【湯シャンは合わない人にはNG】お湯だけシャンプーのメリット・デメリットとは?

【湯シャンは合わない人にはNG】お湯だけシャンプーのメリット・デメリットとは?

湯シャンは、「頭皮に良い」「抜け毛を防ぐ」といった意見もある一方、頭皮がベタベタになって臭いや抜け毛の原因になってしまった。なども耳にします。

 

実は、この湯シャンは人によって合う・合わないがキッパリと分かれる頭皮ケアです。

 

私も1週間以上湯シャンのみの生活を行ったことがありますが、効果を実感できずにデメリットのみを感じる結果となってしまいました。

 

実はこの湯シャンが「自分に合う・合わない」は行う前から判断が可能です。そこで今回は、湯シャンについてメリット・デメリットを紹介する他、湯シャンの正しいやり方について解説します。

そもそも湯シャンとは?

そもそもこの湯シャンとは何か?

湯シャンとは、お風呂に入って髪を洗うとき、「お湯のみ」で洗い上げることを総称しています。

湯シャン派の人推奨する意見をまとめると次のような声が挙げられます。

 

  • シャンプーは人工物であり、頭皮には危険
  • ホームレスの人は髪を洗っていないのにハゲていない
  • お湯のみで頭皮の7割以上の汚れが取れるため、シャンプー剤は不要

 

このような意見を耳にしますが、はたして本当でしょうか?

たしかに「自然な状態でケアしていくことこそ、人間に最も適している」と考える気持ちも分かります。

しかし、人工物で溢れきった普段の生活に、本当にこの湯シャンのみの方法がベストな頭皮ケアなのでしょうか?

【結論】湯シャンに向いている人は「乾燥肌の頭皮」のみ

結論からお伝えすると、湯シャンでの頭皮ケアが向いている人は、【乾燥肌の人の頭皮のみ】です。

 

湯シャンは誰にでも効果的な頭皮ケアではありません。オイリー肌の人が湯シャンを続けてしまうと、頭皮の詰まり・ベタベタがより悪化して脂漏性皮膚炎を引き起こす原因に繋がります。

脂漏性皮膚炎で頭皮が痒い!!抜け毛まで…その原因・対策は?

2018.10.28

そのため、万人に適する頭皮ケアではないことを予め知っておく必要があります。とはいえ、乾燥肌の人は、やり方さえ間違えなければ、湯シャンのみの生活を行うことで、痒みや頭皮のベタベタが解消するケースがあります。

 

湯シャンが向いている人
  • 乾燥肌
  • アトピー性皮膚炎
  • 高齢

頭皮が乾燥肌かどうか見極めるポイントは?

抜け毛を増やす危険な頭皮マッサージとは?

自分の頭皮が乾燥肌なのか、オイリー肌なのか、混合肌なのかについてどっちか分からない人へ見極めるポイントを紹介します。

乾燥肌の頭皮の特徴【湯シャン向き】

乾燥肌の頭皮は、文字の通り、頭皮が乾燥して「カサついてる」状態です。

特に乾燥肌の頭皮は、お風呂上がりに痒みが強く出る傾向にあります。
(シャンプーにより皮脂を取り過ぎてしまっているため)

 

また、頭皮を軽く触ると、頭皮のバリア機能が低下しているため、パラパラしたフケが出やすくなります。そのため、季節の変わり目である夏や冬に抜け毛が目立つ人が多いのが特徴です。

 

また、敏感肌にもなりやすく、アレルギーや花粉症などに悩まれる人も少なくありません。

乾燥肌の頭皮の特徴

オイリー肌の頭皮の特徴【湯シャン不向き】

オイリー肌の特徴は、汗ばんでいないときに、頭皮を触るとしっとりした皮脂が手に着く状態の頭皮です。男性に特に多く、頭皮を触り、指がしっとりしている人はオイリー肌の頭皮の場合がほとんどです。

 

夕方ぐらいになると、頭皮の皮脂が髪を伝って広がるため、髪質がペタンとなりやすくなります。また、フケの形は、扁平状の大きくべたつきがあるフケが出やすくなります。

 

皮脂の量が多いため、頭皮にニキビなど吹き出物が出やすくなり、悩まれる方も少なくありません。頭皮のニキビについては、「頭皮にできるニキビの特徴とは?頭のニキビ対策【効果抜群】」をご覧ください。

 

湯シャンを行うメリットとは

これまで、湯シャンに向き不向きがいるなどあまり良いイメージをお伝えしていませんでしたが、湯シャンにもメリットがあります。

 

湯シャンは、乾燥肌の頭皮の皮脂を取り過ぎることを防ぐ有効な手段です。一般的に言われる湯シャンを行うメリットは次のようなことではないでしょうか。

 

湯シャンのメリット
  • 頭皮や髪質の改善(フケ・かゆみの予防)
  • ツヤが出る
  • シャンプー剤による刺激の心配がない
  • コスパが良い

 

特に最近では、これらだけでなく薄毛や抜け毛予防効果も期待できるなどの本も出版されています。

湯シャンのデメリット

湯シャンは、シャンプー剤を使わないことによる、「洗いあがりの変化」と湯シャン生活を続けていくと感じる「頭皮の皮脂・臭い」ではないでしょうか?

