【危険】ミノタブ×アルコールはダメ| ミノキシジル内服と併用NGな薬とは?

薄毛治療薬の一つミノキシジルタブレット「ミノタブ」を発毛剤として服用している人は少なくありません。ミノタブは、血管拡張作用があり全身の血のめぐりを上げることで毛根を活性化させ発毛させる医薬品です。

 

毎日飲み続ける必要がある薬であるため、だんだんと薬という感覚が薄れてきていませんか?

 

ミノタブを服用中にアルコールを飲むことは推奨されていません。またそれ以外にも、ミノタブは、頭痛薬や胃腸薬とも同時服用はNGなのです。そこで今回は、ミノタブについて改めて理解して頂くために、ミノタブと危険な飲み合わせについてご紹介します。

 

ミノタブの副作用について詳しく知りたい人は下記のリンクをご参照ください。

ノタブとアルコールを組み合わせるとどうなるの?

ミノタブ×アルコールはNG

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は、血管を拡張させることで、血流を促し、発毛させる飲み薬です。このミノタブは、動脈の血管のみを拡張させる作用があります。

 

ミノキシジルタブレットは、元々「高血圧症」のお薬であるため、血圧降下剤という薬です。この薬に発毛効果があるためAGAの治療として使われているのです。(AGA治療薬の使用は、日本のみならず海外でも認可されていません…。)

 

アルコールにも血圧を下げる作用を持っており、ミノキシジルタブレットとの併用で急に血圧がガクッと下がりめまいや、立ち眩み、頭痛など体調不良を引き起こします。急激に血圧が低下してしまうため、失神のリスクもあります。

 

特に最近では、女性の薄毛に対してもミノタブが処方されることがあります。女性は元々血圧が下がりやすいので、アルコールとの組み合わせは、より危高い険度と言えるでしょう。

 

ルコールだけでなく、ミノタブは血圧が低い人もNG

ミノタブと低血圧はNG

何度もお伝えしている通り、ミノタブは「血圧降下剤」です。そのため、健常人ならまだしも、低血圧症の人は、その症状を悪化させる危険があります。

 

ミノタブはAGAの薬としては、日本のみならず、アメリカでも認可されていない薬です。もし、処方される・購入を考えている人は、このようなリスクを理解した上で服用しましょう。

 

AGAはミノタブに頼らなくても十分に改善することが可能です。もし、ミノタブのリスクが怖い人は一度内服薬を使わずに薄毛治療をすることをお勧めします。

内服薬を使わない薄毛治療成功例(男性)
内服薬を使わない薄毛治療成功例(女性)

ノタブと一緒に飲んではいけない薬は多数ある

ミノタブと相性の良くないお薬とは?

ミノタブはアルコール以外にも一緒に併用する際に注意が必要なお薬が2つございます。それは下記の通りです。

×頭痛薬

×胃腸薬

特に、ミノタブを飲むと血管が急に拡張され頭痛に悩まされる人は少なくありません。その頭痛を抑えるために安易に頭痛薬を併用してしまうと、更なる副作用や違う問題にもなりかねません。

 

また、それ以外にも頭痛薬や胃腸薬には、血圧を調整することで効果を発揮する薬があります。飲み合わせとしてNGな成分は下記の通りですので、これらの成分の含まれた薬はミノタブとは併用出来ません。

ミノタブと併用NGな薬用成分

飲み合わせNGな頭痛薬の成分

  • イブプロフェン
  • 非ステロイド性抗炎症薬
  • スマトリプタン

飲み合わせNGな胃腸薬の成分

  • ヒスタミン受容体拮抗薬

実は、併用NGな薬【ED治療薬】

  • バイアグラ

また、薬ではないですが、血管拡張作用があるアルギニンやシトルリン(アミノ酸)をミノタブと一緒に摂取することで、より副作用が強くなる恐れがあります。

ノタブの危険性とは?

ミノキシジルタブレットの 危険性とは?

