筋トレするとハゲ・薄毛になるか検証してみた。|【結果】髪に良い事だらけ

筋トレするとハゲ・薄毛になるか検証してみた。|【結果】髪に良い事だらけ

筋トレは、代謝を上げたり、日々の生活をイキイキ過ごす為には欠かせないですよね。

また、最近では筋トレブームとも言われるほどで女性でもトレーニングジムに行く時代です。

そんな私も、体を動かすことが好きで、よくトレーニングジムに行って汗を流してストレスを発散しています。

しかし、よくこんな噂を耳にしませんか?

筋トレをしていると薄毛になるよ」

「筋トレをするとハゲる」

 

昔から言われているこの噂。

確かに筋トレは男性ホルモンの分泌を促すため、一見薄毛や抜け毛と関係ありそうですよね。

結論から先にお伝えすると、筋トレはマイナス要素より、むしろ薄毛に良い効果の方が大きいです

 

ムキムキの人はスキンヘッドのイメージがあると思いますが、実際にジムに行ってみて下さい。

薄毛の人の割合の方が少ないことに気付くでしょう。

 

そこで今回は、

筋トレと薄毛・ハゲとの関係について正しい知識をお伝えすると共に、著者の私が半年間筋トレを続けてハゲるのか

を検証してみました。

 

筋トレをすると、ハゲるって本当?

筋トレすると、「ハゲになる」「薄毛になる」といったうわさ。

結論からお伝えすると、筋トレをしたからと言って薄毛になることはありません

むしろ筋トレをすることで、良質な血液を毛根まで送ることが出来、髪の毛には良い作用を与えることもあります。

 

しかし、筋トレをした後、しっかりと栄養を補給しないと抜け毛増えやすくなることも事実です。

 

とはいえ、結論を知っているはいいものの、

「本当に筋トレしてハゲないの?」

「筋トレで薄毛になったってインターネットで書いてあったし…」

と思う人も少なくないでしょう。

そこで、私がまずは1か月、トレーニングジムに通い、頭皮の変化や薄毛改善のポイントである血流に変化があるか検証してみました。

意識したことは、有酸素運動を含むガッツリしたウェイトトレーニングと、筋トレ後の栄養補給です。

これさえしっかりと行うことが出来れば、筋トレは薄毛予防の一つの手段であるのです。

 

【ハゲ予防効果大】筋トレを週3回ジムトレした結果、血行促進した

ペガ先生

この記事を書くにあたり、知識だけでは意味がない。

実際に筋トレして体内が薄毛になりやすい体質になったのか検証する必要がある。

 

「百聞は一見に如かず」と考え、私自らトレーニングジムに通い、筋トレをしてハゲることが本当かウソかどうか検証してみました。

この記事を執筆し始めた時は、週3回ジムトレーニングを始め1か月経っています。
※なお、これからも1年単位で検証する予定です。

私が筋トレでハゲるか検証するために、行ったのは下記の内容です。

  • ベンチプレス
  • チェストプレス
  • 腹筋(自重)
  • 背筋(自重)
  • デットリフト
  • ダンベル系全般
  • 最後にランニングとストレッチ

トレーニング後は、ソイプロテインとBCAAを取り、栄養を補給することは意識して行っていました。

開始前の私の毛細血管の血流はこちら

自分の血流 筋トレ前

全体的に形がいびつで、周囲の組織も赤く老廃物が溜まっていた状態でした。確認した血流は指の薬指にて確認しています。末端の血流がこれだけということは、頭皮にも少ない血液しか通っていないということにも繋がります。

筋トレ生活1か月後の血流はこちら

自分の血流 筋トレ後

いかがでしょうか?

明らかに色が透き通るようになったことと、血管一つ一つの形がしっかりと立ち上げるようになってきたのが見受けられます。

筋トレをするとハゲるといった心配は不要で、むしろ筋トレをした方が発毛効果があると考えられますね。

横に並べてみると…

筋トレするとハゲる説 検証前自分の血流 筋トレ前
筋トレするとハゲる説 検証1か月目自分の血流 筋トレ後

たった1か月でこれだけの差が出ました。

 

筋トレしてハゲるのか検証1か月後まとめ
  • 髪の毛の毛量変化なし。むしろ髪質が良くなった?
  • 体が軽くなった(最初の2週間は筋肉痛の日々)
  • 疲れにくくなった
  • 活動的になった

半年間続けて筋トレしてハゲるか検証を続けた。

以前、1か月後に検証しました。

始まりは、2018年12月下旬~(現在:2019年7月)その後も、密かに「筋トレしてハゲるのか」説を6か月間しっかり継続してきたので追加で報告します。

筋トレしてハゲるのか検証6か月間の総まとめ
  • 凄い筋肉が付いた
  • Tシャツが似合うようになった気がする
  • 薄毛の進行一切なし。
  • 髪のハリコシが上がった。
  • 血行が更に良くなった

