AGA治療薬であるミノキシジルとは?内服薬と外用薬について徹底解説

AGA・薄毛で悩んでインターネットで探している方は「ミノキシジル」を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

今回、お伝えするのがミノキシジルの効果と副作用についてです。
ミノキシジルは確かな発毛効果が認められる医薬品ですが、口から飲む内服薬直接頭皮に塗布する外用薬があるのをご存知ですか?

お悩みちゃん
2種類のミノキシジルって飲むのと塗るの、どっちが薄毛に効果あるの?

今回は「ミノキシジルの内服薬と外用薬の違いについて」発毛技能士が解説いたします。
ミノキシジルの使用を検討している方や薄毛や抜け毛で悩んでいる方は必見です。

AGAにミノキシジルはどんな効果があるの?

そもそもミノキシジルって何?という方もいるのではないでしょうか?
そんな方でもわかる商品があります。それは大正製薬が販売している「リアップ」です。
【発毛効果が認められた唯一の医薬品】のキャッチフレーズでテレビCMで放映されています。

このミノキシジルは、毛根部分の血管拡張を促す有効成分で、厚生労働省から発毛医薬品として認可されており、薄毛改善の治療薬として使用されています。

現在、市場には塗り薬と飲み薬の2つが販売され、多くの人に愛用されています。
この二つの使用用途にはどのような違いがあるのでしょうか?

ミノキシジルとは?という方はこちらの記事もご覧ください。

ミノキシジル内服薬(ミノタブ)は認可されていない

実は、このミノキシジルはもともと血管を拡げる降圧剤としてアメリカで利用されていました。
口から飲む薬(内服薬)として使用されていたのですが、今では使用されていません。

何故なのか?

それは、心臓に関する副作用が現れる危険があったためです。動機や狭心症が起きるリスクです。
ミノキシジルは血管を拡張させる効果がありますが、あくまで拡張させる血管は動脈のみであり静脈の血管は拡張しません

人間の血は「心臓→動脈→静脈→心臓へ」と循環しますから、動脈が拡がっているのに静脈がそのままだと、静脈のクッション性が十分に機能されなくなってしまいます。
その結果、血流の調整が出来なくなってしまい、一気に心臓へ血液が送られて、動機を引き起こしてしまうのです。
といった背景もあり、現在ミノキシジルは降圧剤として使用されていません。

AGA治療薬として一般的に使用されている内服薬ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は日本ではまだ認可されていません。
ですが、個人輸入であったり発毛効果が強いため処方される場合があります。
流通しているミノタブは降圧剤として使用された物より、ミノキシジルは配合量が少ないため、重篤な副作用が起きにくい副作用は多数報告されています。

現在までに報告されている副作用はこちらです。

ミノキシジルタブレットの副作用

・心拍数の増加

・頭痛、めまい

・多毛症

・性欲不能と性欲低下

・妊婦への悪影響

・低血圧症

・肌荒れやニキビの発症

・むくみ

・うつ病の発症

・ほてり

と多岐に渡り報告されています。飲んだ直後に発症しやすいのが「頭痛とめまい、そしてほてり」です。そのため、飲むのが怖く服用を辞めてしまう方もいます。
もちろん、何も副作用が出ることなく、髪の毛が増えてきたという方も多くいます。

ミノタブは薄毛治療に推奨されていない!?

発毛の効果があるミノタブですが、こんな事実をご存知ですか?

実は、このミノタブは薄毛治療のガイドラインでもおすすめされていません。

こちらは、2017年度のAGA治療のガイドラインです。

A=使用を推奨

D=使用を推奨しない

となっております。このミノキシジルの内服の判定は【D】なのです。そのため、飲むことはガイドラインでも推奨はされていません。

 

ミノキシジルは外用薬がおすすめ

副作用のリスクを考えるなら、内服薬より外用薬をおすすめします。

こちらも、ガイドライン参照ですが、「ミノキシジルの外用は有効か?」で、【A】の判定である「薄毛治療に推奨」されています。

 

<外用薬のメリット>

「塗布した部分にしか影響がなく、気になる部分に狙い撃ちが可能」

<外用薬のデメリット>

「塗った部分にしか効果がない」

「内服薬よりは効果が弱い」

「毛穴が詰まっていると効果が出にくい」

「血管の拡張によるかゆみ」

 

このように、内服薬と比較して、副作用のリスクが非常に低く抑えることが出来ます。
ただし、注意点があります。
外用は塗った部分の毛を増やす効果があるため、増やしたい部分以外に付いてしまうと、むだ毛を増やす恐れがあるので注意してくださいね。

最後に

薄毛治療は、本人の意思で使用するかしないか決めることがほとんどです。
病院でも薬の推奨をしますが、服用を強制することはありません。
薬を使う際は、しっかり調べてから服用することをおすすめします。

吉祥寺でメディカル発毛サロンを経営して薄毛の無料診断を行っていますが、月に数件ほどAGAの薬についてのお問い合わせがあります。
1つの病院ではなく、「この人なら信頼できる」と感じる専門家を何件か訪れて見つけていきましょう。

お医者さんも人間なので、相性があります。
自分の心境・悩みなど親身に相談できる専門家を見つけ、薄毛改善に取り組んでみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

スーパースカルプ発毛センター吉祥寺店の育毛・発毛ブログです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。体の中から髪の毛が生える環境作りを徹底します。副作用が気になる人・しっかりと自分でケアをして育毛したい人に好評をいただいてます。 そんな私は22歳にて若ハゲでした。市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。そんな私が知人の紹介により発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。今では薄毛の悩みコンプレックスは一切ありません。 私が勤める当店は4つの特徴がございます。 1.低価格  2. 高い発毛実績 (1000人中98%) 3.薬を使用しない  4.完全予約制プライベートサロン 一人で抱え込んでいる人がいましたら、気軽にご相談下さい。