シャンプー時の抜け毛の平均本数は男性と女性で違う?薄毛の危険性を解説

シャンプー 抜け毛

ふとシャンプーの時の抜け毛の本数が気になって「20代から薄毛になる人もいるよな?俺は大丈夫かな…。」「最近髪のボリューム減ってきたかも…。」と、悩み始めていませんか?

抜け毛の本数が多いことは、薄毛が気になる人や悩んでいる人にはシビアな問題です。

今回はシャンプー時の平均抜け毛本数と薄毛の危険性、また男性と女性では抜け毛の平均本数が違うのかなどについて解説します。

抜け毛が気になる方は、これを機にどれぐらい抜けているのか、排水溝に溜まった抜け毛やシャンプーの際に手についた抜け毛に着目してみてください。

当院での発毛療法を行ったお客様の症例

目次

シャンプーで抜ける髪の毛の本数の平均ってどれぐらい?

シャンプー 抜け毛 本数

シャンプー時の抜け毛が増えてきたと悩んでいる方の中には、1日大体どのぐらいの抜け毛があり、何本以上が危険信号なのかということが気になっているのではないでしょうか?

抜け毛が多いことに加えて「地肌が見え始めてきた、髪のハリ・コシが減ってきた」と感じる場合、薄毛の危険性が高まっている可能性が高いです。

まずは、通常時の抜け毛の平均本数や薄毛の危険性が高い抜け毛の本数について、分かりやすく解説していきます。

通常時の抜け毛の平均本数

髪の毛の毛量が多い人・少ない人によって個人差はあるものの、結論から言うと1日大体80~100本程度が正常範囲内と言われています。

これは1日を通した抜け毛の本数で、日常生活の中で歩いている時や寝ている時なども、抜け毛は発生していますし、シャンプー時の抜け毛も含んだ平均本数です。

元々、人の髪の毛は平均して約10万本ほどの本数があるため、全体の0.1%(100本)程度であれば正常なヘアサイクルによる抜け毛だと考えられます。

シャンプー時の抜け毛の平均本数

1日を通した抜け毛の平均本数が80~100本程度だとお話しましたが、ではシャンプー時だけとなると正常な平均抜け毛本数はどのくらいなのでしょう?

実は1日の中でも最も抜け毛が多いのはシャンプー時で、シャンプー時にはすでに抜けていた髪の毛やヘアサイクルで抜ける時期に入っている髪の毛が抜け毛になるためだと言われています。

おおよその目安ではありますが、シャンプー時の平均抜け毛本数が30~50本程度でしたら正常な範囲内だと考えてよいでしょう。

男性と女性での平均抜け毛本数に差は無い

基本的には、1日の平均抜け毛本数に男性と女性で差はありません。ただし、日によっても抜け毛の本数は違いますし、季節やヘアスタイル・個人差ももちろんあります。

ただ、髪の毛が長い・太いという場合は、実際に抜けている本数よりも多く見える場合があるでしょう。

また、男性は女性と比較するとヘアサイクルが短いことがあるため、女性よりも男性の方が抜け毛の平均本数が若干ですが多い傾向があるとも考えられます。

シャンプー時に100本以上抜け毛があると薄毛の危険性大

日常的にスタイリング剤を使用している、また髪の毛を結んでいる方の場合は、生活の中で抜け毛が落ちることが少ないため、シャンプー時に抜け毛が多いように感じることがあります。

また、後述しますが夏~秋や冬~春には抜け毛が増えることがあるため、一概には言えませんが1回のシャンプーで80~100本以上抜け毛が確認出来る場合は、薄毛の危険性が高いです。

とはいえ、抜け毛の本数が多くてもその分新しい髪の毛が育っているようであれば、過剰に薄毛を心配する必要はないでしょう。

そもそも、なぜ髪の毛は抜けるの?

髪の毛 抜ける 理由

通常、髪の毛には寿命があり、成長しきった毛は抜け落ち、やがて新しい毛が生えてくるというヘアサイクルを繰り返しており、健康な髪の毛は男性であれば3~5年、女性であれば4~6年かけて伸び続けます。

ヘアサイクルは成長期(3~6年)・退行期(2週間)・休止期(3~4か月)という3つのステージに分かれており、ヘアサイクルの乱れが起こると成長期の比率が少なくなり、休止期の髪が多くなって抜け毛が多くなるのです。