湯シャンのデメリットには、「スタイリング剤を使えない」などのデメリットも存在します。

①洗いあがりの変化、臭い、皮脂について

シャンプーを一切使用しないため、洗いあがりのフワッっと感は一切ありません。また、シャンプーの良い香りも一切ありません。そのため、これまで湯シャンをしていなかった人は行うと、洗い足りないと感じると思います。

 

また、湯シャンのみ生活を続けていくと、頭皮の皮脂や臭いが気になる人は少なくありません。湯シャンを始めて最初の内は、皮脂の分泌量はシャンプーを行っていた時と変わりません。そのため、初めて数週間は頭皮のべたつきや臭いが気になる人は少なくありません。

②スタイリング剤が使えない・落ちない

湯シャンのみの場合、スタイリング剤でのセットは「天敵」です。スタイリング剤は、メインの成分を「ワックス」と呼ばれる油分で髪をまとめてセットします。

 

シャンプーを使用する時は、シャンプーに含まれる界面活性剤の力により、ワックスを洗い流す事が出来ますが、湯シャンのみでは、いくらお湯を流しても油脂を洗い流すことが困難になります。

 

油分を取る力が弱いため、日頃からスタイリング剤で髪をセットする人は、湯シャンだけでは、ワックスの脂が頭皮に蓄積して頭皮トラブルの原因になりかねません。

正しい湯シャンをのやり方とは?

湯シャンを行ってみたい人へ、正しい湯シャンのやり方を紹介します。

 

湯シャンのやり方
  • お湯の温度:40℃前後(少し熱めにして、皮脂を流す)
  • その①:大きな汚れを落とすため、ブラシで髪を梳かす。(しっかりと行う)
  • その②:洗う方向は、生え際からつむじに向けて洗う
  • その③:指の腹で頭皮をこするように洗い上げる。(イメージは指の腹で皮脂を取り除く)
  • その④:細かく、小刻みに洗いムラがないように洗い上げる
  • 頭皮を洗うときは、お湯を当てながら指の腹で頭皮をキレイにしましょう。

 

乾燥が特に気になる人は、お風呂上がりに、ホホバオイルなどを頭皮に馴染ませて保湿してあげましょう。皮脂の過剰分泌を抑える効果も期待できますよ。

【体験】皮脂性の人が湯シャン生活をすると、地獄

皮脂が多い男性が、間違って湯シャンを生活をするとどうなるか、身をもってお伝えするため私が7日間湯シャン生活をしてみました。

<条件>

  • シャンプー剤を使わない
  • 生活リズムを変えない
  • 湯シャンはしっかり行う

薄毛治療院を経営する私の頭皮は、どちらかというとオイリー肌です。この私が7日間湯シャン生活を行いましたが、「ひどい頭皮状態」だったためおススメしません…。

1日目:本当にこれ洗い切れているのかな?と不安になりつつも続ける

2日目:髪が重く、頭皮の皮脂を感じる

3日目:頭皮のべたつきが限界になり、頭を振ると軽く皮脂の香りがふわっと香る

4~7日目:苦痛…。髪が重く、皮脂が多く髪がペタッとなる。痒みあり。

そのため、乾燥がひどい人や、アレルギーがある人のみ、湯シャンは向いてそうです・・・・。

湯シャンでAGAや薄毛予防にはならない

これまで湯シャンについてお伝えしてきましたが、補足として湯シャンによる薄毛予防効果はあまり期待できません。

それもそのはず。

湯シャンが効果を示すのは、「頭皮の乾燥とアレルギー予防のみ」です。これまで、頭皮の痒みや乾燥による抜け毛が止まらない人には、薄毛を予防する効果は期待できますが、それ以外のAGAなどには全く効果はありません。

 

あくまで、湯シャンに薄毛予防を期待するのではなく、「保湿効果」に期待しましょうね。薄毛の予防やAGAの治療を考えている人は、専門家に相談した上で適切な治療を行うことをおススメします。

 

 

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。