ミノキシジルタブレットをやめるタイミングとやめた後の身体の変化を解説

ミノキシジルタブレット やめると

AGA治療や薄毛改善のために、すでに内服薬を服用している方は多いのですが、AGA治療薬はやめ時が難しく注意して行う必要があります。

特にミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)は薄毛治療に対する効果が非常に高いものではあるものの、それと同時に服用をやめると薄毛に逆戻りしてしまうリスクが非常に高い薬でもあるのです。

今回は、AGA治療でミノキシジルタブレットを服用して十分髪の毛が増えたから服用をやめようと考えている方、またこれからミノタブの服用を考えている方を対象にミノタブをやめる適切なタイミングとやめ方、やめた後に体感する身体の変化を解説いたします。

目次

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)ってどんな薬?

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)は、元々高血圧の治療薬として開発された医薬品であり体内の血管(動脈)を拡張し血流を増加させることで、髪の毛へより栄養や酸素を行きわたりやすくするAGA治療薬です。

ミノキシジル自体は発毛効果が高く、多くのクリニックでも処方されるAGA治療薬の一つで男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版にある通り、薄毛に対して有効性が確認されている成分でもありますが、内服薬(ミノキシジルタブレット)となると副作用等の問題により推奨されません。

ミノキシジルタブレットの効果とは

ミノキシジルには血流を改善するほか、髪の毛を作る毛包の細胞を増殖・タンパク質の合成促進という2つの作用によって髪の毛を生やすという効果、また成長期を維持する事によってAGAで縮小してしまった毛包をもう一度大きく変化させるという効果があります。

これらの効果によって細くなってしまった髪の毛を、もう一度太く強くする事が可能になり薄毛を改善することが出来るのです。

とはいえ、ミノキシジルは効果が出やすい方と出にくい方が存在し、またミノキシジルタブレットは副作用を起こす確率が高く日本国内では高血圧症治療薬としても認可されておらず、AGA治療薬としては世界各国でも認可されている国はありません。

ミノキシジルタブレットの副作用について

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の副作用には、以下のようなものが報告されています。

ミノキシジルタブレットの副作用
  • ほてり
  • 頭痛
  • 動悸
  • 多汗
  • 慢性的な倦怠感
  • 全身の体毛が増える(多毛症)
  • めまい
  • むくみ
  • 体重増加
  • 血圧低下
  • 心不全など

前述した通りミノタブには血管を拡張させる働きがあるため、血流を促進するアルコールの摂取やバイアグラなどのED治療薬、また交感神経刺激薬との併用は禁止されています。

関連記事:
・ミノタブとアルコールは危険?ミノキシジルタブレットの併用禁忌一覧
・ミノタブとフィンペシアの併用は良い?非認可薬のAGAへの効果と副作用を解説

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の服用をやめるタイミングは?

ミノタブ やめる タイミング

AGAの治療効果を少しでも高めたいと、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)を服用し始めた方がミノタブをやめるタイミングにはどのようなことがあるのでしょうか?

十分に効果が得られたという場合であっても、完全に服用をやめるとまた抜け毛が増えるというのがAGA治療薬なのですが、完全にミノタブをやめることが推奨されるタイミングには以下のようなことがあります。

ミノタブをやめるタイミング:金銭的に継続が難しくなった

AGAの治療は薬の服用を始めると、髪の毛を増やしたいと思わなくなるまで継続しなくてはならないため、その期間はAGA治療薬の料金を支払い続ける必要があります。

最初はミノキシジルタブレットの濃度も低く、あまり高額にならない場合もあるのですが、効果が得られないと複数の治療薬を処方されたり濃度が高くなって、結果的に治療費が高額になってしまうことが多くなってしまうのです。

ミノキシジルタブレットの相場を見ても、大手クリニックの場合は安くても5,000円前後~高い所だと1万円を超える月額料金となり、またミノタブを処方してくれるクリニックまでの交通費や半年に1度の血液検査代などもかかるため、金銭的に継続するのが難しくなったならやめるタイミングだと言えます。

ミノタブをやめるタイミング:副作用により健康状態が悪化した

前述した通りミノキシジルタブレットには様々な副作用があり、日常生活を送る上で支障が出るような副作用が起こってしまう可能性があります。

そのため、副作用が起こったタイミング・または起こるかもしれないと不安になることがストレスになる場合は、ミノタブをやめるタイミングだと言えるでしょう。

ただし長期的に使っていた方がいきなりミノタブをやめると、急激に体調が変化して薄毛の状態が悪化してしまう恐れがあるため、濃度を少しずつ少なくしつつ生活習慣も改めながらやめる事をおすすめします。

ミノタブをやめるタイミング:使用しても効果がない

ミノキシジルには効果が出やすい方と出にくい方がいるため、一定の期間服用しても効果が得られないという場合はミノキシジルタブレットをやめるタイミングです。

発毛という効果が出ないまま服用を続けていると、動脈拡張作用から心臓や肺に負担をかけ続けることになり、重篤な副作用を起こす可能性が高くなってしまいますので、半年ほど服用して効果が得られないのであればミノタブをやめるタイミングだと言えます。