ヘアサイクルが乱れてしまう原因には様々ありますので、まずはご自身の抜け毛が増えた原因が何なのかを把握してみましょう。

ヘアサイクルの循環で抜け毛になる時期だった

髪の毛は1本1本に独自のヘアサイクルを持っているため、抜け毛となる退行期が重なってしまうと抜け毛が増えたと感じることがあります。

ヘアサイクルが正常に循環しているのであれば、その時期を超えると健康な髪の毛が生えてくるので過剰に心配する必要はありません

ただし、長期間抜け毛の本数が100本以上あるなどという場合は、成長期が短くなってしまっている可能性が高くなるため、早期に専門家に相談する事をおすすめします。

シャンプーなど間違ったヘアケア製品の使用

肌質や髪質に合ったシャンプーを使っていない場合、頭皮が乾燥したり汚れや皮脂を洗い落とせていないなどするため、頭皮トラブルを起こして抜け毛が増えることがあります。

パーマやヘアカラーの頻度が高い方も、頭皮に負担をかけてしまうために抜け毛が増えやすくなり、シャンプー後に自然乾燥させている、また洗う時の力が強いと頭皮を傷つけてしまい頭皮トラブルを起こしやすくなるので注意しましょう。

リンスやコンディショナーなど、髪の毛を保護するものを頭皮に付けてしまうことも、薄毛を促進してしまうことに繋がりますので、シャンプーは正しい方法で行うようにしてください。

生活習慣やストレス

抜け毛が増える原因には、日頃の生活習慣やストレスも深く関係しています。外食やインスタント・ファストフードの頻度が高い場合は、髪の毛に必要な栄養が不足している可能性が高いです。

また日常的に睡眠不足を感じている方も、髪の毛の成長に関わる成長ホルモンの分泌が不足していると考えられ、運動不足であれば血流不足で髪の毛を作る細胞に栄養が届いていない可能性があります。

ストレスを上手く解消出来ない・些細なことが気になってしまうという方は、自律神経が乱れやすく睡眠不足や血行不良になりやすいため、抜け毛が増えるとさらに気になってストレスに感じ、余計に抜け毛が増えるという悪循環を起こしやすいです。

抜け毛を増やす生活習慣とは?【薄毛を進行させるNG行動集】

2020.04.12

季節によっても抜け毛の本数が変動する

季節によって抜け毛の本数が変化することも、知識の一つとして覚えておくと安心できるかと思います。

夏の間、紫外線や汗などによってダメージを受けた髪の毛への影響は約3か月後(9~11月)に現れるため、秋は抜け毛が増える方が多いです。

しかし、季節性にしては抜け毛が多過ぎるなと感じる場合は、ダメージ以外の原因により抜け毛になっている恐れがありますので、一度専門家に相談することをおすすめします。

【恐怖】9月から11月に抜け毛がドッサリ…【突然起きる秋の抜け毛】には理由があるの?

2019.08.27

女性は出産・加齢でも抜け毛が増える

男性はホルモンの分泌が一生のうちで大きく変化することがほとんどありません。一方、女性は生理の周期や妊娠・加齢(更年期)など、ホルモンの分泌がジェットコースターのように変化するのです。

特に妊娠・出産時には女性ホルモンの分泌が一気に上がって出産するまで停滞し、出産と同時に一気に妊娠前以下(ほぼ0)にまで下がってしまうため、出産後には妊娠中に抜けなかった本来退行期にあった髪の毛までが一気に抜け毛となる出産後脱毛症になることがあります。

出産後脱毛症は、基本的に時期が来れば抜け毛が治まりますが、加齢(更年期)によって女性ホルモンの分泌量が年々低下していくと、男性ホルモンの作用が強まり髪の毛の成長期が短縮されることで抜け毛が増えてしまうのです。

AGA・FPHLなど薄毛になる疾患を発症している

抜け毛が増える原因として、40代以降の男性・女性に多いのはAGA(男性型脱毛症)やFPHL(女性型脱毛症)の発症です。

男性のAGAは頭頂部や前頭部の生え際の髪の毛が細くなりボリュームが減る、女性のFPHLは頭部全体が満遍なくボリュームが減る・または髪の毛の分け目が目立つなど、多少の違いはあれどホルモンの分泌が関わっています。

また、円形脱毛症は部分的に抜け毛が増えてしまいますし、甲状腺機能に関わる疾患や感染症などでも抜け毛が増えることがあります。急激に抜け毛が増えたと感じたら何らかの病気が関わっている可能性を考え、医療機関を受診するか薄毛の専門家に相談してみてください。

