【食欲の秋】薄毛で悩む方は秋の食材『栗』を食べるべき!

秋に1度はを食べる機会があるのではないでしょうか。栗ご飯など美味しく私も好きな食材です。
実は、栗には髪に良い栄養素が含まれているのをご存知ですか。

今回は、秋の食材の栗に着目して、発毛技能士が「栗を食べるべき理由」を解説します。

発毛技能士
栗が薄毛に効果がある理由はコレだ!

 

栗の栄養素

栗は秋の万能薬とも呼ばれるほど栄養価が高い食べ物です。

植物性タンパク質をはじめ、ビタミン(A・B1・B2・C)、ポリフェノール、亜鉛、葉酸などたくさんの栄養素が含まれています。
また食物繊維も豊富であるため、腸内環境を整える作用があること。タンニンも含まれるため、体の酸化を予防してくれます。

このように、小さな一粒の中に多くの良い働きが含まれており、ぜひご飯に取り入れてほしい食材の一つです。

発毛技能士
今年も栗ご飯いただきまーす!

栗の薄毛への効果

栗には多くの栄養素が含まれますが、髪の毛・頭皮へどんな効果があるのか解説します。

ビタミンA・タンニン

★効果

細胞の酸化を抑える働きあります。
酸化はいわゆる体のサビであり、蓄積すると老化がしやくなります。
酸化は細胞が増えるときに生じてしまう【活性酸素】によって引き起こされます。

髪の毛が増えるためには細胞が増える必要があり、活性酸素が生成されてしまいます。
ビタミンAやタンニンを取ると、その体の酸化を抑えることが出来るのです。

★摂取量

ビタミンAは脂溶性ビタミンと言われ、尿や汗で排出されません。
そのため、取りすぎると、体に蓄積して頭痛やめまいが起きる場合がありあます。

しかし、普段の食事からとりすぎる心配はありません。
サプリメントやビタミン剤を摂取する場合は使用法を守った範囲で使いましょう。

 

ビタミンAは、栗の他にも「緑黄色野菜」に多く含まれます。

ビタミンB2

★効果

ビタミンB2は「皮膚や粘膜の保護・脂質の代謝」を促進する働きがあります。
小腸粘膜から吸収され、体に溜まりすぎた脂質を代謝してくれます。

脂漏性脱毛症(頭が脂性の薄毛)の方には特におすすめの栄養素です。
皮脂腺から皮脂の分泌を抑えて毛穴のつまりを徐々に解消してくれます。

★摂取量

このビタミンは水溶性ビタミンであるため、取りすぎても尿として排出されます。
黄色がった色をしているので取りすぎた場合は尿の色でも把握することが可能です。

発毛技能士がおすすめするのは、尿が黄色くなるぐらいまで摂取することです。

1日の摂取量は、こちらです。

女性18~49歳50歳以上
1日の摂取量1.2㎎1.1㎎

 

男性18~49歳50~69歳70歳以上
1日の摂取量1.6㎎1.5㎎1.3㎎

 

皮脂の分泌量が多い男性の方が摂取量は多めです。
この表に記載された量が1日の内、体に吸収される量です。脂っぽい人は少し超える量を摂取して十分に体に供給するのも1つの手です。

栗の他にも、「納豆、卵、レバー、牛乳、ヨーグルト、大豆」に多く含まれます。

ビタミンC

★効果

このビタミンCは、私のお客様にも積極的に取り入れるよう、ご指導している栄養素です。
ビタミンCは肌や皮膚、血管を作るのに必要な「コラーゲン」を形成するのに欠かせません。
それだけでなく、病気の抵抗力を強めたり、ビタミンAと同様に抗酸化作用があります。

頭皮の健康維持をするためには、コラーゲンは欠かせません。
頭の表皮が健康でないと元気な髪の毛は育てることができません。

ビタミンCのストレスを軽減させる働きが髪には重要です。
ビタミンCにより、ストレス性脱毛症や血管の収縮をおさえることが出来ます。
その結果、頭皮に良い血液を送ることができるようになります。

★摂取量

ビタミンCは水溶性ビタミンであるため、取りすぎても尿として排出されます。
黄色がった色をしているので取りすぎた場合は尿の色でも把握することが可能です。

 

女性18~70歳以上
1日の摂取量100㎎

 

男性18~70歳以上
1日の摂取量100㎎

 

ビタミンCは男性女性ともに、18歳以上は100㎎と覚えやすい数値となっています。
ただし、タバコを吸ってもビタミンCは消費されるため、喫煙者は100㎎以上1日に取り入れる必要があります。

ビタミンCは「柑橘系」に多く含まれます。

亜鉛

★効果

亜鉛は髪の毛を構成するたんぱく質「ケラチン」を形成するのに必要な栄養素です。
亜鉛が不足すると、ケラチンの形成が滞り、髪の毛のハリがなくなり、髪の毛が細くなります。

また、たんぱく質の再合成やDNAの合成にも必要なため、新しい細胞やが作られる組織や器官では必須のミネラルです。
頭皮も体の中で分裂が多い組織であるため亜鉛は不可欠な栄養素となります。

★摂取量

亜鉛は、体で合成することが出来ない栄養素であるため、定期的に摂取する必要があります。
しかし、亜鉛が慢性的に不足している人が多いといわれています。
1度に取るのではなく、継続して亜鉛を取り入れることをおすすめします。

女性18~70歳以上
1日の摂取量6㎎

 

男性18~70歳以上
1日の摂取量8㎎

毎日これだけの亜鉛を摂取することが推奨されています。

亜鉛が多く含まれる食品は「生牡蠣、レバー、チーズ、煮干し」に多く含まれます。

 

最後に

近年、栗の栄養素には多くの注目が浴びています。
特にビタミンCの多さはナッツ類と比較しても群を抜いて多く、100㎎中に26㎎も含まれています。

これから秋も本番となり、栗のシーズンとなりますね。
山に行って栗を取ってきたり、栗ご飯などして楽しみながら髪の毛の健康も増進していきましょう。

さっそく、私も栗を採用した栗尽くしメニューを考え食事にととり入れたいと思います。

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。