ハゲ始めたらいつから薄毛治療する?ハゲの治し方やハゲ対策のタイミング

ハゲ始め

前髪のボリュームが減った、おでこが広くなった気がする、抜け毛が増えてつむじが目立つようになった気がする…と薄毛のサインを感じている方は少なくありません。

ハゲ始めたかも!と感じた場合、いつから薄毛治療を行うと良いのか薄毛の専門家が解説いたします。

治し方を始め、ハゲる人の特徴や薄毛治療を始めるタイミング、今すぐ始めるべきハゲ対策につむじやM字ハゲの基準まで、薄毛で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

当院での発毛療法を行ったお客様の症例

目次

薄毛治療はいつから始めるのがベスト?

薄毛治療を始めるタイミング

もしかしてハゲ始めてきた?」「まだ大丈夫だよな…」と、薄毛の進行を感じつつも自分はまだハゲ始めていない!と思い込みたい気持ちも分かります。

しかし、治療が必要な薄毛や進行性だった場合、放っておけばおくほどハゲの範囲が広がり、改善に多額の費用や長期間が必要となる可能性が高まります。

薄毛治療は髪の毛が無い状態から行っても、なかなか効果を実感することができません。そのため、薄毛治療は始めるタイミングが重要です。

薄毛治療を始めるタイミング:抜け毛が気になった初期段階

抜け毛が増えてきたけど、まだ髪の毛がフサフサしてるから大丈夫!と思っている時が、薄毛治療を始めるタイミングです。

薄毛のサインでもある、抜け毛が増えてきた初期段階で薄毛治療を行えば、回復までの期間が短く費用も少なく済みます

抜け毛が減るくらいしか効果を実感できないというデメリットはありますが、早期に改善したいのであれば症状があまり出ていないうちに薄毛治療を行いましょう。

薄毛治療を始めるタイミング:ハゲが進行し始めた時

前と比べて髪質やボリュームに変化を感じた時こそ、薄毛治療を始めるタイミングです。

AGAやFPHLは20代や30代でも起こるため、年齢に関係なくハゲ始めたと感じたら早期に治療を開始することをおすすめします。

多少であれば、薄毛が進行してしまっていても改善は可能です。最小限とまではいきませんが、できるだけ費用や期間を短くしたい方は早めの治療を考えましょう。

ハゲ始めた?薄毛のサイン5選

ハゲ始めのサイン

もしかしてハゲ始めた?と感じた時には、さまざまな薄毛のサインが出ているかもしれません。

薄毛は以下で解説する5つのハゲ始めるサインが現れる場合が多いので、ハゲ始めたかもしれないと感じている方は、当てはまるかどうかを確認してみましょう。

ハゲ始めのサイン①抜け毛が増えた

ハゲ始める時には、抜け毛の本数が明らかに増えるというサインが現れます。
ただ単に抜け毛が増えるだけでなく、抜けた髪の毛の質が生えている髪と比べると、短くて細く柔らかい産毛のようになるのが特徴です。

人の抜け毛は1日に平均して50~100本ですが、ハゲ始めてきた場合は100本以上の抜け毛が数か月以上続きます

一般的に抜け毛が増える春や秋など、季節性の場合は数日~数週間で治まるため、この場合はハゲ始めたサインとはいえません。

ハゲ始めのサイン②ボリュームが減った

数ヵ月~1年といった単位で髪の毛のボリュームが減ったと感じた場合も、ハゲ始めたサインです。

女性はもちろんのこと、男性も毎日のようにスタイリングをするので、ボリュームが減ったと気づくまでに多少時間がかかるかもしれません。

頭頂部や前髪のボリュームに違和感を感じた、スタイルが夜までもたなくなった、スタイリングしにくくなった方はサインを見逃さず、髪質に変化が無いかを確認してみましょう。

ハゲ始めのサイン③頭皮の色が赤や黄色・茶色

髪の毛を分けたときに見える頭皮の色が青白色ではなく、赤や黄色、茶色などになっている場合もハゲ始めのサインです。

本来、頭皮は青白い色をしていますが、赤っぽい時は炎症が起きている、黄色や茶色みがかっている場合は頭皮が酸化している、また白いときは乾燥して潤いが不足しています。

頭皮の色が正常でない場合は、頭皮環境が悪化して抜け毛が増え、ハゲ始めていると考えられます。フケやかゆみ、頭皮のべたつきなどが気になる方は、いち早く対処するようにしましょう。

