タバコでハゲるなら電子タバコや加熱式タバコでもハゲるのか徹底解説

タバコ ハゲる

タバコは薄毛を進行させる」「喫煙はハゲる原因」などと言われ、実際に喫煙は薄毛の原因になり得る要因が複数あります。

以前、当ブログ(【タバコと薄毛の関係】喫煙で抜け毛が増える原因を徹底解説)でも書かせて頂いたように、有害物質が多く含まれ体に悪影響を及ぼした結果、薄毛を促進させてしまうのです。

紙巻きタバコを吸うとハゲるのであれば、ニコチンやタールなどの有害物質が少ないと言われている電子タバコや加熱式タバコでもハゲることがあるのでしょうか?

そこで今回は電子タバコや加熱式タバコでもハゲるのか、喫煙と薄毛の関係性を詳しく解説していきますので、是非参考にして下さい。

目次

喫煙(紙巻きタバコ)は体に悪影響を及ぼす

タバコ 悪影響

紙巻きタバコに含まれる体に悪い影響を与えるといわれるタバコの成分は、以下の3種類です。

体に悪影響を及ぼすタバコの成分
  1. ニコチン
  2. 一酸化炭素
  3. タール

これらの成分以外にも、発がん性物質や添加物などが加えられている事が多いですが、ここでは3つの主に知られているタバコの成分がどういう形で体に悪影響を及ぼすのかを解説していきます。

体に悪影響を及ぼすタバコの成分 その①:ニコチン

体に悪影響を及ぼすタバコの成分の中でも、ニコチンには強く血管を縮小させる作用があり、血流の流れを著しく悪化させてしまうことで毛細血管まで血液が循環しなくなり、酸素や栄養が運ばれにくくなってしまいます。

頭皮は心臓から遠い場所にあり、また生命維持とのかかわりが薄いため栄養素を届ける順番が最後の方になってしまうため、髪の毛を作る細胞まで血液が届かずに毛母細胞の活性度が低下してしまうのです。

また、ニコチンには麻薬と同等の依存性があるとも言われているほど依存性が高く、喫煙によって体内に侵入したニコチンを分解・代謝することで生成されるニトロソアミンには発がん物質としても知られています。

体に悪影響を及ぼすタバコの成分 その②:一酸化炭素

続いての体に悪影響を及ぼすタバコの成分である一酸化炭素は、酸素の運び屋である赤血球の働きを低下させてしまうことにより、身体を酸欠状態にさせてしまいます。

赤血球中のヘモグロビンと高い親和性を持っている一酸化炭素は、酸素より先に赤血球に結合してしまうために体内に酸素が回らなくなってしまうのです。

ヘモグロビンと結合した一酸化炭素が減少するまでには3~4時間程かかるため、喫煙者のほとんどは慢性的に酸欠状態となってしまい脳や筋肉・臓器などの各細胞にも酸素が届かず機能が低下する、また酸素を運ぶために赤血球が増加する事による動脈硬化などのリスクが増えます。

豆知識

一酸化炭素は、赤血球の成分であるヘモグロビンとの親和性が酸素の200倍以上もあり結合しやすい性質があります。そのため一酸化炭素と優位に結合してしまい、酸素不足になりやすくなります。

またタバコ1本を吸った場合の一酸化炭素濃度は、主流煙で約31.4mg・副流煙には約4.7倍ほどの148mgが含まれることから、副流煙の方が体に悪いと言われているのです。

体に悪影響を及ぼすタバコの成分 その③:タール

体に悪影響を及ぼすタバコの成分であるタールは、タバコの煙からガス状になっている成分や一酸化炭素を取り除いた残りの成分を指し、喫煙者の歯や部屋の壁などを黄色くする成分(ヤニ)です。

口腔喫煙であれば口腔内や咽頭・食道などに付着する事で細胞をガン化、肺喫煙をしていると喫煙者の肺に付着して肺の機能を低下させ気管支炎やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因にもなります。

正常な肺とタバコを数年間吸った肺を比べた画像は、誰しもが一度は見たことあるかと思いますが、その黒くなった肺の原因のタールによって1回の呼吸で取り込む酸素量が減少してしまい、体が常に酸素不足となってしまうのです。

【タバコと薄毛の関係】喫煙で抜け毛が増える原因を徹底解説

2020.08.28

そもそも電子タバコ・加熱式タバコとは?

