育毛に欠かせないビタミン2選!セルフケアで欠かせない栄養とは?

髪の毛が薄いなぁと気になったら、まずは自分で出来ることを探しますよね。シャンプーや育毛剤、生活習慣などありますが、その中でも最も生活に取り入れやすいのが、食事(栄養)です。

 

ただ、どんな栄養が髪の毛に必要なの?色々必要な物があるけど、いったい何が薄毛に効果的なの?と分からない事だらけですよね。そこで今回は、その栄養素の中でもビタミンに着目して、育毛する上で欠かすことが出来ない栄養素を2つご紹介します。

ペガ先生

製薬会社出身の発毛技能士が、これだけは取ってほしい!というビタミンを紹介します。

ただし、ビタミン以外でも必要な栄養素がございます。それは、亜鉛・タンパク質・女性ホルモンの生成を助ける栄養素です。
参考にしたい人は下記のコラムも参考にして下さいね。

大豆イソフラボンの薄毛・抜け毛への効果は?【エクオールがポイント】

2019.08.22

ヨーグルトに育毛効果がある理由は?乳酸菌が薄毛予防のカギ

2018.12.19

毛に欠かせないビタミン2選

育毛や発毛のことを考えると、摂取した方が良いビタミンはたくさんありますが、その中でも欠かせないビタミンがあります。当店のお客様にもお伝えしているようなビタミンのみご紹介しております。

 

この記事を読んで、食事のみで摂取出来ないと感じた方はサプリメントなどで補うことをお勧めします。

ビタミンC

ビタミンCは、水溶性ビタミンと呼ばれ、熱に非常に弱く繊細なビタミンです。そのため、野菜ジュースなどに含まれるビタミンCは野菜を熱殺菌することで、破壊されているため自然由来ではなく、ほとんどが後から追加した栄養素です。

 

ビタミンC自体に育毛効果はありませんが、頭皮環境を改善することに一役経つビタミンなのです。ビタミンCが持つ働きの中で育毛に効果があると言われているのは以下の2つです。

1.皮膚のコラーゲンの生成を助ける

コラーゲンは皮膚を保湿する成分です。このコラーゲンの生成が上手くいかないと、毛包が小さくなるといった研究報告もあります。コラーゲンの合成されるには、タンパク質(アミノ酸)が腸管内で吸収され、その後コラーゲンの前駆物質であるプロコラーゲンが合成されます。

 

プロコラーゲンには、プロリン、リシンが含まれ、水酸化されることで、皮膚を柔軟にする働きがあります。このプロリンやリシンが反応するための酵素の働きを助ける働きがビタミンCにはあるのです。

 

そのため、ビタミンCがないと、コラーゲン繊維の生成が上手くできなくなってしまい、血管や皮膚が脆くなりうまく発毛することが出来ない状態となってしまうのです。

発毛技能士からワンポイントアドバイス

コラーゲン○○mg配合や、コラーゲン豊富です。こういった製品をよく目にしますよね。
実はこれらの『コラーゲン』を含んだ商品を摂取していても、体に『コラーゲン』として吸収されているとは限らないと言われています。

 

そもそも『コラーゲン』を含めタンパク質を摂取した場合、まず私達の体内では「アミノ酸」と「ペプチド」に分解されてしまいます。その後、これらのアミノ酸やペプチドは、必要な箇所に必要な用途で使用されるため、コラーゲンになるわけではありません。

 

コラーゲンのことを気にする場合は、植物性タンパク質・動物性タンパク質をバランスよく摂取することを意識するだけでよいでしょう。

2.亜鉛の吸収を助ける

ビタミンCには、毛髪を合成するときに欠かせないミネラルである亜鉛の吸収をサポートする働きがあります。亜鉛のサプリなど髪の毛に良いと聞いた事ある人も多いと思いますが、ただ亜鉛を摂取するだけでは、ほとんどが吸収されず体外に排出されてしまいます

 

ビタミンCを亜鉛と一緒に摂取することで、腸管内にてビタミンCが亜鉛を包み込み、亜鉛の体内への吸収率を向上させてくれるのです。そのため、育毛を考えたとき、ビタミンCは欠かせないビタミンと言えるでしょう。

【亜鉛と抜け毛の深い関係】薄毛を防ぐ亜鉛の上手い使い方とは

2019.06.10
ビタミンCが豊富に含まれている食べ物
  • ピーマン
  • ゆず
  • アセロラジュース
  • 芽キャベツ
  • いちご
  • ミカン
ビタミンCを摂取する上での注意事項
ビタミンC(アスコルビン酸)は熱に弱いビタミンです。熱処理をすると破壊されてしまうので、野菜や果物は生で食べましょうね。

ビタミンE

ビタミンEも育毛に一役経つビタミンと言えます。また、若返りのビタミンのとも別名があり、美肌を促すビタミンでもあります。

 

ビタミンEは魚卵やモロヘイヤ、うなぎなどに多く含まれるビタミンです。ビタミンEの効果として、疲れにくくなったりなどが有名ですが、育毛にも良い働きをする栄養です。

 

1.毛細血管の血流をよくする

毛根へ栄養を供給しているのは、毛細血管です。この血管は非常に細いため、流れが悪くなったり、うっ血しやすい血管です。そのため、生活習慣が乱れたり、日頃からストレスを感じる、喫煙をしていると、血管がより細くなり髪の毛へ栄養を与えることが出来なくなり薄毛になります。

 

ビタミンEには、血管の流れをよくする(毛細血管を広げる)働きがあります。毛細血管を広げ血行を促進することで、多くの栄養が毛根へ流れ込み、発毛が促されます。そのため、ビタミンEは育毛剤や育毛トニックなどにも配合されているビタミンなのです。

2.女性ホルモンの分泌を促進

女性ホルモン(エストロゲンホルモン)は、女性らしい体を作るだけでなく、毛髪の成長を促す・毛根の寿命を伸ばす働きがあります。女性ホルモンは脳下垂体からの指令により、分泌されますが、ビタミンEは脳下垂体に働きかけてホルモン分泌を促します。

 

それによって、女性では生理痛や生理不順、びまん性脱毛症が改善されやすくなり、男性では、精子の量の増加、髪の毛の増毛などの効果も期待されるのです。

女性ホルモン【エストロゲン】を増やす食べ物とは?【薄毛で悩む女性におススメ】

2018.10.27
ビタミンEが豊富に含まれている食べ物
  • アーモンド
  • 魚介類
  • アボカド
  • 魚卵
  • モロヘイヤ

 

最後に

育毛に欠かせないビタミン2選!セルフケアで欠かせない栄養とは

薬に頼らず、自力で治したい・自然に近い形で自毛を増やしたい場合、体に取り入れる食べ物や栄養を意識する必要があります。今回は、髪の毛のことを考えた時に必要なビタミンをご紹介しましたが、それ以外にもタンパク質・ミネラル・炭水化物をバランスよく摂取する必要があります。

 

これらを自分で全て行うのは、至難の業です。私も薄毛で悩んだとき挑戦してみましたが、体は健康的になったものの発毛までの結果を得ることが出来ませんでした。一度抜けてしまった髪の毛を取り戻すには、頭皮環境を変えることも重要です。

 

この頭皮環境を変える一番早い方法は施術による処置です。経験談では、多くの人は「生活習慣×ホームケア×施術」で内服薬を使用せず髪の毛を増やす事が可能です。もし、薬に頼らずに髪の毛を生やしたいとお考えの人は、ぜひご相談ください。

 

 

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。