冬に急増する抜け毛…寒さと関係あるの?【原因と対策法を学ぼう】

冬に急増する抜け毛…寒さと関係あるの?【原因と対策法を学ぼう】

冬の季節にお風呂上がりに抜け毛を掃除していると、いつもより本数が増えている…。少し頭皮が透けて見えるなんて経験はありませんか?

 

また、毎年冬の時期になると抜け毛が急に増えて不安になる人も少なくありません。今回は、寒い季節である冬と薄毛の関係について解説します。

 

1日の抜け毛の本数の平均は?

ヘアサイクル

冬に抜け毛が増えると言いますが、まずは1日の抜け毛の本数を把握しておく必要があります。髪の毛は、平均4~6年で成長して抜けるという「ヘアサイクル(毛周期)」をもち、「生える⇒成長⇒抜ける」ということを繰り返しています。

 

日本人の髪の本数の平均は10万本。10万本のヘアサイクルが動いていると考えると、1日50~100本ほどの抜け毛は当たり前となります。

また、冬の間は、寒く乾燥が厳しい季節です。そのため、いつもより一時的に30~50本程度抜け毛増えることは誰でも起きる現状です。一時だけ抜け毛が増えて、収まるようでしたら心配する必要はありません。

 

とはいえ、抜け毛の本数が増えると不安になりますので、冬場の季節に起きる抜け毛の原因と対策をこれからお伝えしますね。

冬の季節に抜け毛が増える2つの原因とは

原因①:気温の低下による体の冷え(血行不良)

冬の寒い季節は、足のつま先や手の先などから体温が低下して、血流が悪くなりがちです。当然、頭皮も最も手や足と同じ末端部分であるため、表面体温が下がり、血流が悪くなります。

 

気温が低いときに、頭皮などの末端組織の血の巡りが悪くなる理由は、「体温調整」のためです。人間の身体には、体温を一定に保とうとする調節機能があります。低温の環境下では、体内の熱を外へ逃がさないように血管が収縮します。

 

その結果、足先や指先が冷え性状態となり、冷たくなります。毛根は、頭皮の下に流れる細い血管から栄養や酸素を吸い上げて成長していきます。しかし、血流が悪くなると十分に栄養を吸い上げることが出来ず、細く抜けやすい髪へと変化していくのです。

原因②:頭皮が乾燥しやすい

冬は1年で最も空気が乾燥する季節です。

感想から皮膚を守るため、皮膚の表面では、皮脂と汗が混じり合って皮脂膜を作り、天然のクリームとなって皮膚をおおっています。ところが、冬には寒気が肌の血行や新陳代謝を悪くして皮脂や汗が出にくくなり、冷たく乾燥した風が肌の水分を奪うため、肌の水分が不足して乾燥するのです。

 

頭皮は皮膚の中でも自覚しにくいですが、肌の乾燥がある人は頭皮も同様に乾燥しがちと考えてよいです。頭皮の乾燥した状態が続くと、「頭皮トラブルによる抜け毛の増加」「かゆみ・フケが出る」「肌が突っ張る感じがある」など引き起こします。

 

 

冬の季節:抜け毛を減らすための対策法とは

冬に抜け毛を防ぐには、育毛剤などを使用した方法もございますが、冬特有の抜け毛へ対処することが出来ません。今回は、冬の抜け毛の原因である「冷えによる頭皮の血流不足」「頭皮の乾燥」この2つに対する対策法を紹介します。

 

 

対策①:帽子で頭皮の冷え・乾燥を防ぐ

冬の季節で抜け毛の原因となるのが、頭皮の冷えと乾燥です。この外的要因を防ぐために、外出する時はニット帽を被るなどを行い、頭皮の保温効果と肌の乾燥防止を行いましょう。

 

帽子を被ることで、外界の冷たい空気と直接触れることなく、頭皮を温かく保つだけでなく、頭皮からの水分の蒸発を防ぎ乾燥によるフケを防ぐこともできます。

帽子を使用するメリット②

また、ワックスなど頭皮の成長を妨げるようなスタイリング剤を付けずに済むこともメリットとして挙げられます。ワックスは、多くの油分が含まれているため、育毛活動の妨げになる可能性が高いのです。

帽子のかぶりすぎによる「蒸れ」には注意しましょう。外に出る時のみに着用して、建物の中に入った時は、帽子を脱ぎ、髪や頭皮に新鮮な空気を当ててあげましょう。

対策②:温かいものを食べて、栄養補給をする

血行不良による抜け毛の場合、体の内側から温めてあげることが最も有効です。そのため、冬場は栄養価が高く・体を温める効果が高い物を意識的に食べるようにしましょう。

【体を温める食べ物】

ショウガやニンニク、ネギ、シソ、山椒など薬味には体を温める作用があります。
また、同じ食材でも、生のままより熱を加えたほうが効果を高めることが出来ます。
逆に体を冷やしてしまう冬にNGな食べ物は次の通りです。

