ミノタブとフィンペシアは認可されていない薬…。併用なんて危険すぎる!その理由は?

「もしかしたら、自分はAGAかも…。病院に行ったけど、プロペシアは高いし…そうだ!ネットで見たフィンペシアは安くて良いかも!」

「ネットでミノキシジルが薄毛に聞くって見たことあるなぁ。タブレットで飲むタイプもあるのか。安いし簡単だし買ってみるか!」

 

薄毛マスター

ちょっと待つのじゃ!

その考えはアカンぞ!

 

そんな安易な考えで使用することは、控えた方が良いです。当店に来店したお客様には、服用は控えた方が良いと常にお伝えしております。

 

確かに、口コミなどでフィンペシアを飲んで抜け毛が減った。ミノタブ(ミノキシジルタブレット)を飲んで髪の毛が増えた。などよく耳にしますが、これらの薬は日本で認可されていない薬であり、2017年ガイドラインでは、ミノキシジルの内服薬は治療に推奨されていません。

 

もし、今フィンペシアやミノタブを飲んでAGAの治療に取り組んで見たいと思っている人がいましたら、この記事を読んでから購入してみてはいかがでしょうか?5分程度で読み終わりますよ。これまで、多くのAGAのお薬を飲むか悩んできた人を見てきた発毛技能士である馬鳥 亮佑ミノタブとフィンペシアが推奨されない理由を徹底解説します。

 

ノタブとフィンペシアってそもそもどんな薬?信用できるの?

これらの薬は、上記である通り、まだ日本で認可されてすらいない薬であるため、

 

実は信頼性が低い薬です。

 

 

AGA治療に効果がある有効成分ですが、それ以上に重篤な副作用が出る場合があります。中には偽物を購入してしまうケースも…。

えぇぇぇー!!
そんな怖いこともあるの!?

 

そんな危険がある薬はどのような特徴があるのでしょうか。それぞれの薬の特徴をお伝えします。

ィンペシアってどんな薬?

フィンペシアはAGA治療薬のプロペシアを同じ有効性分「フィナステリド」を核として作られた薬です。このフィナステリドは、AGAの原因の1つであるDHTジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)の生成を抑制することができます。

 

フィナステリドについて詳しく知りたい方はこちらも参考にして下さい。

フィナステリドの効果・副作用って?【AGAでお悩みの方必見!】

2018.09.20

 

日本で認可されているプロペシアは、メルク社が製造している薬です。一方フィンペシアはインドのシプラ社で製造している薬です。シプラ社はインドのジェネリック医薬品会社として有名であり、日本の製薬会社で例えると、沢井製薬のような立ち位置の会社でしょう。

 

シプラ社は大手ジェネリックメーカーとして信頼のある薬ですが、フィンペシアはプロペシアの特許期限がまだ切れていない状態で後発品を製造・販売された薬です。メルク社が製造しているプロペシアの特許期間は2019年であり、まだ後発品であるジェネリック医薬品を製造することはできないはずなのです。

 

フィンペシアはジェネリック医薬品とも呼ばれますが、「模造品」と言っても過言ではないかもしれません・・・。

これだけでも、【本当に信用できるの?】と疑問が浮かんでしまいます。また、フィンペシアの特徴の一つとして、プロペシアと比べて非常に安く手に入れられることが可能です。

 

正規のプロペシア販売価格は、【1粒250円前後(医療機関)】に対して、
フィンペシアの販売価格は、【1粒25~35円(個人輸入)】です。

 

衝撃的安さですよね。

 

プロペシアの1/10程度の価格で購入することが可能です。日本でフィンペシアを購入するためには、正規ルートがないため、インターネットを介して個人輸入するしか方法はありません。

 

そのため、偽物を掴むリスクも非常に高いと言えます。これだけのリスクがある薬を本当に信用するかは、ご自身にお任せしますが、発毛技能士としてはお勧めすることはできません。

 

関連記事

ノタブってどんな薬?

ミノタブとはミノキシジルタブレットを略した名称のことで、ミノキシジルという成分を有効性分とした内服薬です。ミノキシジルには、血管を拡張して血行を促進する作用があり、毛細血管を拡張させる効果があります。

 

毛根に栄養を供給しているのが毛細血管であり、ミノキシジルは毛細血管を太くすることでより多くの栄養素を毛根部に供給させ、髪の毛の成長を促進させる作用があります。ミノタブは薄毛治療(AGA)の薬として知られつつありますが、実は、このミノキシジルはもともと血管を拡げる降圧剤としてアメリカで利用されていました。

 

しかし、現在では、医療の最先端のアメリカでも使用されていません。

 

日本では、ネットで探せば簡単に買えてしまうのに、何故アメリカでは禁止されているのでしょうか?それは、ミノタブが心疾患を引き起こすリスクが非常に高いからです。怖いですよね…。薄毛を治そうと思ったら心臓の病気になるリスクが出てくるなんて…。

 

ミノキシジルを服用すると、血管を拡張させますが、拡張させるのは、動脈のみで静脈の血管には作用しません。その結果、送られてくる血液のみ早くなり、静脈のクッションでは受け止めきれなくなります。そして一気に心臓へ血液が流れ込んでしまい、心臓がびっくりして動悸を起こしてしまいます。

 

イメージ

子供と子供のキャッチボールを想像してください。

一人の子供が急に剛腕のメジャーリーガーになり、剛速球を投球します!

受け止める子供はどうなるか分かりますよね。

「楽しいねー!」

「わーい!」

オラ…力が湧いてきた!!!

おらぁぁぁ!!!