ハゲ始めのサイン④おでこが広くなった

数ヵ月~数年前と比べて、生え際が後退しおでこが広くなったと感じたら、ハゲ始めてきたサインの可能性が高いです。

また、生え際のラインが真っ直ぐではなく、いびつなでこぼこした形や剃り込み部分が後退して曲線を描く場合もあります。前髪を上げた時におでこの広さを感じたら、まずはご自身で変化があるかを確認しましょう。

おでこが広くなったかどうかの基準や見分け方は、以下のyoutubeや関連記事で詳しく解説しているので、生え際の後退が気になる方はぜひ参考にしてセルフチェックしてみてください。

YouTube
【必見】写真で1発でわかる生え際・M字ハゲチェック【薄毛チェックしよう】
【必見】写真で1発でわかる生え際・M字ハゲチェック【薄毛チェックしよう】▼薄毛を克服したい・相談したい方はこちら東京の渋谷と吉祥寺にお店がございます。 【店舗案内ページ】  https://fun-growth.jp/lp/salon-list/以前にM字ハゲかどうか自...

ハゲ始めのサイン⑤つむじが目立ってきた

ご自身ではなかなか確認しづらいのですが、エレベーター内のカメラや美容師・理容師、または家族などからの指摘でつむじが目立っていると分かった時も、ハゲ始めのサインです。

現在、医学的につむじハゲの基準が決まっている訳では無いのですが、つむじ周辺の髪質が細く柔らかくなり頭皮が透けてくる、つむじの渦がぼやけるなど特徴があります。ご自身で確認するには、合わせ鏡やスマホのカメラで撮影するなどの方法があります。

生まれつき髪の毛が細い方でも、側頭部などと比較して頭頂部の髪質が変化してきた場合は要注意です。以下のyoutubeや関連記事で基準や見分け方を確認して下さい。

YouTube
『有料級』写真で一発で分かるつむじハゲ確認【薄毛チェックしよう】
『有料級』写真で一発で分かるつむじハゲ確認【薄毛チェックしよう】▼薄毛を克服したい・相談したい方はこちら東京の渋谷と吉祥寺にお店がございます。 【店舗案内ページ】  https://fun-growth.jp/lp/salon-list/以前につむじハゲかどうか...

薄毛のサインに気付いたら専門家に相談しよう

ここまでご紹介した5つの薄毛のサインに気付いたら、本格的にハゲ始めてしまう可能性があります。いつから薄毛治療しようか…と悩んでいる時間がもったいないです。

一度ハゲが進行し始めると、止めたり改善することが難しくなってしまうため、気付いたらまず薄毛の専門家に相談してください。抜け毛が増えたり髪質の変化を感じてから、相談するまでの期間が短いほど改善するまでの期間が早く済みます。

病院やクリニックで処方されるAGA治療薬は、一度始めると止めた時に急激に進行してしまうため、お薬に頼らず薄毛の原因を解決する施術やケアが重要です。

薄毛のサインを見逃さない方法

薄毛のサインを見逃さない

今はまだ大丈夫でも、薄毛になる将来が不安だという人は少なくありません。親族にハゲている人がいたり、すでに薄毛のサインが現れている場合は、特に不安に思うでしょう。

近い、またはもう少し先の未来で、薄毛のサインを見逃したくない方は、生え際やつむじ部分の写真を残しておきましょう。そして、不安になった数か月後に再度同じ箇所を撮影して見比べてみてください。写真を撮る際は、場所や明るさなどの条件を同じにして撮影するのがポイントです。

写真を見比べた時に、すぐわかるぐらい変化がある場合は、薄毛治療を始めるタイミングだといえます。

薄毛には2つのタイプがある

薄毛のタイプ

薄毛は2種類のタイプに分かれており、それぞれに薄毛治療の方法が異なります。

  • 一過性の薄毛:円形脱毛症や脂漏生脱毛症など
  • 進行型の薄毛:AGA(男性型脱毛症)やFHPL(女性型脱毛症)