【体を冷やす食べ物】

白砂糖・日本酒以外のアルコール類・ジュース類・完熟していない果物・食品添加物など。
+タバコも血行不良を引き起こして体を冷えやすくする作用があります。

【冬におススメの食べ物】

簡単かつ髪に良い効果があるのが「鍋」です。特にこれから紹介する2つは、育毛効果が期待される成分が含まれています。

その①:キムチ鍋

トウガラシに含まれるカプサイシンは、大豆に含まれるイソフラボンと一緒に摂取すると、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)が放出されます。このCGRPが毛乳頭細胞に作用すると、成長因子であるIGF-1を増加させ髪の毛の育毛に手助けしてくれます。そのため、キムチ鍋には、具材に豆腐を入れて食べて下さいね。

その②:豆乳鍋

大豆は、豊富なタンパク質を含んでいます。また、大豆たんぱく質は、良質なタンパク質としても知られており、必須アミノ酸とタンパク質の含まれる割合が非常によくアミノ酸スコアが100点な食材です。髪の毛は「ケラチン」と呼ばれるタンパク質で構成されているため、大豆から良質なタンパク質を取って栄養を与えてあげましょう。

 

また、大豆には「大豆イソフラボン」が含まれています。イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをするため髪の毛の寿命を延ばす力があります。

 

 

対策③:しっかり湯舟に浸かり体を温める

寒い季節ほど、ゆっくり体の芯まで湯舟に浸かり体を温めて下さい。湯舟につかることで、2つのメリットがあります。

その①:湯舟につかることで、じっくり毛穴を広げることが出来る

湯舟に浸かり、汗をじんわりかくことで毛穴が広がり栓が浮き出てきます。そうすることで、シャンプーを行った時に毛穴詰まりを解消しやすくなるのです。しかし、正しいシャンプーが出来ていないと、毛穴が開いても頭皮をきれいにすることが出来ません。

正しいシャンプーの仕方
  1. お風呂に入る前に、側頭部と後頭部を指の腹を使ってもみほぐして血行を良くする。
    (強くマッサージする必要は一切ありません。)
  2. 髪の毛を濡らす前に、ブラッシングで大きいフケやほこりを落とす。
  3. 半身浴をして、軽く汗ばむまでつかり毛穴を広げる
  4. シャワーで湯シャンプーのみ(1分以上)
  5. 軽く水気を落としたら少量のシャンプーを手に取り、髪の毛全体につける。
    (頭皮にはまだつけなくてよい)
  6. 軽くゆすぎ、その後もう一度シャンプーを取り、全体になじませる。
  7. 指の腹で頭皮をもみ洗い&マッサージ
    (後ろ ⇒ 横 ⇒ 上 ⇒ 前の順番で洗う)※爪は立てずに洗う
  8. シャワーで完全にシャンプー剤を落とす。入念に。毛穴から落としていくイメージです。
  9. トリートメントは頭皮につけず、髪の毛に馴染ませるのみ。時間はおかず洗い流す。
  10. タオルドライは、こすらず押し付ける感じで行う。
  11. ドライヤーは根本から乾かしていく。

その②:リラックス効果による血管弛緩

湯舟に浸かることで、仕事モードの体からリラックスモードへと変換することが出来ます。リラックスした人の神経は、副交感神経が優位の状態です。副交感神経が働くと、血管が拡張し血行を促進する働きがあります。結果として、冬の寒さで細くなってしまった血管を広げることが出来、髪へ栄養を届けることが出来ます。

 

また、リラックスしている状態は、ホルモンの一つセロトニンが分泌されます。セロトニンは、別名「幸せホルモン」とも言われ、不安・悩みが軽減する効果があります。その結果、いつもより質の高い睡眠を取ることが出来ます。

 

冬の抜け毛対策を行い、寒さに対抗しよう

いかかでしょうか?

季節によって、抜け毛が増える季節・髪の毛が生えにくいなどがあります特に冬の寒い季節は、血流不良や乾燥による頭皮トラブルが起きやすい季節です。しっかりと、季節に合った対策を行い、抜け毛予防を行うことをおススメします。

 

急に抜け毛が増えた・地肌が見えるなど不安な時は、一度ご相談下さい。

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。