髪の毛が濡れた時に頭皮や地肌が透けて見えるのはハゲの始まり?

頭皮 透ける

お風呂やプールに入った後など、ふと自分の頭を見ると「頭皮が透けて見える感じがする」といった経験はありませんか?

確かに髪の毛が濡れると髪の毛同士がまとまりやすくなり、頭皮が透ける・透けて見えることがありますが、明らかに以前と違ってハゲて見える場合は要注意です。

今回は、濡れた髪の毛から頭皮が透けて見えるのは、ハゲの始まりなのか?薄毛になり始めた時の具体的な対策について解説します。

当院での発毛療法を行ったお客様の症例

目次

髪の毛が濡れると頭皮が見える状態は薄毛・ハゲの初期症状?

薄毛 ハゲ 初期症状

結論からお伝えすると、お風呂上がりの髪の毛が濡れた状態の時に頭皮が透けるという状態は、薄毛やAGAの初期症状の1つです。

確かに、髪の毛が濡れるとまとまって見えるから頭皮が透けるというのも一理あります。とはいえ、薄毛でない人は髪の毛がまとまっても明らかに頭皮が透けて見えることはありません。

下の写真は薄毛やAGAの初期症状と判断できる、髪の毛が濡れた時の頭頂部の写真です。このように地肌が透けて見えてくると要注意な段階だと判断できます。

濡れた時の薄毛具合

髪の毛が濡れた時に頭皮が透けて見える原因

AGAや薄毛が進行するとまず起こる症状として、以下2つの事があります。

    1. 毛が細くなる・柔らかくなる
    2. 短い毛が増える

この2つの症状が起きることで髪の毛はどんどん細くなり、髪の毛が濡れることでまとまった時に頭皮を隠す事が出来なくなるため、薄毛・ハゲが目立つようになってしまいます。

見なかったことにしてケアや改善策を怠ると、細くなった髪の毛や弱ってしまった毛根が増え、薄毛は進行し続けてしまうのです。

ただし一概に薄毛・ハゲの初期症状とは言えない

濡れた髪の毛の状態で頭皮が透けるようになると、AGA・薄毛ではないかと不安になってしまう方が多いのですが、頭皮が透けるからといって一概に全ての方が薄毛・ハゲの初期症状だとは言えません

髪の毛をカットする際にたくさん梳いて貰っていたり、鏡を見ている場所の真上から強い光を浴びているなどという時は、普段以上に頭皮が透けて見えやすいです。

とはいえ、髪の毛の根元の密度が減っている・以前と比較して部分的に髪の毛が細くなったなどの場合は、薄毛・ハゲの症状が現れる前段階の状態ですので、出来るだけ早く対策・予防策を講じる事をおすすめします。

薄毛が進行してしまう原因は?

ヘアサイクルの乱れ

通常は上記の画像のように髪が伸びる成長期が3~6年続くのですが、AGAになるとDHTや結合した細胞の働きにより、数か月から1年と短縮された結果、髪は十分に発育することができず短くて細い毛のまま抜け毛となってしまいます。

また、AGA以外の薄毛・ハゲの原因になることには以下でご紹介するようなものがありますので、思い当たる原因があるかを確認してみてください。

薄毛・ハゲの原因:AGA・遺伝

進行性の男性型脱毛症であるAGAは、男性ホルモンの1つ「ジヒドロテストステロン(DHT)」が毛根部分の細胞と結合し、髪の成長を妨げることが原因です。

AGAは薄毛・ハゲになる箇所が頭頂部や前頭部の生え際から始まるという特徴があり、DHTが増える原因になる5αリダクターゼという還元酵素や男性ホルモン受容体の活性度が高まることで発症します。

還元酵素や男性ホルモン受容体の活性度は両親からの遺伝で、髪の毛の成長期を極端に短くして細い髪の毛を増やすため、薄毛・ハゲることの原因と言えるのです。

薄毛・ハゲの原因:年齢

髪の太さの推移

年齢とジヒドロテストステロンの分泌量は関係しており、グラフのように年齢と共に髪の毛の太さが低下するといった統計データがあり、男性は20代前半をピークに髪の毛が細くなり薄毛が進行する傾向にあります。

場合によっては10代から薄毛を発症することもあるので、若いから大丈夫。などとは考えず、まずは本当に薄毛が進行し始めているのか良く確認をして薄毛・ハゲへの対策を行いましょう。