基本的に一過性の薄毛であれば、自然治癒することも多いのですが、症状や脱毛症の種類によっては医療機関での治療が必要です。

進行型の薄毛は性ホルモンが原因であることが多く、自然治癒することはありません。そのため、病院やクリニックなどの医療機関、または発毛サロンなどによる治療や施術が必要となります。

一過性の薄毛

一過性の薄毛は、自然治癒が可能なものと医療機関での治療が必要なものに分かれます。

自然治癒可能な一過性の薄毛 医療機関での治療が必要な一過性の薄毛
・脱毛斑が小さく1~2ヵ所の円形脱毛症
・出産後脱毛症
・薬剤性脱毛症
・急性休止期脱毛症
・軽度な牽引性脱毛症
・手術後脱毛症
・圧迫性脱毛症など
・ 甲状腺疾患
・ 膠原病
・ 脱毛範囲が広い、または複数ある円形脱毛症
・ 慢性休止期脱毛症
・ 重度の牽引性脱毛症
・ 粃糠(ひこう)性脱毛症
・ 脂漏性脱毛症
・ 頭部白癬
・ 梅毒性脱毛症など

自然治癒が可能な薄毛であっても、全く何もしないわけではなく、原因になった物事を解消しなくてはなりません。薬剤性であれば薬を飲まなくても良い段階まで治療する、牽引性脱毛症なら髪の毛を結ばないなどの対策が必要です。

軽度な円形脱毛症の場合は、原因となった高熱や感染症、ストレスの緩和で自然治癒が可能です。しかし、多発性や蛇行性、汎発性など脱毛範囲が広範囲に及ぶ場合は、早期に医療機関を受診し投薬などの治療を行いましょう。

進行型の薄毛

現在、薄毛で悩まれている方のほとんどが進行型の薄毛(AGAやFPHL)に該当していると考えられます。

AGA(男性型脱毛症)の特徴は、生え際や額の剃り込み部分、つむじ周辺からハゲ始めて前頭部から頭頂部の髪の毛が消失します。FPHL(女性型脱毛症)では、頭頂部から前頭部の髪の毛が減少しますが、男性のように消失することはありません。

進行型の薄毛は、数か月~数年単位でゆっくりと進行する薄毛のため、本人が認識しにくいのが特徴です。そのため、実はAGAではないのにAGA治療してしまう、逆にAGAが進行していると気付かずに頭皮が透ける範囲が広がってしまうケースがあります。

進行型の薄毛は、病院やクリニックでの投薬治療の他に、発毛サロンなどで行う施術によって改善するケースも多いです。

薄毛治療の種類は?

薄毛治療の種類

薄毛治療には、AGA治療薬の服用や塗布、そして発毛サロンでのケアと、3種類の方法があります。

大前提として、AGA治療薬は医師の診断を受けて処方された方のみが使用できるものです。
ただし、外用薬は市販されている商品があり、薬剤師が在籍している薬局やドラッグストア、また薬剤師からの問診メールに返信が必要ですが通販でも購入できます。

ハゲ始めた方や今以上にハゲたくない方が行う薄毛治療には、どのような方法があるのかを解説していきましょう。

病院・クリニックでの治療①内服薬

病院やクリニックで行う薄毛治療の内服薬には、下記の5種類があります。

  • フィナステリド(プロペシア、フィンペシア):男性のみ
  • デュタステリド(ザガーロ):男性のみ
  • ミノキシジル:男女で使用されるが濃度が異なる
  • スピロノラクトン:女性のみ
  • サプリメント:男女で使用されるが成分が異なる

内服薬は、髪の毛だけでなく体にも作用するので、どうしても副作用が出やすいデメリットがあります。また、服用している間のみの効果となるため、20~30代と若い人にはお勧めできません。

他の薄毛対策をしたが、どうしても生えなかった…。そんな時に服用するようにしましょう。
また当店では内服薬を使用しない薄毛治療も行っていますので興味のある方はお問い合わせください。

ここからは、薄毛治療で使用される内服薬について一つ一つ解説いたします。

フィナステリド

フィナステリド(プロペシア、フィンペシア)は、AGAの原因となる5αリダクターゼⅡ型によってDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されるのを抑制するお薬です。主に抜け毛を減らす作用が期待されています。

