ドライヤーで抜け毛が気になる。髪を傷めない正しい乾かし方とは?

髪の毛が長いと、ドライヤーを行う時間は長時間になりますよね。長時間かけて行う乾かす作業を、正しいドライヤーの使い方をしていないと頭皮や髪の毛の一部に熱が集中して抜け毛の原因になることも…

 

今回は、頭皮・髪の毛をドライヤーで使って乾かす時のポイントと頭皮・髪の毛を傷めないドライヤーをご紹介しますね。

ドライヤーで抜け毛が気になる人へ注意すべきは【熱】

ドライヤーを使用する上で、最も気を付けるポイントはです。出来る限り、ドライヤーの熱を当てる時間は短時間にすることが好ましいです。水が垂れるぐらいの状態からドライヤーを使うと、その分熱を加える時間が長くなり、頭皮と髪の毛への負担は大きくなってしまいます。

 

ドライヤーを行う前は、しっかりとタオルで水分をふき取ることがポイントです。ただし、タオルドライをする際は、下記のことを意識してくださいね。

 

タオルドライで意識すること
  • タオルでゴシゴシ髪の毛を擦らず、優しく抑えるように水分を取る
  • 根元からタオルで乾かす。
  • 髪の毛を挟んで、軽くぽんぽんと叩くように乾かしていく。

 

このようにタオルドライを入念に行うことで、髪・頭皮への熱によるダメージを軽減させ、抜け毛た切れ毛の原因を防ぐことが出来ますよ。

 

ドライヤーで乾かさないのはもっと抜け毛を増やす

ドライヤーで抜け毛増えるぐらいだったら、自然乾燥の方がいいかな…と考える方もすくなくありません。しかし、髪の毛を自然乾燥させるのは、NGです。自然乾燥は、ドライヤーで乾かすより抜け毛を増やす原因となります。

 

髪の毛が濡れている状態(湿気が多い・温度が36~7℃)は菌が非常に繁殖しやすい環境となります。そのため、髪の毛が濡れたまま放置すると、雑菌を繁殖させ頭皮のかゆみ・炎症につながります。

 

「乾かすのめんどくさいし、今日はいっか」とならずに、しっかりと根本を乾燥させることは重要なことです。

 

髪を乾かすときは、熱ではなくて風量で乾かす

髪の毛は、熱ではなく風量で乾かすと最も良いと言われています。風量で乾かすために、推奨されるドライヤーと髪の毛の距離は「20㎝」です。

 

普段から意識的にドライヤーと離すように、乾かす人もいるかと思いますが、20㎝はあなたの想像以上に距離があります。私も意識的にドライヤーとは距離を開けて乾かすことを意識していました。しかし、物差しで測ってみると…5㎝しか離れていませんでした。

まずは、自分が正しい距離でドライヤーを使用できているか確認みましょう。

 

また、ドライヤーは一点を集中的に乾かすのではなく、ドライヤーのヘッドを左右に振りながら、乾かすことで熱を分散しながら乾かすことが出来ます。一般的にドライヤーの熱風は100℃~120℃と言われています。そのため、同じ場所に3秒以上当て続けると、髪の毛だけでなく頭皮までダメージを受けてしまいます。

 

ダメージを受けた頭皮は、乾燥や赤くただれたようになってしまうことも。頭皮は、手などと比べて感覚が非常に鈍感です。頭皮に熱風を当てすぎていないか、ドライヤーと髪の毛の間に手を置くことで熱すぎないか確かめてみるのも一つの手ですよ。ドライヤーと頭皮の距離の感覚をつかむことで、ドライヤーの熱による抜け毛を減らすことが出来ます。

髪・頭皮のことを考えたドライヤーを選ぶことも大事

髪の毛や頭皮のことを考えると、ドライヤーもこだわることが大切です。最近では、イオンが出るドライヤーや、温風と冷風を交互に出るドライヤーなど髪の毛が傷まない工夫がされています。

 

そんなドライヤー業界の中、熱ではなくて空気の振動で乾かすドライヤーがあります。それが「復元ドライヤー」です。使ってみた感じは、普通のドライヤーより少し乾きが遅いですが、髪の毛のまとまり具合などが異なります。

復元ドライヤーを詳しく知りたい方はこちら

復元ドライヤーHP

この復元ドライヤーは、一般では販売されておらず、専門の提携店のみの取り扱いとなります。当店でも、もちろん愛用しておりますので気になる方がいましたら、ぜひ問い合わせください。

 

 

 

 

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。