男性だったら、筋トレしてハゲることは気にせずどんどん行うべきだとお伝えします。

※)筋トレにハマり過ぎてステロイドやクレアチンなど男性ホルモンのバランスを乱す行為を行ったら、

ハゲるリスクが高まりますので注意を。

 

こちらが筋トレ生活6か月目の血流になります

筋トレでハゲるか検証6か月目の血流

スタート時から比べてみました。

筋トレするとハゲる説 検証前自分の血流 筋トレ前
筋トレするとハゲる説 検証6か月目筋トレでハゲるか検証6か月目の血流
筋トレするとハゲる説 1か月目自分の血流 筋トレ後
筋トレするとハゲる説 検証6か月目筋トレでハゲるか検証6か月目の血流

これだけ密に血管があれば毛球への酸素と栄養は問題ありませんね。

私は、このまま「筋トレ生活を続け、ハゲない説」を立証し続けます。

とはいえ、筋トレを行うと体内のエネルギーが大量に消費されるため、必要な栄養素を補給する必要があります。

【注意】筋トレで髪に必要な栄養が消費される「栄養補給は欠かさずに」

筋トレをすると体には大きく負荷がかかり、筋繊維に大きなダメージが生じます。

この肉体的ダメージに対して人の体は順応しようと頑張り、負荷量に耐えれるだけの筋肉量を増加しようと働きます。

 

筋トレをした後に筋肉がパンプアップ (張っている)理由は、筋肉が悲鳴を上げているため、多くの栄養を届けようと血管が膨張する為と言われています。ですのでその場で筋肉量が増える為でなく、その後の休息で筋肉は増加します。

 

Aくん

疲れた筋肉がそれを補うために、強くなるってだけで、髪の毛と全く関係ないじゃん!

ペガ先生

その作業は、体には大きな負荷がかかっていて、そのエネルギーを補うために様々なことが体で起きるんだよ。

このような筋肉トレーニングによって何故、薄毛と繋がると言われるのは、大きく3つの要因があります。

今から一緒に確認しましょう。

 

筋トレをするとハゲる・薄毛になる3つの要因

 1.タンパク質量が足りなくなってしまう

1つ目の薄毛・抜け毛の要因は、体の中のタンパク質が足りなくなってしまうことがあげられます。筋肉トレーニングをすると負荷量にもよりますが、体は無理な運動に対して危機感を持ち、より強靭な体を作ろうと頑張ってくれます。

その時に必要となるのが、「タンパク質」です。

 

ペガ先生

タンパク質は、髪の毛を作る上ために、必要不可欠な栄養素です。

 

髪の毛は「ケラチン」という繊維状のタンパク質から構成されております。ケラチンにより、キューティクルやキューティクルの内部にあるコルテックスという毛繊維が作られております。これらを維持・生成する為にはタンパク質(アミノ酸)が必須です。

 

筋トレをしてタンパク質を意識的に多く取らないと、筋繊維の回復にタンパク質が使用され、髪の毛へ供給する量が通常より減ってしまいます。それが、筋トレ=薄毛の噂になる一つの要因と言われております。

 

1食のタンパク質摂取量は下記をご覧ください。

いかがでしょうか?

1食あたりとなりますので、若年層は1日おおよそ46g程度、高齢者の場合は、1日70g程度取ることが推奨されています。若年層より高齢の方の方がタンパク質は必要となります。

 

近年の研究では、自分の体重程度タンパク質を摂取しても良いとの論文もあるぐらいです。「筋トレ後にプロテインを飲むべき」とよく聞きますが、理にかなっているといえるでしょう。

 

プロテインは高タンパク質の粉末ですので、筋トレによって薄毛になることを防止してくれるのです。髪の毛のことを考えたらソイプロテインがおすすめです。また、日々の食事はタンパク質を多めにとる事を意識すると良いでしょう。

 

ソイプロテインの元である大豆には、高い薄毛予防効果があります。下記の記事にまとめましたので合わせてご覧ください。

大豆イソフラボンの【薄毛・抜け毛】への効果を最大限にする方法とは?

2019.08.22

大好物がステーキというおじいちゃんおばあちゃんが元気な理由はタンパク質にあるかもしれないですね。

薄毛になる食事と育毛効果がある髪に良い食事【総編集】

2018.11.19

 

 2.活性酸素が増加して、細胞が老化する

2つ目の要因は活性酸素です。皆さんは活性酸素をご存知でしょうか?