電子タバコ 加熱式タバコ

電子タバコや加熱式タバコは、販売開始が2015年とまだ日が浅いにもかかわらず若者を中心にユーザー数が増えている製品で、使い捨て式やカートリッジ式の電子タバコや、タバコ葉を使用した加熱式タバコがあります。

電子タバコ・加熱式タバコとは
電子タバコ
フレーバー付きの液体を加熱して発生する蒸気を吸引するタバコのようなもの
加熱式タバコ
タバコ葉を専用機械の中で加熱して発生する蒸気を吸引するタバコ

どちらも火をつける必要が無いものではありますが、日本で販売される電子タバコにはニコチンやタールが入っておらず、加熱式タバコの場合は実際にタバコ葉を使用するためニコチンが含まれるという違いがあります。

日本でユーザーが多いのは加熱式タバコで、「IQOS(アイコス)」「glo(グロー)」「Ploom TECH(プルームテック)」が販売されると急速に普及していき、2020年には喫煙者全体の約30%程が加熱式タバコを利用しているというデータがあるほどです。(参考:公益財団法人 健康・体力づくり事業財団)

ユーザー数が増えている加熱式タバコと紙巻きタバコには、どのような違いがあるのかについて解説させていただきます。

電子タバコ・加熱式タバコと紙巻きタバコの3つの違いとは?

電子タバコ・加熱式タバコと紙巻きタバコとの違いは次の3つとなります。

加熱式タバコと紙巻きタバコの違い
  1. 電子タバコはニコチンが含まれるものもある(日本では販売が規制されている)
  2. 電子タバコはタールが含まれないがアセテートやグリセリンなどの添加物が含まれている
  3. 加熱式タバコはタバコの有害物質9割カット
  4. 加熱式タバコはタールがほとんど含まれない(わずかには含まれます)
  5. 加熱式タバコは副流煙に有害物質がほとんど含まれない

以上の事から、紙巻きタバコを吸うよりも加熱式タバコの方が人体や髪の毛に影響が少ないことが考えられますが、加熱式タバコにも当然、有害物質やタールが含まれています

とはいえ、上記の違いはアイコスやグロー・プルームテックといった加熱式タバコの会社が発表している情報であり、どれだけの健康被害が起こるのかというデータは発表されていません。

アメリカでは電子タバコの吸入による肺疾患が増加しているという情報があるため、電子タバコに関しても一概に安全であるとは言えない状況にあります。

加熱式タバコは薄毛のリスクが少ない?

2019年に日本禁煙学会から発表された「加熱式タバコ:4つの真実」によりますと、加熱式タバコと紙巻きタバコではニコチンやタール量や周囲の人への影響に差が無いといった問題点が出ているのが現状です。

結論としては、加熱式タバコは紙巻きタバコより薄毛や抜け毛の原因になりにくい、とはいえハゲる原因があることには変わらないと言えるでしょう。

また電子タバコや加熱式タバコには、5年10年と電子タバコを吸い続けた臨床結果が無く、長期間継続した場合の健康被害というものがまだ検証されておらず、薄毛より重篤な健康被害が起こる可能性もあるので注意が必要です。

電子タバコや加熱式タバコもハゲる?

アイコス グロー プルーム ハゲる

紙巻きタバコよりも電子タバコ・加熱式タバコの方がハゲるリスクが少ないのなら乗り換えようかな?と考える方もいらっしゃるとは思いますが、現在のところ確実に紙巻きタバコよりも電子タバコ・加熱式タバコの方がハゲるリスクが少ないとは言えません

加熱式タバコには紙巻きタバコと同様にニコチンやタールが少量でも含まれますし、電子タバコにはこれまでの歴史の中で喫煙するものではなかった成分が入っているので、今後どのような健康被害が起きるか分からないのです。

電子タバコ・加熱式タバコの薄毛への影響は?

ここまでお話させて頂いている通り、加熱式タバコにはニコチンやタールが含まれているため血流悪化や依存によるストレス、また含まれている成分の分解には大量のビタミンが消費されてしまうなど、薄毛になるリスクまで削減されているとは言い難いものです。

有害物質を9割カットしているというアイコスやグロー・プルームテックであっても、喫煙する事で体内にニコチンが吸収されて血流が悪化してしまいますし、また有害物質の吸収・分解によって栄養素が不足してしまいます。

電子タバコでは、ニコチンが入っていないリキッドを選ぶことで血流の悪化リスクは下がりますが、主成分のプロピレングリコールや植物性グリセリン・ビタミンEアセテートなどを加熱した状態でどのような悪影響が起こるか、また海外製品のリキッドにはニコチンが混入している場合があるので注意しましょう。