またミノタブを服用しても薄毛が進行してしまうなどの効果が出なかった場合は、AGA以外の要因で薄毛になっているという可能性もありますので、AGA専門クリニック以外の薄毛専門家に相談するようにしましょう。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)をやめる時の注意点

ミノタブ やめる時 注意点

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は外用薬よりも体内で作用する力が強いため、やめる時は慎重に正しい方法でやめる必要があります。

ミノタブの服用を止めた際の臨床データはありませんが、実際に当店へ相談に来られた方の中には「急にやめると抜け毛が増えて薄毛が進行した」という方がいらっしゃったので、ミノタブをやめる時の注意点をしっかりと守り、少しでも薄毛の進行を遅らせながら徐々にやめるようにしてください。

ミノタブをやめる時は急にやめない

ミノタブは急に断薬を行なってしまうと、その断薬のリバウンドの影響を強く受けてしまうため、ミノタブをやめるという行動は慎重に行う必要があります。

準備段階として、ミノタブをやめた後も少しでも髪の毛を維持できるように、頭皮環境や生活習慣を変えることを徹底しましょう。

その後、様子を見ながら2.5mgの服用量を1.25mgへ減らすなど濃度や量を少しづつ減らして毛量に変化があるか数ヶ月間確認し、問題がなければさらにミノタブの濃度を減らしてみるなど長期的に行なっていく必要があります。

可能であれば現在処方して頂いている医師の指導のもと実施する、相談しにくい場合は薄毛の専門家や別の医師・薬剤師に相談して減薬していくことがおすすめです。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)をやめた後に身体に起こる変化とは?

ミノタブやめる 身体 変化

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は、AGA治療薬として効果も高い反面で副作用も辛いため、やめることを考える方も多いのですが、実際にミノタブの服用をやめると身体にどういった変化が起こるのでしょうか?

髪の毛や体調など、ミノタブをやめた後に起こる身体の変化について解説いたします。

ミノタブをやめた後に起こる身体の変化:抜け毛が増える

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)をやめた後には、服用する事によって活発になっていた血流や細胞の増殖が止まるため、抜け毛が増えて毛包の収縮が起こり薄毛が進行していきます。

とはいえ、いきなり抜け毛の増加が始まるのではなく、身体の中に残るミノキシジルの成分が徐々に少なくなるにつれて抜け毛が増えていくため、やめた後2~3か月ほどすると気付く方が多いです。

ミノタブを服用して増えた髪の毛は、ミノタブでのみ維持出来るものだという説も出ている程なので、ミノタブの服用を考えている方は継続できるかどうかを考えてから、服用を開始するようにしましょう。

ミノタブをやめた後に起こる身体の変化:副作用が無くなる

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)を服用する事によって起こっている副作用は、ミノタブをやめた後には少しづつ改善していきます。

身体の中にミノキシジルの成分が残っている間は、多毛やむくみ・頭痛などが起こる可能性がありますが、日を追うごとに排出されていくので体調が良くなるという変化を感じていくでしょう。

副作用はミノタブの成分濃度が高いほど出現率も高くなるため、服用する際は1.25mgから始め最大でも5mgにしておかないと重篤な副作用を起こす確率が上がってしまうので、10mgのミノタブを勧めてくるようなクリニックは信用しないようにしてください。

ミノタブをやめた後に起こる身体の変化:髪の毛が細くなる

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)をやめると、服用していた事によって正常になっていたヘアサイクルが乱れ、成長期を維持出来なくなってしまうことから髪の毛が細くなってしまうという変化が起こります。

血液内に成分が残っている間はヘアサイクルも保たれますが、身体の外へ排出されてしまえば髪の毛の軟毛化が始まり薄毛が進行してしまうのです。

髪の毛以外の体毛が多毛になってしまった場所は、その毛包のヘアサイクルが休止期・退行期を経ると元の毛の濃さに戻ります

ミノキシジルタブレットをやめた後に髪の毛を維持するための対策

髪の毛 維持 対策

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の服用をやめた後でも、生えた髪の毛を維持できるようにするための対策があります。

少しでも生えた髪の毛を維持するためにも、これからご紹介する対策を行い薄毛の進行を止められるようにすることで、抜け毛が増えてしまうストレスを減らせるので是非取り組んでみてください。

ミノタブをやめた後の対策:生活習慣の改善

これまではミノキシジルタブレット(ミノタブ)の力によって毛根まで栄養を届けることが出来ていましたが、血液中のミノキシジル濃度が下がるにつれ、血管は縮小していきます。

生活習慣を改善することで血行を促進することが出来ますし、またしっかりと髪の毛に必要な栄養を摂ることで細胞の増殖や活性化を見込めるので、まずは金銭的な負担をかけずにできる生活習慣を改善するという対策を行うようにしましょう。

ミノタブをやめた後に髪の毛を維持する対策
  • 暴飲暴食や脂っこい食事を避け、栄養バランスを意識した食事を摂る
  • 睡眠時間を確保して、自律神経のバランスを整える
  • 適度に運動を行い血流を促進する
  • 血管を縮小させるタバコをやめる