抜け毛の本数よりも注目するべきは毛根の形や髪の毛の長さ

毛根 髪の毛

抜け毛の本数が増えてしまうと薄毛になるのではと不安になってしまいがちですが、実際に薄毛になる危険性が高いかを判断するのであれば、毛根の形状や髪の毛の状態に注目することが大切です。

毛根や髪の毛をしっかりと観察してみると、薄毛の危険性が高いかどうかを判断することが出来ます。

正常に退行期を迎えた自然な抜け毛であれば、多少多くても過剰に心配する必要はありませんので、ご自身の自然に抜けた抜け毛と白い紙・虫眼鏡(拡大アプリなど)を用意して、一度観察してみてください。

正常な抜け毛の特徴

正常な抜け毛

通常のヘアサイクルで退行期を迎えた時の抜け毛には、以下のような特徴があります。

正常な抜け毛
  • 髪の毛の長さ:生えている髪の毛と同程度
  • 髪の毛の太さ:現在生えている髪の毛と変わらない
  • 毛根部:しっかり膨らんだ棍棒のような形をしている

抜け毛を確認した際に、上記のような特徴がある抜け毛であれば、正常なヘアサイクルで抜け落ちた髪の毛ですので問題はありません。

それでも抜け毛がひどいと感じるようであれば、シャンプーの種類や洗い方に問題がある場合があります。

シャンプーを選ぶ基準や選び方とは?良い成分と悪い成分も解説

2022.09.16

自分に合うシャンプーの成分と効果を学ぼう【シャンプー剤・基礎知識編】

2019.09.11

危険な抜け毛の特徴①:AGA・FPHLタイプ

危険な抜け毛 AGA FPHL

注意が必要なAGA・FPHLの危険性がある抜け毛には、以下のような特徴があります。

AGA・FPHLの危険性がある抜け毛
  • 髪の毛の長さ:現在生えている髪の毛よりも短い
  • 髪の毛の太さ:現在生えている髪の毛よりも細い
  • 毛根部:毛根部が細く、丸みが少ない

このような髪の毛・毛根の特徴がある抜け毛が増えている場合は、ヘアサイクルが乱れている恐れがあり薄毛の危険性が高いと考えられるので要注意です。

AGAやFPHLは進行型の薄毛ですので、抜け毛がひどいと気になりだした時は、1日でも早く専門家に相談することをおすすめします。

AGA(男性型脱毛症)のメカニズムとは?【原因と治療法について】

2019.12.15

危険な抜け毛の特徴②:円形脱毛症タイプ

危険な抜け毛 円形脱毛症

注意が必要な抜け毛として、円形脱毛症を発症してしまった抜け毛があり、その特徴は以下の通りです。

AGA・FPHLの危険性がある抜け毛
  • 髪の毛の長さ:生えている髪の毛と同程度
  • 髪の毛の太さ:現在生えている髪の毛と変わらない
  • 毛根部:形がいびつ・ちぎれたようになっている・尖っている

髪の毛自体では判断が付きにくいため、急激に抜け毛がひどいと感じた場合は毛根を観察し、上記のような特徴があれば円形脱毛症が疑われます。

円形脱毛症は、自己免疫細胞のTリンパ球が毛根を異物と間違えて攻撃してしまうために発症すると考えられています。その激しい攻撃により毛根が傷んで、元気な髪の毛でさえ突然抜け落ちてしまうのです。しかし、なぜTリンパ球の働きに異常が生じてしまうのかは、現状では明らかになっていません。

また円形脱毛症は、軽度の場合であれば数か月で自然と治癒しますが、多発性や全身性の場合は数年単位で治療する必要があります。

知らずに出来る10円ハゲの原因とは?円形脱毛症の具体的な対策も合わせて紹介

2021.09.19

抜け毛の太さや長さにも注目

抜け毛が気になる時はつい本数にばかり気を取られてしまうのですが、抜け毛の太さや長さ・毛先の形状にも注目していただく事が重要です。

特にAGAやFPHLを発症している場合は、側頭部や後頭部の髪の毛と比較して細い抜け毛や短い抜け毛が増えますし、毛先が尖っている抜け毛は前回カットした後に生えてきている髪の毛だと考えられるため、成長期が短くなっている可能性があります。

そのため、抜け毛がひどい時にはまず抜け毛の毛根と一緒に太さや長さもしっかりと観察するようにしましょう。

危険な抜け毛かの判断は専門家にお任せください

ご自身で危険な抜け毛かどうかを判断していただけるよう、チェックする項目をご紹介してきましたが、実際に薄毛へと進行するような危険な抜け毛かどうかを判断できかねる場合が多いです。