男性型脱毛症(AGA)には高い効果を示しますが、女性の薄毛には有効性がなく、厚生労働省や日本皮膚科学会からも使用が認められていません。またフィナステリドは男性ホルモンに作用するお薬のため、女性が服用すると体に悪影響を及ぼす可能性が高いので、服用しないでください。

特に、妊娠している方や授乳中の女性がフィナステリドを服用すると、DHT産生が抑制され胎児(男児)の生殖器官の発育が正常に行われなくなるため、内服は禁忌とされています。また、性機能障害や女性化乳房、肝機能障害などの副作用が現れることもあります。

デュタステリド

デュタステリド(ザガーロ)もDHTの生成を抑えるお薬ですが、5αリダクターゼのⅠ型・Ⅱ型の両方に作用します。Ⅱ型への効果はフィナステリドの1.6倍だったと、製造販売元のグラクソ・スミスクライン株式会社が発表しています。

フィナステリドと同様に、デュタステリドも男性ホルモンに作用するお薬のため女性への有用性はなく、臨床試験すら行われていません

またデュタステリドは経皮吸収でも男子胎児や乳児に悪影響を及ぼすため、妊婦や授乳している方、妊娠の可能性がある方は絶対に触れないようにしてください。また小児や重度の肝機能障害患者も使用不可ですし、重度な副作用が現れることがあるため、医師の処方以外で服用しないでください。

ミノキシジル

ミノキシジルは全身の血管を拡張させ、髪の毛を伸長させる作用があり髪の毛を増やす効果が期待できます。元々は高血圧症の治療に使われる血管拡張剤で、副作用として多毛症が認められたことから薄毛治療の外用薬が開発されました。

しかし、ミノキシジルの内服薬(ミノキシジルタブレット)は厚生労働省未承認のお薬です。処方されているものは海外製のため安全性が保障されておらず、万が一の事態が起こっても医薬品副作用被害救済制度の利用ができません。

日本やアメリカのみならず、ミノキシジルタブレットを承認している国がないことも、安全性が確保できないことの現れです。また、重大な副作用や併用禁忌薬も多いので、服用する場合はしっかりと説明してくれる医師に処方してもらいましょう。

スピロノラクトン

スピロノラクトンは、元々体内の水分を尿として排出し血圧を下げるお薬です。また男性ホルモンの産生を抑える働きにより、女性ホルモンの働きを高め抜け毛を減らす効果が期待できます。

過剰な皮脂分泌が原因のニキビ治療にも使用されていますし、国内でも数社の製薬会社からジェネリック医薬品が販売されています。男性のフィナステリドのように、抜け毛を抑制しヘアサイクルを正常化させるために使われている医薬品です。

ただし、抜け毛抑制効果が高いとはいえず、外用薬のミノキシジルなどと併用して処方されることが多いです。また、副作用や併用してはいけないお薬、処方できないケースもあるので、必ず医師の指示に従ってください。

サプリメント

薄毛治療にサプリメントを使用する病院やクリニックも多いです。髪の毛の成分となる、ケラチンやパントテン酸カルシウム、ビタミンやアミノ酸などが配合されています。

プラセンタなどの成長因子を含むサプリメントもありますが、医薬品のような効果は期待できません。しかし、副作用の発生が低く正しく補助的に摂取する目的であれば、サプリメントの使用はおすすめです。

育毛成分や不足しがちな栄養素の補給など、サプリメントにはさまざまな成分が含まれていますが、即効性はないので半年を目安に継続して摂取しましょう。

病院・クリニックでの治療②外用薬

病院やクリニックで行う薄毛治療の外用薬は、基本的にミノキシジルが配合されています。薬局やドラッグストアなどで市販されているものは最大濃度が5%ですが、病院やクリニックの中にはミノキシジル10%以上と高濃度の商品もあります。

日本皮膚科学会が作成したガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」においても、男性は5%、女性は1%の濃度を使用するよう推奨されています。なぜなら、高い濃度では副作用の出現が高まるためです。

外用薬の副作用には、かぶれやかゆみ、フケなどの比較的軽い症状から、アナフィラキシー反応や肝機能検査異常など重篤な症状まであります。また使用に注意が必要であったり、使用出来ない場合があるので、必ず医師や薬剤師に相談の上で使用しましょう。

