寒くなる季節ほど、薄毛治療のチャンス!季節に負けず髪の毛を増やせ!

こんにちは。

これからどんどん寒くなる季節がやってきます。

この寒くなる時期こそ、薄毛・AGA治療のチャンスであることをご存知ですか?

新年度に向けてこれから育毛・発毛活動に取り組めば気持ちだけでなく、頭皮も生まれ変わることが可能なのです。

では、なぜこの時期が薄毛治療に適しているのかお伝えします。

今こそ、薄毛治療のチャンス!

髪の毛増やすぞーー!!みんな続けー!

メリット

帽子で隠せる

帽子は、防寒対策として自然と薄毛を隠すことが出来るアイテムです。

夏とは違い寒い季節は、被っていても不自然でもない! 更に、帽子の中が蒸れにくい!

寒い季節の方が、帽子のバラエティーも豊富です。

ニット帽を着用することで、生え際から後頭部まで全て隠すことが出来ます。

 

冬に帽子をかぶるメリットはまだまだあります。

それは、頭皮の保温効果と肌の乾燥防止です。

帽子を被ることで、外界の冷たい空気と直接触れることなく、頭皮を温かく保つことが出来ます。

気温が下がると末端部分から血行が悪くなってしまうため、血流が滞りがちです。

血流の確保は、髪の毛を生やす上で必須の条件です。

その血流の悪化を防ぐことが出来ます。

また、冬は湿度が低く乾燥しやすいのも特徴の一つです。

帽子を被ることで、頭皮からの水分の蒸発を防ぎ乾燥によるフケを防ぐこともできます。

 

さらに、さらに、冬に帽子を被るメリットはあるのです!

それは、髪の毛をセットするためのワックスを付けなくて済むことです。

ワックスは、多くの油分が含まれているため、育毛活動の妨げになる可能性が高いのです。

帽子を被れば、ワックスを付けなくても大丈夫なため、頭皮をきれいな状態に保つことが出来ます。

寒くなる時期こそ『帽子』を被ってコッソリ薄毛治療をしちゃいましょう!

ただし、かぶりすぎによる蒸れには注意してくださいね!

自宅や室内では極力外し、頭に新鮮な空気を当ててあげましょう。

汗をかきにくい

寒い季節は、外を歩くだけで汗をかくなんてことは起きないですよね。

運動して汗を流すのは良いのですが、普段の生活での汗は拭きとりが不十分なため、

皮膚に汗の成分が残りやすいのです。

皮膚についたままにしておいくと、皮脂と結合して嫌な匂いの原因になったり雑菌を増殖させます。

その心配は寒い時期だと軽減することが可能です。

 発毛技能士より、ワンポイントアドバイス

汗をかきにくいデメリットもあります。

それは、基礎代謝が落ちやすいことです。

体内に老廃物が溜まりやすくなるので、普段の生活で汗を流さない分を有酸素運動などを

日々の生活に取り入れて『汗をかく習慣』を取り入れてあげましょう。

そうすれば、冬での発毛効果を十分に発揮することができます。

鍋がある

 

冬には、鍋があるのです。野菜たっぷり栄養価が多い鍋です。

私も、10月あたりから週に1度は鍋をするほど好んで食べております。

この鍋は、どんなお野菜・どんなお肉を入れてもおいしく食べることが出来ます。

そのため、日々の食卓に鍋を取り入れることで、簡単に髪の毛に必要な栄養素を摂取することが出来るのです。

また、季節の野菜を食べることが出来ます。

旬の野菜は、その食べごろの時期がもっとも野菜の栄養価が高いとして有名です。

ですので、野菜・お肉・大豆など鍋を使って積極的に摂取するようにしましょう。

「髪の毛にはどんな食材がおすすめ」はこちらの記事を参考にしてください。

発毛技能士より、ワンポイントアドバイス

髪の毛によい鍋の種類を2つご紹介します。

1つ目はキムチ鍋です。

トウガラシに含まれるカプサイシンは、大豆に含まれるイソフラボンと一緒に摂取すると、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)が放出されます。

このCGRPが毛乳頭細胞に作用すると、成長因子であるIGF-1を増加させ髪の毛の育毛に手助けしてくれます。

そのため、キムチ鍋には、具材に豆腐を入れて食べて下さいね。

2つ目は豆乳鍋です。

大豆は、豊富なタンパク質を含ます。

しかも、このタンパク質が超良質なのです!

必須アミノ酸とタンパク質の含まれる割合が非常によくアミノ酸スコアが100点な食材なのです。

髪の毛は「ケラチン」と呼ばれるタンパク質で構成されているため、大豆から良質なタンパク質を取って栄養を与えてあげましょう!

また、それだけなく大豆にはイソフラボンも含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをするため髪の毛の寿命を延ばす力があります。

より育毛・発毛活動に取り組んでいくなら『キムチ鍋と豆乳鍋』は必須ですね!