万が一、薄毛に進行してしまうような危険な抜け毛だった場合は、一人で考えて不安になっていると余計に進行してしまう可能性が高いので、まずは専門家に相談して判断してもらう事が必要になります。

的確に判断してもらうことで対策も立てやすくなりますし、改善するスピードや期間も速く短くなりますので気軽に専門家までお問合せください。

    薄毛の危険性がある抜け毛かどうかを判断します!
    専門家への相談はこちら

抜け毛はシャンプーの方法でも予防出来る

シャンプー 抜け毛 予防

シャンプー時の抜け毛が特に気になるという方は、まずは普段何気なく行っているシャンプーの方法や種類を見直してみましょう。

正しいシャンプーの洗い方が出来ていないと、洗っている間に髪の毛を引っ張ってしまい抜いてしまうこともあります。また、洗い方が正しくないと、洗い残しやすすぎ不足から薄毛や頭皮トラブルに繋がってしまいます。

当然、頭皮にとっては良くない環境となりますので、抜け毛の原因になり得ます。そうなってしまわないように、正しいシャンプーの方法を学び髪の毛のケアをしましょう。

正しいシャンプーの方法①肌質に合ったシャンプーを選ぶ

まず重要なのは、自身の肌質や髪質に合ったシャンプーを選んで使用する事です。乾燥肌の方が皮脂を取りすぎるシャンプーを使用すると、より乾燥が進んでしまい皮脂の分泌が過剰になってしまうことがあります。

また反対に皮脂のべたつきが気になる方は、洗浄力の弱いシャンプーを使うと余分な皮脂が取りきれずにべたつきが悪化する場合もあるので、自分に合う洗浄力のシャンプーを選ぶことが重要です。

基本的にはシャンプーの成分表示欄を見た時に、水の次に「ココイル」「ラウロイル」から始まる成分があるアミノ酸系洗浄成分が使われているものがおすすめです。

しかし、脂性肌でべたつきが気になる方であれば洗浄力・脱脂力がやや強めの「ラウレス-4カルボン酸Na」や「ココイルメチルタウリンNa」が使われているシャンプーを探してみてください。

正しいシャンプーの方法②ブラッシングをする

続いての正しいシャンプーの方法は、髪の毛を濡らしてしまう前に獣毛ブラシやクッション材の付いたブラシを使い、髪の毛や頭皮に付いた汚れやゴミ・ホコリを取ることです。

生え際から頭頂部に向かってブラッシングする際に、ブラシの先端を頭皮に当てることで血流を促す効果もあります。

髪の毛を濡らす前にブラッシングを行うことで、絡まった髪の毛をほどき洗っている最中に誤って抜いてしまわないようにするという効果もあるので、シャンプー前にブラッシングすることを癖づけましょう。

正しいシャンプーの方法③お湯の温度は36~39℃程度

正しいシャンプーの方法で次に重要なのは、使用するお湯の温度です。皮脂は体温と同程度(34℃以上)で液状になりますが、40℃以上のお湯を使用すると熱さで必要な分の皮脂までも取り除いてしまうため、体温と同程度のぬるま湯を使うようにしましょう。

頭皮は手や足などの皮膚と比べるととても敏感で乾燥しやすいので、皮脂を取りすぎてしまうと皮脂分泌が過剰になってしまう、またフケやかゆみの原因にもなります。

頭皮にダメージを与えてしまわないよう、シャワーの温度は体温と同じか少し高めの36~39℃程度に設定しましょう。

正しいシャンプーの方法④しっかりと予洗いをする

続いての正しいシャンプーの方法は、シャンプーを付ける前にしっかりと予洗いをすることです。髪の毛全体はもちろん、頭皮まで十分に濡らしつつ指の腹を使って頭皮をこすらないように洗います。

この時、シャワーヘッドを頭部に近づけながら行うと頭皮までしっかりと濡らすことが出来ます。また、時間は3分程かけると洗い残しが無くなりますが、髪の毛が短い方であれば1分程度でも構いません。

特に毎日スタイリング剤を使っているという方は、手で髪の毛を軽くほぐした状態で予洗いを行うと、スタイリング剤が柔らかくなり取りやすくなるので、是非試してみてください。