発毛サロンでのケア

病院やクリニックでは、基本的にAGA治療薬の内服薬や外用薬を処方しますが、医薬品には必ず効果があるかといえばそうではありません。また副作用のリスクもあるため、ハゲ始めたばかりの方には治療薬よりも発毛サロンの方が適していることも多いです。

当サロンでも、薄毛の原因がAGAではないのに薄毛治療薬を服用していて効果がなかった方、また副作用が嫌で治療薬以外の発毛を希望される方が多く、みなさま悩みを解決して笑顔を取り戻しています。

発毛サロンではハゲ始めた原因を突き止め、必要な施術とご自身で行って頂くケアやアドバイスで、健康な髪の毛を取り戻せます。薄毛が気になっている、また将来薄毛になりたくないという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

あなたの薄毛を発毛させる!まずは現状を把握しよう
専門家への相談はこちら

ハゲる人には特徴がある

ハゲる人の特徴

男性型脱毛症(AGA)は、遺伝的に母方の男性親族に薄毛の人が多いとなりやすいと言われてきましたが、現在は父方の遺伝によっても発症することが分かりました。また、親族に薄毛の人がいなくても、ハゲ始める人もいます。

私がこれまで発毛サロンを運営してきた経験、そして統計的にもハゲる人には特徴があります。生活習慣や頭皮の状態、性格など、ハゲる人にはどのような特徴があるのかを解説していきましょう。

ハゲる人の特徴:食生活が乱れている

一番多いハゲる人の特徴が、食生活が乱れていることです。1日3食食べない、コンビニやファストフード、インスタントで済ませるなどは、タンパク質は多いものの糖質や脂質が多く、ビタミンやミネラルが不足しがちです。

また、お菓子や軽食には髪の毛に必要な栄養素が含まれませんし、極端に食事量や栄養素を減らすようなダイエットも髪の毛や体に悪影響を及ぼします。

米やパン、パスタなどの主食になる穀類、芋類や砂糖などはエネルギー源になるものの肥満の原因にもなります。さらに過剰な摂取はタンパク質を劣化させ、体内で老化物質のAGEsが増えて血管の機能が低下するため、血流が悪化してしまうのです。

血流が悪化すると髪の毛を作る毛乳頭細胞まで栄養が届かなくなり、健康な髪の毛が育たなくなってハゲ始めてしまいます

ハゲる人の特徴:髪質が変化した

太い髪の毛だったのに細くなってきた、ハリがあったのに柔らかくなるなど、ハゲる人の特徴には髪質の変化もあります。

生まれつきストレートヘアだったのに癖毛になってきた、細く柔らかくなって寝癖がつかなくなったなどは、髪の毛の成長期が短くなっている可能性が高いです。

元々髪の毛が細い方は気付きにくいのですが、より細くなったり抜け毛に短い毛が増えるなど、注意して薄毛のサインを見落とさないようにしましょう。

ハゲる人の特徴:面倒くさがり

湯船に浸かる習慣がない、シャンプー後は自然乾燥している、自炊をしないなど面倒くさがりな性格もハゲる人の特徴に当てはまります。

育毛や発毛には丁寧なシャンプーやヘアケア、栄養バランスを考え血流を促進することが重要です。しかし、面倒くさがりな方はこれらを継続できず、結果的に薄毛を促進してしまうケースが多いのです。

将来ハゲたくないのであれば、最初は面倒だと感じることを習慣にし、当たり前の行動にしてみましょう。

ハゲる人の特徴:ストレスが多い

ハゲる人はストレスが多いという特徴もあります。長期間ストレスにさらされている場合は、自律神経やホルモンのバランスを乱すため、その影響からヘアサイクルまでも乱れてしまうというわけです。

自律神経の乱れは血管の収縮や不眠を招き、血行不良や成長ホルモンの分泌低下から髪の毛が正常に成長できず軟毛化する、また抜け毛が増えてハゲ始めてしまいます。

精神的なストレスの他にも、紫外線や排気ガスから病気などさまざまあります。全てを回避することは難しいですが、避けられるものはできるだけ減らすようにしましょう。

ハゲる人の特徴:喫煙や飲酒の習慣がある

ハゲる人は喫煙や飲酒の習慣があるという特徴もあります。タバコを吸うとニコチンの影響で毛細血管が収縮し、一酸化炭素により酸素が消費され欠乏します。

タバコを吸った時の血管収縮は、約20分かけて元に戻ります。喫煙はハゲるだけでなく、動脈硬化を引き起こし脳梗塞や糖尿病、肺や舌ガンのリスクが高まり体に悪影響しか与えません