 

簡単に言うと、体を錆させる(酸化)物質です。この活性酸素は生活していく上で絶対に出てしまう物質でもあります。消費したエネルギー量と比例して増加する物質として知られています。

 

この活性酸素が細胞にダメージを与える事が明らかとなっており、人が代謝出来る許容量を超えた活性酸素は、生活習慣病や老化を引き起こす原因物質の一つです。もちろん、頭皮の細胞にも活性酸素はダメージを与える為、髪の毛にも良い物質ではありません。

 

この活性酸素は、食事から抗酸化物質を多く取る事で減らす事が出来ると言われております。具体的には、抗酸化物質には「ビタミンC・ビタミンE・β-カロテン」でございます。無理な食事制限ダイエット+筋トレを行うと、体内の栄養素が確実に不足します。

 

女性の多くにありがちですが、極端な食事制限ダイエットに運動をプラスしてしまうと、美しくするどころか老化を促進してしまいます。メリットは一つもありません。栄養素を意識した上で運動するのがダイエットにも髪の毛にも最良の選択肢と言えるでしょう。

 

3.男性ホルモンの分泌量が増加するため

3つ目の要因は筋トレにより男性ホルモンの分泌量が増加するためです。しかし、結論からいうと、「男性ホルモンが多いから薄毛になる」は必ずしもイコールの関係ではございません。

 

以前も、男性ホルモンが薄毛に関与するという記事を記載しましたが、筋トレをすると男性ホルモンであるテストステロン分泌量が増加します。具体的には、限界の負荷量を短時間に与えるようなトレーニングをするとぐっと分泌量が増加します。

 

ウェイトリフティング等の高負荷がかかるトレーニングを好んで行う人は分泌量が高いと言えるいえるでしょう。しかし、1時間を超えるようなトレーニングを行うと、逆にテストステロン量は減少すると言われております。

 

理由としては、テストステロンを生成するのに必要なコレステロールがコルチゾールという抗ストレスホルモンの分泌に使用される為です。実はこのテストステロンは睡眠時にも最も多くなるともいわれております。

 

このようにトレーニングによって男性ホルモン(テストステロン)が増える事をお伝えしましたが、テストステロンは悪いものではありません。

 

しかし、このテストステロンが毛根の毛乳頭細胞に存在する5α-リダクターゼに結合して、悪玉男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化する事が薄毛の原因の一つとしてあげられています。

 

薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)とは?

悪玉男性ホルモンと言われているDHTについて説明します。

 

男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭細胞に入ると、5α-リダクターゼ(還元酵素)が働き強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)となり、このホルモンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に結合して薄毛の原因となります。

 

どのようにして、髪の毛が生えなくなるかというと、細胞のエネルギー源であるブドウ糖に作用しエネルギーとして役に立つATPの合成を阻害します。

 

このATPというのは、細胞が元気で働く為のごはんのようなものであり、髪の毛においしいごはんをあげないとどうなるかイメージは付きますよね?

 

そう。髪の毛が休止期に入り、どんどん抜け落ちてしまいます。このテストステロンをDHTに変換する酵素は1型と2型が存在します。

 

主に2型が頭頂部~前頭の毛乳頭に多く局在する事が明らかとなっており、男性の場合この2型5α-リダクターゼが頭皮に局在する人が多いためAGAが発症するとも言われております。では遺伝によって多い人は絶対ハゲてしまうのか?というと必ずしもハゲません! 

 

ハゲになりやすい遺伝子を持つ人がみんな薄毛だったらおそらく今の数倍の人口は薄毛に悩むでしょう。薄毛・抜け毛は食生活、日々の運動、血流、睡眠など様々な条件が重なり薄毛・抜け毛へと繋がります。

 

ですので、AGAクリニックでプロペシア等を貰って飲んでるから大丈夫ー!って訳ではありませんよ。その場合は一時的に薬の力によって育毛させているだけであり、薬を辞めたら薄くなります。薬に頼らなくても体の中から髪の毛が生える環境を作ってあげることが最も重要なのです。

男性の薄毛(AGA)には、原因に合う治療法がカギ【薄毛治療完全攻略マニュアル】

2018.12.12

AGA【男性型脱毛症】の判定基準って?1分で出来る自宅で簡易チェック

2018.08.30

AGA(男性型脱毛症)が発症するその原因と対策は?

2018.07.24

 

適度な筋トレは、薄毛・ハゲ予防に効果的

タイトルの通り、適度な筋トレは体に良い影響を与えます。

特に有酸素運動は、血中に遊離しているテストステロンの分泌量を減少させる他に、気分転換効果・ストレス発散・更には血流促進と発毛に良い事尽くめです。

 

また、第2の心臓とも言われる下半身を鍛える事で、基礎代謝の向上及び血流を良くする効果もあります。

このように、間違った筋トレ(体を痛めつけて終わり)ではなく、しっかりとその後タンパク質・ミネラル・ビタミンを摂取する事で筋トレで薄毛になるといったことはほぼなくなるかと思います。

 

「筋トレしてハゲるか」検証した結果
  1. 筋トレ後、バランスを考えた食事で栄養さえ取れば、薄毛予防効果大
  2. クレアチンやステロイドまで使用したハードな筋トレは男性ホルモンを増やす可能性あり
  3. 適度な筋トレ・有酸素運動でハゲ予防しよう

 

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。