 

水場が減る

薄毛で悩む人の天敵。

そう「水」です。

冬は、夏などに比べ、水場に行く機会が減るメリットがあります。

夏のような「子供がプールに行きたいと付いて行って、その後鏡を見て落胆する」などといった

ことは冬には起きないので安心ですね。

他人とは、薄毛を隠した万全の状態で会うことが出来ます。

精神的負荷がないことは、気持ち的にもすごい楽になるますよね。

長期休暇がある

寒い季節。

想像するのは、『冬休み、正月休み』

みかんにこたつ、人によっては寝正月を過ごす方もいるのではないでしょうか?

家にいる時間が長くなるほど、髪の毛のケアに時間を当てることが出来ます。

 

決められた時間に育毛剤を付ける

しっかりと湯舟で温まってから頭皮シャンプー

じっくり頭皮マッサージ

 

最大限のケアをすることが出来るでしょう。

また、仕事のストレスからも解放され、リラックス出来ますよね。

リラックスすることは、育毛にも効果があります。

リラックスした人の神経は、副交感神経が優位の状態です。

副交感神経が働くと、血管が拡張し血行を促進する働きがあります。

また、幸せホルモンであるセロトニンが分泌され、不安・悩みが軽減しますので
しっかりとした睡眠を取ることもできるのです。

 

湯舟につかる

 

寒い季節ほど、ゆっくり体の芯まで温かくなりたいものです。

湯舟につかることは、私がお客さまに推奨している行動の一つです。

夏だと暑くてシャワーだけの人も、冬だったらゆっくり半身浴出来ますよね。

湯舟につかることで、じっくり毛穴を広げることが出来です。

汗をじんわりかくことで、毛穴が広がり栓が浮き出てきます。

その後、正しい方法で洗髪が出来れば、次第に『よい頭皮』へと変わっていきます。

しかし、正しいシャンプーが出来ていないと、毛穴が開いても頭皮をきれいにすることが出来ません。

正しいシャンプーの仕方

①お風呂に入る前に、
側頭部と後頭部を指の腹を使ってもみほぐして血行を良くする。
(強くマッサージする必要は一切ありません。)

②髪の毛を濡らす前に、ブラッシングで大きいフケやほこりを落とす。

③半身浴をして、軽く汗ばむまでつかり毛穴を広げる

④シャワーで湯シャンプーのみ(1分以上)

⑤軽く水気を落としたら少量のシャンプーを手に取り、髪の毛全体につける。
(頭皮にはまだつけなくてよい)

⑥軽くゆすぎ、その後もう一度シャンプーを取り、全体になじませる。

⑦指の腹で頭皮をもみ洗い&マッサージ
(後ろ ⇒ 横 ⇒ 上 ⇒ 前の順番で洗う)※爪は立てずに洗う

⑧シャワーで完全にシャンプー剤を落とす。入念に。毛穴から落としていくイメージです。

⑨トリートメントは頭皮につけず、髪の毛に馴染ませるのみ。時間はおかず洗い流す。

⑩タオルドライは、こすらず押し付ける感じで行う。

⑪ドライヤーは根本から乾かしていく。

ぜひ、参考にしてくださいね。

頭皮環境を整えることが、薄毛改善の一歩となります。

 

デメリット

もちろん、寒い時期に育毛活動を行う上で、良いことだけではありません。

そのため、髪の毛を育てるために、以下の項目について気を付けて下さいね。

血流が悪くなる

寒い時期は、血流が悪くなりがちです。

寒い時期に血の巡りが悪くなる理由は、「体温調整」のためです。

人間の身体には、体温を一定に保とうとする調節機能があります。

低温の環境下では、体内の熱を外へ逃がさないように血管が収縮します。

すると、栄養や酸素が行き渡りにくいのと同時に、老廃物もたまりやすくなります。

特に、末端部分から血流が悪くなるため、頭皮から血流が悪くなっていくのです。

良い血が届かなければ、その分よい髪の毛を育毛することが出来ません。

寒い時期はしっかり体を温めてて、血流を促してあげる必要があります。

乾燥しやすい

 

 

皮膚の表皮では、皮脂と汗が混じり合って皮脂膜を作り、天然のクリームとなって皮膚をおおっています。

ところが、冬には寒気が肌の血行や新陳代謝を悪くして皮脂や汗が出にくくなり、

冷たく乾燥した風が肌の水分を奪うため、

肌の水分が不足して肌あれするのです。

 

発毛技能士より、ワンポイントアドバイス

冬になると、乾燥肌に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

そのような方は、お風呂入った際に洗剤を使わないお湯のみのシャンプー「湯シャンをおすすめしています。

お湯のみでも髪の毛の汚れは7割ほど取れます。

寒い季節は汗や皮脂の量が減るためそこまで頭皮が汚れない人がほとんどです。

乾燥肌の人は2日1度、湯シャンのみを実施してみてはいかがでしょうか。

寒さに負けず髪の毛を増やそう!

いかかでしょうか?

季節によって、髪の毛が生えにくいなど多少なりあります。

寒い季節は、比較的周りの目線を気にせず治療に専念することが出来る時期です。

当店では、多くのお客様が平均6か月で髪の毛が生えてきたことを実感して頂いております。

ということは、11月~12月に対策すれば、新年度の4月~6月には嬉しい結果を導き出すことが出来る可能性が十分にあります。

薄毛・抜け毛に悩んでいる人は今が治療するチャンスですので、一度専門家に相談してみてくださいね。

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。