また、年齢を重ねるにつれて髪の毛を作る素となる毛包幹細胞が、減少したり衰えたりする事による抜け毛や軟毛の増加から、薄毛・ハゲになるということもあります。

薄毛・ハゲの原因:生活習慣の乱れ

慢性的に睡眠や運動量が不足していたり、タバコやお酒の量が多いというような生活習慣が乱れていることも薄毛・ハゲる原因になります。

髪の毛を成長させる際には、成長ホルモンや栄養素・酸素などが必要になるのですが、生活習慣が乱れているとホルモンの分泌や代謝機能が低下し、毛根にある細胞が栄養不足・酸素不足になり正常に成長できません。

ホルモンや酸素・栄養素は血液によって毛根まで運ばれるので、運動以外にも血行に影響する頭皮やヘアケアも適切に行わないと薄毛・ハゲることを促進してしまいます。

薄毛・ハゲの原因:偏った食事・ダイエット

極端に食事を減らすようなダイエット、また栄養バランスが偏った食生活を続けていると、髪の毛に必要な栄養が不足してしまうため薄毛・ハゲの原因となります。

脂質や糖質・塩分が多い食事やカロリーの高い食事なども、頭皮のバランスを乱して皮脂分泌が過剰になり脂漏性皮膚炎を起こしやすく、さらに生活習慣病にもなりやすくなってしまうのです。

他にも、清涼飲料水・炭酸飲料を水やお茶の代わりに飲んでいると、糖分過多で血液がドロドロの状態になってしまうため、毛細血管まで栄養や酸素を送ることが出来なくなり薄毛・ハゲの進行を早める恐れがあります。

薄毛・ハゲの原因:ストレス

2022年9月現在、ストレスが直接薄毛やハゲの原因になるかは明らかにされていませんが、ストレスを受け続けていると交感神経の働きが活発になり、自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

交感神経は人が活動する時間に活発化し、リラックスすると副交感神経が働くという風にバランスを取ってい働いているのですが、ストレスによって交感神経ばかりが優位になると血管の収縮や睡眠不足を招いてしまうのです。

すると、血液が滞ることで栄養や酸素が行き渡らなくなり、睡眠中に分泌される成長ホルモンの量も不足してしまうため、髪の毛が十分に成長できず薄毛・ハゲの原因になってしまいます。

濡れた髪から頭皮が透ける時の対策法を5つ解説

頭皮 透ける 対策

今回お伝えする対策法は、単にヘアワックスなどで誤魔化す対処法ではなく、薄毛やハゲの根本的原因に対するものです。

髪の毛が濡れると隙間から地肌が見えるようになった、頭皮が透けて見えるというのは薄毛・ハゲの初期症状の可能性が高いですが、早期に対策を講じることで進行を遅らせることが出来ます。

ここでご紹介する、全ての濡れた髪から頭皮が透ける時の対策法を行うことは難しいかもしれませんが、1つ1つ出来ることから始めていくと変化を感じられるようになるでしょう。

濡れた髪から頭皮が透ける時の対策法:頭皮の血行を促進させる

髪の毛が細くなり髪の毛が濡れると頭皮が透けるのは、頭皮の血流不足が原因の一つです。そのため、まずは頭皮の血行を促すことから始めてみましょう。

頭皮マッサージは簡単に頭皮の血行を促す事が出来る行動です。特に仕事でパソコンを使う方やスマホを長時間使用している人は、側頭部から前頭部にかけて凝り固まりやすくなります。

凝り固まった頭皮をほぐし血行を促進させると、肩や首の凝りも解消されスムーズに深い睡眠に入ることが出来るようになるなど、髪の毛の成長にとってもメリットばかりです。

薄毛・ハゲに効果的なツボやマッサージ方法のやり方は、下記のリンクより図解にて解説しているので参考にして下さい。

頭皮マッサージは薄毛に効果抜群?やり過ぎ注意な理由とやり方・ツボを解説

2022.03.22

濡れた髪から頭皮が透ける時の対策法:生活習慣を見直す

生活習慣の乱れは、血行不良を引き起こすだけでなく、薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの増加にも繋がります。

特に、以下でご紹介する4つの改善すべき生活習慣は体の内側のバランスを整え、結果として毛根まで良い血液を送る手助けとなります。これらは髪の毛を生やすための土台作りとして重要です。

頭皮が透けて見える時に改善すべき生活習慣
  1. 栄養バランスの取れた食事
  2. 毎日15分程度の有酸素運動
  3. 7~8時間の質の良い睡眠
  4. ストレスの解消