正しいシャンプーの方法⑤軽く泡立てたシャンプーで入念に洗う

正しいシャンプーの方法として、泡立てたシャンプーを髪の毛に乗せるという説がありますが、CMなどで見るようなモコモコの泡でなくても大丈夫です。

適量のシャンプーをしっかり濡らした手に取ったら、両手を合わせて円を描くように動かし軽く泡立てた状態で髪の毛に付けましょう。シャンプーを付けた場所を爪が立たないよう、指の腹を使って大きく円を描くようにすると、どんどんと泡立ってきます。

十分に泡立ったら、爪を当てない・頭皮をこすらないように気をつけつつ、頭皮をもむような感覚で全体を細かくしっかりと洗いあげてください。

この時、泡立ちが悪いようであれば予洗いが十分でなかったり、スタイリング剤が十分に柔らかくなっていないことが原因です。こういった場合は軽く洗った後に一度洗い流し、再度シャンプーを泡立ててからもう一度やり直しましょう。

正しいシャンプーの方法⑥シャンプーの泡をすすぐ

十分に頭皮を洗うことが出来たら、今度はシャンプーの泡や成分が残らないようにしっかりとすすぎましょう。シャワーヘッドを近づけ、顔を上に向けて上から下へと泡が流れることを意識します。

すすぎ残しがあると頭皮が乾燥したり炎症を起こしてしまう原因になるので、シャンプーをした時間と同程度から少し長めの時間をかけ、少しきしむ感覚がするくらいしっかりとすすいでください。

前頭部の生え際(おでこ)や耳の上・裏側、首筋あたりは洗い残しやすすぎ残しが多くなりやすい場所なので、しっかりとシャワーが当たるようにしながら空いている手を使ってすすぐことに注意しましょう。

正しいシャンプーの方法⑦コンディショナー・トリートメントを付ける

正しいシャンプーの方法として、コンディショナー・トリートメントを付ける場合は髪の毛の毛先から中間程度までにして下さい。頭皮に付くと毛穴詰まりを起こす可能性が高くなるので、決して頭皮に付けてしまわないように注意しましょう。

この時、軽くタオルドライをして水分を取っておくと、コンディショナーやトリートメントの成分が吸収されやすくなるのでおすすめです。

傷んだ毛先には30秒ほど揉みこみ、製品の使い方に放置時間がかかれていない場合は、馴染ませた後は放置せずにぬめりが無くなるまでしっかりとすすぎます。

正しいシャンプーの方法⑧タオルドライを十分に行いドライヤーで乾かす

頭皮と髪の毛を洗い終わったら、髪の毛をこすらないようにタオルドライし、速やかにドライヤーで髪の毛の根元から乾かしていきましょう

順番としては、乾きにくい襟足や癖がついてしまうと困る前髪から後頭部・耳周りと、ドライヤーは左右に振るようにし、持っていない方の手で髪の毛をかき分けながら、風が頭皮にあたるようなイメージで乾かしていきます。

乾かすのに時間がかかるという方は、ドライヤーをする前に目の粗いコームを使って髪の毛を梳かしておくと、乾きやすくなります。またドライヤーは必ず頭部や髪の毛と20cm程度の距離を開け、熱によるダメージを与えないよう注意してください。

ドライヤーをすると抜け毛がドッサリ…。抜け毛が多い人向けの正しい乾かし方とは?

2022.11.25

【最重要】育毛はシャンプー選びより【髪の洗い方】を意識しよう

2019.05.14

抜け毛を予防・減らすための対策5選

抜け毛 ひどい 対策

最後に、気になる抜け毛の本数を減らす・また予防するために行って頂きたい対策を5つご紹介していきます。

現在ひどい抜け毛で悩んでいる方を始め、将来的に薄毛になりやすい方や季節の変わり目などに抜け毛が増えるという方は、是非これからご紹介する対策を試してみてください。

抜け毛を減らす対策:生活習慣を見直す

1つ目の抜け毛を減らす対策、まずは生活習慣を見直すことです。基本的に規則正しい生活を送ること、栄養バランスの取れた食事を摂る・適度に運動をするということは、髪の毛の成長に大きく関与しています。

また髪の毛や頭皮が受けたダメージは、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって補修・回復するため、しっかりと質の良い睡眠をとるということも重要です。

規則正しい生活習慣は皮脂の分泌を適切にし、頭皮環境を整えるためにも必要なことなので、薄毛が進行してしまう前にしっかりと抜け毛を減らせるように生活習慣を改善していきましょう。

抜け毛を減らす対策:ストレスを減らす

2つ目にご紹介する抜け毛を減らす対策は、日頃受けているストレスを減らすことです。ストレスと言うと人間関係や不安などを思い浮かべる方が多いですが、気温や空気中に含まれる有害物質なども含まれます。