ミノタブをやめた後の対策:ストレスの解消

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の服用中にも言えることではありますが、人はストレスを過剰に感じてしまうことで交感神経が優位になってしまい、血流悪化や睡眠不足・ホルモンバランスの乱れなどが起こります。

これらは全て髪の毛の成長に悪影響を与えてしまうため、出来るだけこまめにストレスを解消できるよう、自分に合った短時間でできるストレス解消法を見つけておくことがおすすめです。

しっかりと眠ることや森林浴、ウォーキングやヨガ・映画鑑賞・創作活動など、室内外問わず行えるストレス解消法を複数準備して、上手にストレスを発散できるようにしましょう

ミノタブをやめた後の対策:頭皮環境を整える

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)をやめた後でも髪の毛を維持する為の対策として、頭皮を髪の毛が生えやすい環境にする事も必要です。

皮脂の分泌量が多いと、酸化して頭皮にダメージを与えたり毛穴の詰まりや炎症を起こしやすくしてしまうので、肌質に合ったシャンプーを使って正しい方法で頭皮を清潔な状態にしておくようにしましょう。

頭皮の皮脂が気になるからと洗浄力の強いシャンプーを使うと、必要以上に皮脂を取り去ってバリア機能が低下してしまう恐れがありますので、アミノ酸系の刺激が少なく皮脂を取り過ぎないシャンプーを使い、優しく丁寧に頭皮をしっかりと洗うようにしてください。

・自分に合うシャンプーの成分と効果を学ぼう【シャンプー剤・基礎知識編】
【最重要】育毛はシャンプー選びより【髪の洗い方】を意識しよう

ミノタブをやめた後の対策:AGAの原因になる物質を減らす

AGA治療のために服用するミノキシジルタブレット(ミノタブ)をやめた後は、ミノタブの代わりにAGAの原因となる物質を減らす働きがあるものを摂取するようにしましょう。

当ブログでもおすすめしている大豆には、大豆イソフラボンという女性ホルモンと似た働きに加えて、また納豆のネバネバに含まれるポリ-γ-グルタミン酸は5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。

髪の毛に必要な栄養の吸収を高める乳酸菌やジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制すると言われるノコギリヤシなど、AGAの原因になる物質を減らして抜け毛を増やさないような栄養を摂取すること、そして水分を普段より意識して摂取するとDHTを体外に排出できるのでおすすめです。

大豆は薄毛・抜け毛へ効果的?髪を意識した大豆の摂取法とは?
ノコギリヤシの育毛効果とは?薄毛(ハゲ)治療への完全教本

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)を完全にやめることが難しいケースもある

残念ながら、毛量を維持しながらミノキシジルタブレット(ミノタブ)を完全にやめることが難しいケースも存在します。

ミノタブを完全にやめることが難しいケース
  • ミノキシジルの感受性が高く強い効果を感じた人
  • 薄毛の進行度が中度から重度の人
  • ミノキシジルタブレットの濃度が高い人

以上のようなケースはミノタブをやめるまでに長期間を要したり、無理に一切飲まないようにしてやめてしまうと、一気に抜け毛が増えてしまうことがあります。

そのようにならないように、少しずつ服用する濃度や頻度を下げるなどして、どの程度まで減らすことができるか慎重に見極めるようにしましょう。

※)ミノタブを完全にやめたいという方は、薄毛の専門家に相談の元で行ない、反作用が強まってしまわないよう徐々に減らすことをおすすめします。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)をやめる適切なタイミング?やめた後に起こる身体の変化を解説まとめ

本記事では、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)をやめるタイミング・やめた後に起こる身体の変化を詳しく解説いたしました。

ミノタブだけにかかわらず、AGA治療薬は一度飲み始めると長期的に飲み続ける必要があるため、数年~数十年のランニングコストを考えると膨大な額になることがあります。

また副作用の症状や効果が無いなど、やめるタイミングはご自身の体感で決めるのが一番ではありますが、正しい方法でミノタブをやめなければ抜け毛が急に増えることがあるので注意が必要です。

ミノタブと比較すると効果としては劣るものの薬に頼らず髪の毛を生やす方法も多く、ミノタブをやめた後に髪の毛を維持する方法もありますし、実際に多くの方が薄毛を改善されています。

当店では豊富な実績と知識からあなたの薄毛を改善するアドバイスと施術を行い、多くの方がAGA治療薬を使わずに発毛を叶えておりますので、ミノタブをやめたいと考えている方は下記よりご連絡ください。

参考文献:
日本ジェネリック株式会社ミノキシジルローション5%
科学技術振興機構ミノキシジルの発毛作用について

お試し体験コースはこちらから

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

東京で薄毛・発毛治療なら、
スーパースカルプ吉祥寺
にお任せください!

発毛症例1000件以上の実績を持ち、約9割がAGA治療・薄毛治療に内服薬を使わずに発毛を実感して頂いております。そのため、副作用や薬への抵抗性を心配せずにAGA治療・発毛治療に専念出来ると好評です。

  • 発毛実績
    1000件以上
  • 内服薬に
    頼らない
  • 吉祥寺駅から
    徒歩5分
たった1回でも大好評
目次
閉じる