シャンプーの見分け方はコレだけ!【4つ有害な成分と2つの良い成分】

シャンプーの見分け方はコレだけ!【4つ有害な成分と2つの良い成分】

毎日使うシャンプーを皆様はどのようにして選んで購入していますか?

多くの人がパッケージやドラックストアなどにある香りのお試しなどで自分の好きな香りを探しますよね。

実は、香りは良くても、髪の毛に有害な成分が含まれている可能性があります。

人によっては、「とりあえず…ノンシリコンシャンプーなら安全で大丈夫!」とお考えの方も少なくありません。

 

実は私もそうでした…。

けどもっと注目すべき成分があるのです。

 

この記事までたどり着いたということは、少なくとも髪の毛や頭皮により良いシャンプーを探しているかと思います。

そこで今回は、シャンプーを見分ける4つポイントと、良いシャンプーに含まれる成分を紹介します。

最後まで読んで頂ければどのシャンプーが頭皮に安全で使えるか自分で選ぶことが出来るようになりますよ。

意外と知られていないシャンプーに含まれる有害な成分とは?

タイトルの通り、シャンプーには頭皮にあまり良くないと考えられている有害な成分が大きく4つ存在します。

まずは、自分が使っているシャンプーにこれから紹介する4つの成分が含まれているかどうか確認してみましょう。

それぞれの成分がなぜ有害と言われるのかも言及しております。

シャンプーに含まれる有害と言われる成分4つ
  • その①:石油系合成界面活性剤
  • その②:石鹸シャンプー
  • その③:パラベン
  • その④:合成香料・合成着色料

スカルプシャンプーなどにも含まれていることがある

私が使っているのは、頭皮に良いって言われるスカルプシャンプーだから安心だわ!

実は、スカルプシャンプーにもこれらの成分がかなり含まれていることがあります。

そのため、値段が高いシャンプーや、気に入っているシャンプーでも、裏の成分表を確認してみることをおススメします。

シャンプーを見分けるポイント:4つの有害な成分とは?

①石油系合成界面活性剤

成分表の中でも頭を洗う(泡立てる)成分をまず確認しましょう。

合成界面活性剤の中で頭皮への刺激が強いと言われるのは、「石油系合成界面活性剤」です。

石油系合成界面活性剤は、厚生労働省が定めた表示指定成分(※)にも含まれています。
※表示指定成分 ・・・ 旧厚生省が定めた、アレルギーや湿疹等の皮膚刺激をおこす恐れのある成分

石油系合成界面活性剤の表記(例)
  1. ラウリル硫酸Na
  2. ラウリル硫酸カリウム
  3. ラウレス硫酸Na
  4. ラウレス硫酸TEA

石油系合成界面活性剤かどうかを見極めるポイントは2つ。

「ラウリル」や「硫酸」が入った成分があるかどうかです。

まずこの一つを避けるだけでも、9割近い頭皮に有害な成分を避けることが出来ます。

 

なぜ、頭皮に有害な成分と言われるのか?

石油系合成界面活性剤は、洗浄力が強すぎるため、頭皮を保護するための油膜を必要以上に取り除いてしまうのです。

クールでサッパリするシャンプーなどに多く含まれています。

スッキリ!爽快ッ!」といった感覚はありますが、皮脂不足による頭皮の保護機能が低下して、「痒みやフケの原因」につながることもあります。

②石鹸シャンプー

「安心・安全」と思われがちの石鹸シャンプー。

実は、石鹸シャンプーは石油系シャンプーの一つです。

石鹸はアルカリ性の成分のものがほとんどです。

アルカリ性の洗浄成分は、キューティクルや頭皮の毛穴を開いて洗浄することが可能ですが、懸念されるのが、「強すぎる洗浄力」です。

また、石鹸カスが髪に絡みついて流しきれないと、変色して青っぽい色になります。

そして石鹸カスは、頭皮が蒸れた時に発生する菌のご馳走になってしまいます。

そのため、頭皮や毛根のことを考えると良いシャンプーとは言えません。

③パラベン

シャンプーを開けてからの保存期間を長くするために配合されているのが、パラベン(防腐剤)です。

パラベンは別名「安息香酸エステル」とも呼ばれます。

パラベンは人によってはアレルギー反応を起こすことが知られており、最近では、パラベンフリーの化粧水を使用する女性も少なくありません。

パラベンは水にあまり溶けにくい性質があります。

パラベンも表示指定成分のため、人によってはアレルギーが出る成分です。

頭皮が弱い・痒みがある・フケが出るなどの症状がある人は気を付けた方がよい成分です。

パラベンはラベルの裏面にある成分表でも
最後の方に小さく「パラベン」と書かれていることが多いですよ。

④合成香料・合成着色料

シャンプーを選ぶ上で、香りや色は選ぶ上で大切です。

しかし、その香りが合成香料や合成着色料によるものの場合があります。

自然由来の成分ではなく、人工的な成分を添加しているため、どうしても頭皮や肌へ有害な刺激が出てしまうこともあります。

よくあるシャンプーの白いとろっとした感じは着色料や乳化剤によるものがほとんどです。

精油などから作られたシャンプーの方が頭皮や髪に良いシャンプーと言えるでしょう。

 

