた」このような場合は、早期に頭皮を診断してもらうことをおすすめします。早い方が簡単なケアのみで済むことが多いため、自分で解決できないと感じたらすぐに相談するようにしましょうね。

 

東京吉祥寺にある当店は、完全予約制のプライベート発毛サロンです。個室で診察からお会計まで全て行えるため、他の患者様に一切お会いすることはございません。カウンセリングは何度でも無料ですので、薄毛についてお悩みがあればぜひ当店へご相談ください。

 

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。