ミノタブがこれだけ飲み合わせが危険な組み合わせがあるのにはある理由があります。ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は日本のみならず国外でも未認可の薬であるためです。

 

未認可の理由としては、効果以上に副作用の発症率の高さによります。むだ毛が増える多毛症や、心疾患を引き起こすリスクが非常に高いです。健常人なら、火照りや動悸、たまに起こる頭痛などの副作用程度で収まることが多いですが、体調によってはその作用が色濃く出てしまう場合もあります。

 

現に、ミノタブを過去に服用していたが、怖くなって辞めた人もいます。また、女性の場合、体毛が濃くなることは死活問題です。これらの理由から、ミノタブは現在でも推奨されていません。

ノキシジルは飲み薬ではなく、塗り薬

【結論】ミノキシジルは塗り薬

ミノキシジルは、飲み薬ではなく塗り薬です。薄毛が気になる箇所に、塗布して発毛させるが正しく危険度が少ない使い方と言えるでしょう。

ミノキシジルの外用薬について詳しくまとめた記事がありますのでこちらもご参照ください。
⇒(AGAの治療に塗り薬を検討中の方必見!薄毛に効果がある外用薬完全マニュアル

 

ただし、頭皮環境が悪い状態で使用しても効果を実感することは難しいと言えるでしょう。

 

きれいな頭皮でも育毛剤が浸透するのに約3時間程度かかると言われています。皮脂が詰まった頭皮でいくら付けても浸透する前に気化してしまうのは目に見えてますよね。

 

そのため、ミノキシジルの外用薬は使い方・タイミングが大事となる発毛剤です。

皮環境を整えるには?

頭皮環境を整えるには?

頭皮環境を整えるのは簡単ではありません。日々の積み重ねが非常にカギとなります。睡眠、食事、シャンプー、血流、運動などの生活習慣も大事なのです。また、人によってはこれらを行っても中々効果を感じられない人がいらっしゃいます。

 

その場合は、一度専門家に相談して、今の頭皮状態・生活習慣・薄毛の進行度を確認して貰い、適切なアドバイスを頂くことをお勧めします。専門家に相談することが、最も効率が良く、結果として費用が掛からないことがあるからです。

 

実際に、薄毛治療を行った後、お客様にアンケートを取った結果を下記にまとめてみました。直筆によるものですので、ウソ偽りのない事実となります。

スーパースカルプ発毛療法を行ったお客様の口コミ【女性総編集】

2019.02.20

スーパースカルプ発毛療法を行ったお客様の口コミ【男性総編集】

2019.02.19

ルコールと薄毛・AGAに関係はあるのか?【豆知識】

アルコールと薄毛・AGAに 関係はあるのか?【豆知識】

これまで、AGA治療薬の一つ「ミノキシジルタブレット」との飲み合わせについてご紹介してきましたが、豆知識として、アルコールと薄毛・AGAの関係性もご紹介します。

 

アルコールを飲みすぎると薄毛になる」この噂は残念ながら本当です。

 

というのも、アルコールを摂取すると、有害物質であるアセトアルデヒドが体内で生成されます。このアセトアルデヒドを無害な酢酸へと分解され尿や汗などで排出されます。

 

この分解作業を行っているのが肝臓です。

 

肝臓は、アセトアルデヒドを分解する時、ビタミン・ミネラルなど髪の毛の生成に必要な栄養素を非常に多く使用します。そのため、アルコールを良く飲む人は、髪の毛に回されるはずの栄養が肝臓で使用されてしまうため、薄毛になりやすいのです。

毎日飲んでしまう【ビール】飲みすぎは、薄毛を進行させる!?

2018.10.16

後に

いかがでしたか?

AGAの治療薬は、毎日飲み続ける必要があり、ついつい併用して良いもの・悪いものを忘れがちです。今回の内容をもとに、既に服用している人は、今の生活を改めてみるのはいかがでしょうか?

 

また、そろそろミノタブを卒業したいと思っている人はいきなりやめるのではなく、薄毛に戻ってしまう危険性があるため専門家と相談しながら量を減らしていくことをおすすめします。

 

当店では、薄毛に戻るリバウンド作用を抑えつつ、ミノタブを卒業された人が多くいらっしゃいますので、いつでも下記よりご相談ください。

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。