人の身体はストレスが蓄積されると自律神経のバランスが乱れ、寝つきが悪くなったり熟睡できない・血流が悪化してしまうなど、髪の毛にとっても良くない症状が現れてしまい抜け毛が増える・薄毛になるなどしてしまうのです。

ストレスが出来るだけこまめに解消することが大切なので、体を動かすスポーツや心を癒す動画や小説などを楽しむ、日光浴や旅行をするなどもおすすめですし、家でのんびりと休むなどもストレスを軽減させます。

抜け毛を減らす対策:出来るだけ湯船に浸かる

3つ目の抜け毛を減らす対策として、出来るだけ毎日湯船に浸かることも必要です。髪の毛は血液によって栄養や酸素を受け取り成長するため、毛細血管までしっかりと血液が届くよう血流を促進しましょう。

血流を促進するためには血液がドロドロでは意味が無いので、入浴前・入浴中やお風呂から出た後はもちろん、日頃からしっかりと水分を補給することを忘れないでください。

基本的に水分補給の際は水が適しているのですが、ノンカフェインの麦茶やジャスミン茶・ルイボスティーなどでも構いません。ただし、カフェインが入っているコーヒーや緑茶は利尿作用がありますし、スポーツドリンクや清涼飲料水は糖分過多になるので避けましょう。

抜け毛を減らす対策:頭皮を保湿する

4つ目の抜け毛を減らす対策は、乾燥しがちで敏感な頭皮を保湿することです。頭皮が乾燥してしまうと、フケやかゆみが起こりやすくなり頭皮がダメージを受け、抜け毛が増えやすくなります。

洗浄力が強い成分のシャンプーを避けることは大前提で、その上で頭皮に潤いを与える保湿ローションやオイルを使用すると良いでしょう。

ただし、エタノールや香料・着色料が多いものやシリコン(合成ポリマー)が含まれているものは、頭皮にダメージを与えたり毛穴を詰まらせることがあるので、必ず成分表示を確認して避けるようにしてください。

抜け毛を減らす対策:頭皮へのダメージを減らす

最後にご紹介する抜け毛を減らす対策は、髪の毛を作る細胞が詰まっている頭皮へのダメージを減らすことです。紫外線が強い時期は帽子や日傘などで避ける、ドライヤーの熱は同じ場所に当て続けないことから始めましょう。

またパーマやヘアカラーの頻度は最低限にし、髪の毛が汚れたまま就寝しないことや髪の毛が長く結んでいる方は、帰宅したらすぐにほどくなども頭皮へのダメージを減らすことに繋がります。

頭皮が受けたダメージを回復させる為には睡眠も重要なので、出来るだけ頭皮が受けるダメージを減らしながら、しっかりと質の良い睡眠をとるようにしましょう。

シャンプー時の抜け毛が気になる!男性と女性の平均抜け毛本数や薄毛への危険性を解説まとめ

本記事ではシャンプー時の抜け毛が増えたと不安な方に向け、男性と女性の平均抜け毛本数を始め薄毛の危険性がある抜け毛の確認方法、抜け毛を減らす対策を解説いたしました。

結論としては、平均抜け毛本数に男性・女性での差はありませんでしたし、抜け毛の原因は多岐に渡り薄毛の危険性が高い抜け毛は髪の毛の長さや太さ・毛根に特徴があるということが分かって頂けたかと思います。

薄毛は進行性の場合が多く、放っておくとなかなか改善しないどころか、薄毛の範囲が広がってしまいます。そのため、抜け毛が気になってきた方は、早めに対策するためにも専門家に相談して自分に合った対策方法を教えてもらいましょう。

発毛技能士として、頭皮トラブルや薄毛で悩む方をこれまで数多く見てきましたが、早めに対策した人ほど髪の毛が生えやすい傾向にありますので、まずは気軽にご相談ください。

お試し体験コースはこちらから

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

東京で薄毛・発毛治療なら、
スーパースカルプ吉祥寺
にお任せください!

発毛症例1000件以上の実績を持ち、約9割がAGA治療・薄毛治療に内服薬を使わずに発毛を実感して頂いております。そのため、副作用や薬への抵抗性を心配せずにAGA治療・発毛治療に専念出来ると好評です。

  • 発毛実績
    1000件以上
  • 内服薬に
    頼らない
  • 吉祥寺駅から
    徒歩5分
たった1回でも大好評
目次
閉じる