これらを意識して対策することで、濡れた髪の隙間から地肌が見えたり頭皮が透ける・薄毛やハゲの進行を抑えることに繋がります。

濡れた髪から頭皮が透ける時の対策法:ヘアケアを見直す

髪の毛が細くなってしまった事で濡れた髪の隙間から地肌や頭皮が見えている場合、頭皮の状態が悪化して髪の毛が細くなっている可能性があります。

頭皮や髪の毛を労わって正常な状態に戻すためにも、毎日行うシャンプーなどのヘアケアを見直してみましょう。

シャワーの温度は人肌より2~3℃高くなる程度にし、シャンプーの成分も自分の頭皮や髪質にあったものを使用する。また、入浴後は速やかに頭皮を中心に髪の毛を乾かすことも、濡れた髪の隙間から地肌が見えたり頭皮が透ける・薄毛やハゲの進行を抑える対策法です。

自分に合うシャンプーの成分と効果を学ぼう【シャンプー剤・基礎知識編】

2019.09.11

【最重要】育毛はシャンプー選びより【髪の洗い方】を意識しよう

2019.05.14

濡れた髪から頭皮が透ける時の対策法:育毛剤などの使用

頭皮環境が悪化していると、髪の毛を正常に成長させることが出来ず細く弱い髪の毛が増え、濡れた髪の隙間から地肌や頭皮が見える状態になりやすくなります。

今生えている髪の毛や成長途中の髪の毛を太く育てるためにも、血行促進や毛根に栄養を与える効果を持つ育毛剤を使用して正しい頭皮ケアを行うことが大切です。

また、育毛剤の中には毛母細胞の活性化を促進する成分が入っているものがあるので、頭皮環境を整えて抜け毛を予防し太く強い髪の毛を育てる対策を始めてみましょう。

【育毛剤の選び方】薄毛のタイプに合った育毛剤を見つける方法とは?

2019.09.13

濡れた髪から頭皮が透ける時の対策法:専門家に相談して薄毛治療を検討する

濡れた髪の隙間から地肌や頭皮が見え、薄毛が進行してしまっているのではと不安になっているだけでは、進行を止める事は出来ません

市販やインターネットで購入できるような育毛剤の使用よりも効果的なのは、本格的に薄毛が進行したと感じる前に、しっかりと専門家に相談した上で治療を始めることをおすすめします。

1人1人にあった予防・改善のための対策方法を見極めて、アドバイスできるのは医師だけではありません。薄毛・ハゲを改善させるスペシャリストの専門家へ、まずは気軽に相談してみてください。

濡れた髪の間から地肌が見える・頭皮が透けるのが嫌なら今すぐ相談!

専門家への相談はこちら

【薄毛確認】チェックすべき5つのAGA初期症状

AGA 初期症状 チェック

薄毛が進行し始めると、髪の毛が濡れた時に地肌が透けて見える以外にも次のような5つの初期症状が起きます。

AGAの初期症状5つ
    1. 短くて細い毛が増える
    2. 抜け毛の量が増える
    3. 髪の毛のセットがうまくいかない
    4. 頭皮から嫌な臭いがする
    5. 抜け毛の毛根の形が異常

    普段の日常生活の中で気付ける症状ではありますが、忙しさや面倒だと感じて見て見ぬフリをし続けると、AGAが進行してしまうことになるので気をつけましょう。

    ここからは、AGAの初期症状について詳しく解説していきますので、日常生活を送る中で意識してみてください。

    AGA初期症状:その①短くて細い毛が増える

    AGAを発症すると、ヘアサイクルの乱れによって成長途中の細く短い髪の毛が増えます。この原因は、血管の収縮とジヒドロテストステロンの影響によるものです。

    元々から髪の毛が細い人で、太さが変わらない場合はAGAとは言い切れないのですが、太くしっかりした髪の毛だったのに細く柔らかい髪の毛になった場合は、AGAを発症している可能性が高いと言えます。

    また、前頭部の生え際や頭頂部の髪の毛と側頭部や後頭部の髪の毛の太さを比較した時に、前者の方が細い・柔らかいと感じた場合もAGAの疑いがあるので、早期に改善のための対策や治療を行うようにしましょう。

    AGA初期症状:その②抜け毛の量が増える

    1日の抜け毛の平均本数は50~100本程度と言われていますが、ヘアサイクルが乱れると抜け毛の量が増加する傾向にあり、具体的な例としては次のようなことが起こりやすくなります。

      • シャンプーをした時に手に20本近く抜け毛が付く
      • 部屋に落ちている髪の毛が普段よりも多い
      • ドライヤーをした時に10本以上抜ける
      • 枕カバーにはいつも抜け毛が付いている