また飲酒は適量であればよいのですが、つい飲み過ぎるという場合はアルコールを無害なものまで分解しきれず、有害なアセトアルデヒドが残ってしまいます。アセトアルデヒドはDHTを増加させるハゲの元ですので、飲み過ぎには注意しましょう。

ハゲる人の特徴:頭皮が硬い

以前まで頭皮を押すと柔らかかった、また動かなくなったなど頭皮が硬いと感じたら、ハゲる人の特徴です。

紫外線ダメージや頭皮の血流が悪化する、乾燥してくると皮膚のターンオーバーが乱れ硬くなります。頭皮が硬くなると血管が拡張できず、より血流が悪化して髪の毛を作る細胞まで栄養や酸素が行き渡らなくなります。

栄養や酸素が不足すると健康な髪の毛が作られなくなり、白髪や抜け毛が増えたり、薄毛が進行してハゲることに繋がってしまうのです。

ハゲる人の特徴:頭の形が変わった

前頭部と側頭部、後頭部には大きく分けて4つの筋肉があり、これらの筋肉が重力や加齢、緊張などによって固まってハチが張ったり頭頂部が尖るなど、頭の形が変わるのもハゲる人の特徴です。

筋肉が固まって下垂すると、頭頂部にある帽状腱膜が引っ張られ伸びてしまい、毛根に隙間ができてハゲて見えることもあります。また、骨は30歳位まで成長しますが、皮膚は20歳前後で表面積が決まるため、皮膚が付いてこれず頭の形が変化します。

ハチが張るように変化した場合はつむじが、頭頂部が尖るようになった場合は剃り込み部分や生え際が薄毛になりやすい場所です。

発毛技能士おすすめのハゲ対策

おすすめのハゲ対策

ここまで、ハゲ始めた時のサインや薄毛治療を始めるタイミング、ハゲる人の特徴などを解説いたしました。

まだ髪の毛が十分生えているという方でも、現状維持できるかどうかは分かりません。放っておくと進行してしまうのが薄毛です。

そのため、ハゲ始めた段階や抜け毛が増える、髪質が変化する前後からできる、発毛技能士がおすすめするハゲ対策を6つご紹介します。

おすすめのハゲ対策:食事内容の見直し

外食やコンビニなどの利用が多い食生活でも、栄養バランスに気をつけることができます。普段選んでいる食品にサラダやフルーツをプラスする、脂質や糖質の少ないメニューを選ぶなど食事内容を見直すことが、おすすめのハゲ対策です。

カロリーは活動量によって変わりますが、1日のトータルで男性なら2,200~3,000Kcal、女性は1,400~2,200Kcalが目安です。タンパク質を中心にビタミンやミネラルを豊富に含む食事を意識しましょう。

脂質や糖質は、体を動かすエネルギー源です。しかし、必要以上の摂取は健康を損なうので適量(一般的な食事量)を目安にし、他の栄養とバランスをとって摂取してください。

おすすめのハゲ対策:規則正しい生活

続いてご紹介するおすすめのハゲ対策は、規則正しい生活です。朝起きたら太陽光を浴び、日中は活動的に行動して夜は体を休め、毎日同じくらいの時間に就寝して起床することを目標にしましょう。

睡眠は6~8時間程度確保して、寝る2~3時間前までに夕食と入浴を済ませ、1時間前からはスマホなどを見ず、質の良い睡眠をとれるようにしてください。

毎日同じリズムで生活すると、自然と規則正しいスケジュールで過ごせるようになり、健康な身体と髪の毛を手に入れられます。

おすすめのハゲ対策:正しいヘアケア

頭皮が健康な状態でないと、太くしっかりとした髪の毛が生えないため、正しいヘアケアを行うこともハゲ対策として重要です。
シャンプーは頭皮の肌質にあった洗浄力が強すぎないものを選び、丁寧に行い濡れたままで放置せず、速やかにドライヤーで乾かしましょう。