裏面の成分表を確認することが大切

シャンプーはパッケージや香りだけでなく、「どんな洗浄成分が含まれているか」まで着目していきましょうね。

補足説明

他にも刺激があると言われる成分があります。

それは、フェノキシエタノールです。とはいえ、ほとんどのシャンプー・トリートメントに入ってしまっていますのでそこまでシビアに考えなくても良いかと思います。

アレルギー反応が気になる場合は香料なども確認してくださいね。

【これだけは見てほしい】シャンプー選びをする上で安全な2つの成分

ここまで、シャンプーに入っているかもしれない有害物質をお伝えしてきました。

けど、髪の毛に良い商品を見分けるにはもう一つポイントがあります。

それは「髪に良い成分を知り、選ぶこと」です。

 

髪に良いシャンプーの選び方
  1. 商品の説明書きをしっかりと読み、有害な添加物が入っていないか?(前述した通り)
  2. 使用している界面活性剤は安全か?(これから紹介する成分が髪に安全な成分)

これだけ知ってけば、本当に良いシャンプーを迷わず選ぶことが出来ます。

選ぶべきシャンプーの良い成分
  1. アミノ酸系の合成界面活性剤
  2. ベタイン系の合成界面活性剤

アミノ酸系の合成界面活性剤

アミノ酸系合成界面活性剤が配合されたシャンプーはアミノ酸系シャンプーと呼ばれ聞きなじみのある方も少なくありません。

アミノ酸系シャンプーの特徴として2つ。

  1. 人の肌と同じ弱酸性のため、肌への負担が少ない。
  2. 洗浄力が弱い

アミノ酸系シャンプーは、人と近いpH値であるため、肌への負担が少なく刺激が少ないと言われています。

そのため、他のシャンプーと比べて髪や頭皮に負担をかけずに洗浄することが出来ます。

しかし刺激が少ない反面、洗浄力が他のシャンプーと比べて劣ります。

とはいえ、シャンプーは、ゆっくり丁寧に時間をかけて洗えば頭皮や髪はきれいになります。

洗浄力が弱くても、正しい洗い方さえ出来ていれば問題ありません。

「アミノ酸系シャンプーの成分とは?」

アミノ酸系シャンプー代表的な成分
グルタミン酸系ココイルグルタミン酸Na
ラウロイルグルタミンNa
アラニン系ココイルメチルアラニンNa
ラウロイルメチルアラニンNa
サルコシン系ココイルサルコシンNa
ラウロイルサルコシンNa
グリシン系ココイルグリシンNa
イセチオン系ココイルイセチオン酸Na
ラウロイルイセチオン酸Na
アスパラギン酸系ラウロイルアスパラギン酸Na

 

アミノ酸系シャンプーは、ココイル○○やラウロイル○○と付く成分が入っているって
覚えると簡単ですよ。

 

ベタイン系の合成界面活性剤

ベタイン系は、アミノ酸系シャンプーの次におススメの洗浄成分です。

ベタイン系合成界面活性剤は、天然由来の保湿成分から合成されてたシャンプーです。

このベタイン系シャンプーの特徴は低刺激であるため、目に沁みにくい成分となっています。

赤ちゃんシャンプーにも採用されることが多い、シャンプーの種類です。

ベタイン系の植物は元々、保湿性が非常に高いため、洗いながら髪や頭皮を潤すともいわれています。

「ベタイン系シャンプーの成分とは?」

ベタイン系シャンプー代表的な成分
ベタイン系コカミドプロビルベタイン
ラウロイルプロビルスベタイン
ココアンホ酢酸

 

ベタイン系シャンプーの成分として、代表的なのはこの3つのみです。

これらの成分が含まれたシャンプーを選ぶことで頭皮に優しいシャンプーを選ぶことが出来ますよ。

髪に良い成分が入っているだけでは足りない。配合量まで注目

これまで、シャンプーの髪に有害な成分と、髪に良い成分をお伝えしてきました。

これを読んでいる皆様にはもう一歩先に踏み込んでほしいのです。

 

それは、「成分の配合量」です。

裏面にある成分表(一部抜粋)シャンプーの成分表

おそらくこのような形で裏面を見ると書いてありますよね。

この成分表には規則があり、「配合量の多いものから順番に羅列していく」ということが決まっています。シャンプーの成分表注目ポイント

このシャンプーの場合は、1番多い配合量が「水」、2番目が、「ココイルグルタミン酸TEA」、3番目が「グリセリン」となります。

そのため、シャンプーを購入する時は、「髪に良い成分が成分表の上の方に書いてあるか」まで注目してあげましょう。

【結論】シャンプー選び方の秘訣は「パッケージのデザインより中身」

いかがでしたか?

シャンプーを選ぶ上でのポイントは、パッケージや香りではなく、シャンプーに含まれる成分に着目してあげましょう。

<おさらい>シャンプーに含まれる有害な成分4つ
  • その①:石油系合成界面活性剤
  • その②:石鹸シャンプー
  • その③:パラベン
  • その④:合成香料・合成着色料
選ぶべきシャンプーの良い成分
  1. アミノ酸系の合成界面活性剤
  2. ベタイン系の合成界面活性剤

抜け毛や薄毛が気になる人は、シャンプーより専門家に相談を

シャンプーを変えることで期待できるのは、頭皮の炎症やフケや痒みの軽減です。

抜け毛の悩みや薄毛の進行は、シャンプーだけでは止めることが出来ないケースがほとんどです。

頭皮トラブルだけでなく、抜け毛や薄毛が気になる人は専門家に相談してみるのも一つの手ですよ。

 

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。