「そりゃぁないよー…いてて…」

 

極端な表現ですが、これと似た状態に体は悲鳴を上げてしまうのです。

 

通販などでは、

安全性がある体の内側から取り込むことで吸収率が違う髪の毛がぐんぐん生えるなどの口コミや宣伝がありますが、ミノタブは、日本で認可されていません。内服薬の方が効果的と言えるが、リスクがある育毛薬であると言えるでしょう。

 

関連記事

ィンペシアの副作用は?

フィンペシアの副作用は、大きく2つあるといわれています。他にも頭痛なうつになりやすいなどありますが、男性の健康維持に関わり、他の副作用より多くが報告されている2つを今回はお伝えします。

 

それは、性欲低下(生殖機能)肝機能障害の2つです。

 

ィンペシアの副作用:①性欲低下(性機能障害)

フィンペシアの副作用として、性欲の減退や勃起機能不全があることが確認されています。これは、フィンペシアの有効成分であるフィナステリドが男性ホルモンを制御する力があるため、引き起こされます。

 

というのも、フィンペシアは飲み薬しかないため、髪だけでなく他の部位にも作用する可能性があるからです。また、フィナステリドは元々前立腺肥大症の薬であったため、前立腺検査の値が低くでる可能性がありますので、正確な値が求められません。そのため、前立腺の検査をする際は、事前に医師に相談して受診しましょう。

ィンペシアの副作用:②肝機能障害

フィンペシアの副作用2つ目に肝機能障害があげられます。薬を取ると肝臓で処理がされるため、どうしても肝臓に負荷がかかります。フィンペシアを服用を考えている方で肝機能が低い人・過去に肝臓に病気があった人はフィンペシアの服用はおすすめできません。

 

また、フィンペシアは半年程度飲み続けなければ効果が実感できない薬でもあります。健康診断で血液検査をした際には、ALT(GPT)とAST(GOT)、γ-GTPの値に注目してくださいね。とくにγ-GTPの値がフィンペシアを飲み始めて増加した場合は、肝細胞や胆管細胞が壊れている可能性が高いので服用を控えた方がよいでしょう。

 

フィンペシアを服用する際の注意事項

肝臓に負荷がかかることを控える(アルコールの摂取、飲みすぎなど)

ノタブの副作用は?

 

2017年の男性型脱毛症のガイドラインにも記載されている通り、副作用の重篤度からミノタブはD「推奨しない」となっております。これは、副作用の重篤度が高いからと言えるでしょう。

 

血管を拡張させて血流を上げるため、副作用が出やすい・感じやすい薬です。そのため、怖くなり途中で断念する方も多くいます。現在までに報告されている副作用はこちらです。

 

ミノキシジルタブレットの副作用

心拍数の増加、頭痛、めまい、多毛症、性欲不能と性欲低下、妊婦への悪影響

低血圧症、肌荒れやニキビの発症、むくみ、うつ病の発症、ほてり

 

と多岐に渡り報告されています。飲んだ直後に発症しやすいのが「頭痛めまい、そしてほてり」です。偏頭痛持ちの方は、血流が急に上がるため、ミノタブを飲み始めてから頭痛になりやすくなった方は少なくありません。

 

にもし頼るならプロペシア(内服薬)×ミノキシジル(外用薬)

もし、薬を使ってでも髪の毛を増やしたいという方は、プロペシアとミノキシジルの併用をおすすめします。プロペシアは、日本でも認可されたAGA治療薬でもあり、ジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)の分泌を抑制する作用がある薬です。

 

そのため、男性ホルモンによる毛根部への攻撃を抑制することが出来ます。また、ミノキシジルの外用薬は、内服薬とは異なり気になる部分にピンポイントに作用することが出来るため、内服薬のような強い副作用は出にくいです。

 

ミノキシジルは、前述したとおり、毛細血管を拡張させ髪の毛の成長を促してくれます。そのため、プロペシアとミノキシジルはそれぞれが異なる作用機序で薄毛へアプローチをすることが可能です。

を使わない発毛療法もある

これまで、AGA治療薬の効果・副作用についてお伝えしてきましたが、内服薬を使用せずとも髪の毛を生やすことが出来るのをご存知ですか?副作用を気にすることなく、髪の毛を増やすことが出来るのです。

 

実際に、当店のお客様の約9割が内服薬を使用せずに発毛を実感しております。多くの人がこれまで、当店の発毛療法で髪の毛が生える喜びを感じているのです。

スーパースカルプ発毛療法を行ったお客様の口コミ【女性総編集】

2019.02.20

スーパースカルプ発毛療法を行ったお客様の口コミ【男性総編集】

2019.02.19

【頭皮環境を整える】【体の中を髪の毛が生える環境へと変える】

 

この2つを徹底することで実現した発毛療法です。当店には、クリニックや病院へ行ったが効果を感じれなかったお客様もたくさんいらしております。そのような方でも半年~1年程度で髪の毛が生えてきた方が多いです。

 

当店は薬を渡すだけでなく、バイタルチェック・精神面・生活習慣指導などトータルサポートすることで、その方の薄毛の原因を取り除いております。そうすることで、自然と髪の毛は増えてくるのです。

 

しかし、お客様の生活習慣・頭皮の状態を把握していくためには、時間と深いカウンセリングが必要です。そのため、当店は、お客様一人一人個別にカウンセリングをしっかり行い、施術をしております。

AGAの治療は【内服薬なし・副作用なし】で薄毛治療が出来た!?|東京・吉祥寺の薄毛治療専門サロン

2018.12.08

 

東京の吉祥寺にある当店は、東京都内のみならず、他県からもご来店して頂き、一緒に頑張っている方もいます。もし、副作用を気にせず、自毛を増やしたい人は当店にご相談下さい。

貴方に合ったアドバイスがきっと出来ると思います。

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。