    そのため、シャンプー・ドライヤーをした時や朝起きた時の枕カバーに付着している抜け毛を確認し、自分の髪の毛の長さより短くて細い毛が多い場合は薄毛対策の始め時です。

    以前と比べて抜け毛が増えたという症状や自覚があれば、出来るだけ早く適切な対策を行うようにしましょう。

    AGA初期症状:その③髪の毛のセットがうまくいかない

    髪の毛をセットしている時に感じる違和感も、実は薄毛が進行しているサインの可能性があります。

    以前と同じようにセットしているはずなのに、これまであったボリュームが減っている・前髪が透けてしまうなど、セットの方法だけでは説明できない違和感があるようならAGAを疑ってみましょう。

    特に、頭頂部や前髪はAGAの影響が出やすい場所です。具体的にどのような症状が起こるかは、下記の記事にまとめておりますのでご参照下さい。

    どこからつむじハゲ?男性と女性の基準や見分け方を写真で詳しく解説

    2022.02.02

    前髪が薄いすだれ前髪になる原因とは?前髪がスカスカの基準も解説!

    2022.01.30

    AGA初期症状:その④頭皮から嫌な臭いがする

    AGAの原因の1つであるジヒドロテストステロンは、皮脂腺の細胞内に入ったテストステロンと5αリダクターゼが結合する事で生成されます。

    生成されたジヒドロテストステロンは皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促進し、頭皮に溜まった皮脂は菌の餌となり、皮脂が酸化して雑菌が異常繁殖を起こすことで毛穴づまりや頭皮の痒み・炎症・嫌な臭いの原因となってしまうのです。

    頭皮から出る嫌な臭いは、自分では気づきにくいという特徴がありますが、シャンプーをする前に以前と比べて嫌な臭いがする・頭皮がベタベタするかを他人に指摘される前に確認してみましょう。

    頭皮が臭いとハゲる?頭皮のニオイによる薄毛の原因と対策とは?

    2020.02.26

    頭皮の痒みの原因と解決法は?【自分に当てはまる頭皮トラブルは何?】

    2018.12.17

    AGA初期症状:その⑤抜け毛の毛根の形が異常

    シャンプーやドライヤーをしている時、また枕についた自然に抜けた髪の毛の毛根を見ることでも、AGAの初期症状を起こしているかを確認することが出来ます。

    正常な毛根はぷっくりと膨らみ白色をしていますが、膨らみがなく細い・毛根が小さすぎる場合は毛根の細胞が何らかの異常を起こし、十分に成長できなかった可能性が考えられるのです。

    また毛根部分が黒いということであれば、AGAを発症してしまったためにヘアサイクルが乱れて、メラニン色素が供給されている成長途中に抜け毛になってしまっている可能性があります。

    抜け毛と毛根の関係性とは?抜け毛の形で分かる薄毛危険度チェック

    2022.03.17

    ハゲの始まり?髪の毛が濡れた時に頭皮や地肌が透けて見える時の対策まとめ

    今回の記事では、髪の毛が濡れると頭皮や地肌が透けて見えるのは薄毛・ハゲの初期症状なのか、また濡れた髪から頭皮が透ける時の対策法を5つ解説いたしました。

    一概に全てがそうだとは言えませんが、可能性としては髪の毛が濡れた時に頭皮や地肌が透けて見えると薄毛・ハゲの初期症状だと考えられます。

    髪の毛は早期対策を行うことで、高確率で発毛させることが出来ます。恥ずかしいという気持ちも分かりますが、その一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

    お試し体験コースはこちらから

    髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

    吉祥寺店のご予約はこちら

    - 初診ご予約専用窓口 -

    TEL:0422-29-9096

    - 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

    渋谷店のご予約はこちら

    - 初診ご予約専用窓口 -

    TEL:03-6455-1408

    - 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

    よかったらシェアしてね!

    東京で薄毛・発毛治療なら、
    スーパースカルプ吉祥寺
    にお任せください!

    発毛症例1000件以上の実績を持ち、約9割がAGA治療・薄毛治療に内服薬を使わずに発毛を実感して頂いております。そのため、副作用や薬への抵抗性を心配せずにAGA治療・発毛治療に専念出来ると好評です。

    • 発毛実績
      1000件以上
    • 内服薬に
      頼らない
    • 吉祥寺駅から
      徒歩5分
    たった1回でも大好評
    目次
    閉じる