電子タバコ・加熱式タバコでも禁煙した方が良い

禁煙

先ほどもお伝えした通り、紙巻きタバコより電子タバコ・加熱式タバコの方が薄毛や抜け毛の原因になりにくいとはいえ、ハゲる原因があることには変わりはありません。

既に薄毛や抜け毛が気になる人は、電子タバコや加熱式タバコであっても喫煙を控えることが賢明です。本気で薄毛を治療したい場合は、完全に禁煙することをおすすめします。

喫煙や生活習慣の乱れはAGA治療薬の効果の低下に繋がりますので、段階を踏んで徐々にタバコを辞めていくのが良いでしょう。

禁煙の為に電子タバコ・加熱式タバコを使うのはアリ?

紙巻きタバコを喫煙している方の中には、禁煙の為に電子タバコや加熱式タバコを利用する方もいるのですが、国立がん研究センターが調査したところ電子タバコ・加熱式タバコを利用した方が、禁煙の成功率が38%も低かったという結果が出ています。(参考:「紙巻タバコの禁煙方法と有効性を調査」)

このことから、禁煙するのであれば禁煙外来などで医師の協力のもとに行うか、強い意志を持ってタバコと決別することが必要です。

とはいえ依存性の高いタバコをストレスなくやめるのは大変ですので、ここからはおすすめの禁煙方法や喫煙しながらハゲるリスクを下げる方法をご紹介させていただきます。

ハゲるリスクを下げる禁煙方法

禁煙で最もハゲるリスクを高めてしまう原因はストレスです。ストレスを感じると自律神経やホルモンのバランスを乱してしまい、血流の悪化や男性ホルモンの増加を促進してしまいます。

少しでもストレスの影響を抑えるためには、タバコを吸いたいと思った時に「少しだけ後にしよう」と考えたり、タバコの代わりにガムや昆布などを口に入れる・冷たい水を飲むなど、ほんの少しリフレッシュできる事を探してみてください。

タバコの禁断症状としてはイライラや頭痛・眠気、体のだるさやタバコへの欲求がありますが、これらのピークは3日間ほどとなり約2週間ほどで減っていきますので、ドラッグストアなどでも購入出来る禁煙補助薬等を上手く使ってみることがおすすめです。

喫煙しながらハゲるリスクを下げる方法

禁煙した方が良いとはわかっていても喫煙をやめられないという方は、まず1日の本数を少しずつ減らしていくことを試してみましょう。

タバコを吸うことで大量に消費されるビタミンを補うため、ビタミンCの豊富な柑橘類などを積極的に摂取し、さらにタンパク質やミネラルなどを髪の毛に必要な栄養バランスの整った食生活に改善していくようにしてください。

また、髪の毛や体の細胞は寝ている間に成長と修復を行いますので、しっかりと質の良い睡眠を6~8時間取れるような生活習慣にして、頭皮を労わるように正しいシャンプーの方法を行うようにするとハゲるリスクを下げることが出来ます。

電子タバコや加熱式タバコでもハゲる?喫煙と薄毛の関係性やリスクを徹底解説!まとめ

今回は喫煙する事による体への影響や、電子タバコ・加熱式タバコの薄毛リスク、禁煙方法などについて解説させて頂きました。

紙巻きタバコや電子タバコ・加熱式タバコは、ニコチンやタール・一酸化炭素だけでなく他の有害物質でもハゲる可能性がありますので、出来るだけ減煙または禁煙していただく事が薄毛対策になります。

また喫煙は活性酸素やジヒドロテストステロンの量を増やしてしまい、AGA(男性型脱毛症)やFPHL(女性型脱毛症)を進行させてしまうこともあるため、既にハゲが気になる・薄毛が進行している人は早めに対策を講じることが必要です。

早期に対策を実践することにより、ほとんどの方が平均半年程度で髪の毛が生えたと実感しています。

禁煙しながら薄毛対策したい方、禁煙を目指しながら薄毛を改善したい方は、是非気軽にご相談ください。

お試し体験コースはこちらから

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

東京で薄毛・発毛治療なら、
スーパースカルプ吉祥寺
にお任せください!

発毛症例1000件以上の実績を持ち、約9割がAGA治療・薄毛治療に内服薬を使わずに発毛を実感して頂いております。そのため、副作用や薬への抵抗性を心配せずにAGA治療・発毛治療に専念出来ると好評です。

  • 発毛実績
    1000件以上
  • 内服薬に
    頼らない
  • 吉祥寺駅から
    徒歩5分
たった1回でも大好評
目次
閉じる