シャワーの温度は体温より2~3℃程度高いくらいが最適で、髪をただ濡らすだけでなく頭皮までシャワーの水圧や指を使ってすすいでください。シャンプーは0.5~1プッシュ分を軽く手のひらに馴染ませ、髪の毛を使って泡立てたら爪を立てず優しく頭皮に触れながら洗います。

最後のすすぎは泡が完全に流れてから、もう一度泡が付いている状態と同じようにすすぐつもりで行うと、シャンプーの成分をしっかり流すことができます。

おすすめのハゲ対策:ストレス発散

ハゲる人の特徴でも解説した通り、ストレスが蓄積されると抜け毛が増え薄毛に繋がります。そのため、こまめにストレスを発散しうまく付き合っていくことがハゲ対策としておすすめです。

ジョギングやヨガなどの有酸素運動や森林浴、ジムで汗を流すことはもちろん、仲の良い友人と話したりカラオケに行くなど、ご自身がリラックスして楽しめることを行いましょう。

また、ストレスとうまく付き合うためには良い意味でいい加減になる、極端な考え方から適当でも良いなど、考え方を一部からでも変えていく方法もあります。

おすすめのハゲ対策:禁煙・減酒

タバコや過度の飲酒は薄毛を助長してしまいます。そのため、ハゲ対策として禁煙・減酒は必須です。

急に禁煙するのが難しいという方は、市販のニコチンパッチやガムを使う、一人では禁煙できないという方は禁煙外来を利用するなどして、一つでもハゲ始めるリスクを減らしましょう。

また過度の飲酒は脂質や糖質、塩分の過剰摂取になりやすく、睡眠の質を低下させます。また、アルコールの分解にアミノ酸やビタミン、ミネラルが消費され不足しがちになるため、休肝日を作って1日の飲酒量も減らすことをおすすめします。

お酒の適量は厚生労働省の「健康日本21」、アサヒビール株式会社「お酒の適量を知る」など酒類メーカーのホームページでも確認できるので、一度ご覧になってみてください。

おすすめのハゲ対策:血行を促進する

髪の毛を作る細胞に栄養や酸素を届けるためには、毛細血管まで十分に血液が流れなくてはなりません。そのため、血行促進することがハゲ対策として大切です。

サラサラで滞りなく全身を巡る血液にするため、水分補給はこまめに行ってください。下半身の血流は筋肉の収縮が重要なので、日中は適度に運動して筋力を低下させないようにしましょう。

冷たいものよりも温かいものを食べたり飲んだりする、入浴時はできるだけ湯船に浸かるのもおすすめです。また、頭皮マッサージは血行促進と頭皮の代謝をアップさせるので、以下の記事でお伝えしている正しい頭皮マッサージのやり方を試してみてください。

薄毛治療するタイミングとは?ハゲ始めの治し方やハゲ対策を解説まとめ

今回はハゲ始めた時のベストな薄毛治療のタイミングは?ハゲの治し方や発毛技能士おすすめのハゲ対策などを解説いたしました。

結論を言えば、薄毛治療をいつからスタートさせるか、そのベストなタイミングは薄毛に気付いた時や薄毛のサインを感じたときです。早期発見・早期治療に勝るものはありません。

薄毛の進行を感じると、ご自身で何とかしようと考える方が多いですが、間違ったケアでさらに悪化させてしまう場合があります。まずは適切なケアを知るためにも、専門家に相談して薄毛の原因を特定し、最適な方法で薄毛克服への一歩を踏み出しましょう。

薄毛で現在悩んでいる人がいましたら、発毛への糸口を見つけ、効果的なアドバイスをさせていただきますので、過去に薄毛を改善した発毛技能士である私にいつでもご相談くださいませ。

お試し体験コースはこちらから

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

東京で薄毛・発毛治療なら、
スーパースカルプ吉祥寺
にお任せください!

発毛症例1000件以上の実績を持ち、約9割がAGA治療・薄毛治療に内服薬を使わずに発毛を実感して頂いております。そのため、副作用や薬への抵抗性を心配せずにAGA治療・発毛治療に専念出来ると好評です。

  • 発毛実績
    1000件以上
  • 内服薬に
    頼らない
  • 吉祥寺駅から
    徒歩5分
たった1回でも大好評
目次
閉じる