ミノキシジルタブレットを辞めると薄毛に逆戻りする?ミノタブを辞めるタイミングや方法について解説

AGA治療や薄毛改善のために、すでに内服薬を服用している方は多いと思います。

その薬、服用の辞めどきが難しく、最も注意して行う必要があります。

AGAの薬は、薄毛治療に非常に効果を発揮しますが、それと同時に服用を辞めてしまうと薄毛に逆戻りしてしまうリスクが非常に高い薬でもあるのです。

今回は、AGAの治療で、「内服薬を服用して髪の毛が増えたため、そろそろ服用から卒業したい方」「これから内服薬の服用を考えている方」を対象にAGA治療薬についてご紹介します。

目次

ミノキシジルタブレットってどんな薬?

ミノキシジルタブレット通称ミノタブは、元々は高血圧の治療薬として開発された医薬品であり、体内の血管を拡張させ血流を増加させることで、髪の毛へより栄養や酸素を行きわたりやすくするAGA治療薬です。

そのため、発毛効果が高く髪の毛を増やす効果として多くのクリニックでも処方されるAGA治療薬の一つです。

ミノキシジル自体は、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版にある通り、薄毛に対して有効性が確認されている有効成分でもあります。

ミノキシジルタブレットの副作用について

ミノキシジルタブレットには次のような副作用が報告されています。

ミノキシジル タブレットの副作用
  • ほてり
  • 頭痛
  • 動機
  • 多汗
  • 多毛症

ミノタブは、前述した通り、血管を拡張させる働きがあるため、ミノタブと同時にアルコールの摂取やバイアグラなどのED治療薬との併用は禁止されています。

関連コンテンツ:
【危険】ミノタブ×アルコールはダメ| ミノキシジル内服と併用NGな薬とは?
ミノタブとフィンペシアは認可されていない薬…。併用なんて危険すぎる!その理由は?

ミノタブを辞めることが難しい理由について

AGAの内服薬であるミノタブを服用して、数ヶ月から数年程度で満足するレベルで髪の毛が生えた後に、ミノキシジルの服用を急に中断する行為は、薄毛に再び戻ってしまうリスクが高いです

理由としては、ミノキシジルの薬効の維持期間が1日未満しか保たないためです。

そのため、ミノタブの服用を中断した次の日には血管を拡張させる効果が急に低下するため、毛根周辺の血管が縮小してしまいます。

そのため、ミノタブの服用を辞めて3ヶ月程度から徐々に抜け毛の増加や毛量の低下を実感し始めます。

ミノタブの力で生やしているため

このように、AGA治療薬を始めて生えてきた髪の毛は、内服薬の力によって強制的に髪の毛を生やしているため辞めたら元に戻ってしまうのです。

このお薬についてのメカニズは、よく畑に例えられて説明されます。

  • 畑の土が「頭皮」
  • 種が「髪の毛」
  • 水が「血流」
  • AGA治療薬が「栄養供給剤」

薄毛が進行してしまっている状態は、畑の土に栄養分がなく、干からびた状態。そこに、栄養供給剤であるAGA治療薬を一時的に供給することで、何とか髪の毛を生やしている状態です。

そのため、AGA治療薬を辞めてしまうと、栄養を与える術が無くなり、抜け毛となってしまうのです。

ミノタブの服用のやめどきは?

ミノタブの服用を断薬するには、急に行なってしまうとその断薬のリバウンドの影響を強く受けてしまいます。

そのため、ミノタブを辞めるためには慎重に行う必要があります。

準備段階として、ミノタブを辞めた後も少しでも維持できるように、頭皮環境や生活習慣を変えることを徹底しましょう。

その後、濃度や量を服様子を見ながら5mgの服用量を2.5mgへ減らしてみて毛量に変化があるか数ヶ月確認する。

問題がなければ、さらにミノタブの濃度を減らしてみるなど長期的に行なっていく必要があります。

可能であれば、現在処方して頂いている医師の指導のもと実施することをお勧めします。

ミノタブをやめる時に合わせて行なって欲しいこと

ミノタブを辞めた事による影響を少しでも軽減するために次のような対策も合わせて行うようにしましょう。

①:生活習慣の改善

これまでは、ミノタブの力によって毛根まで栄養を届けることが出来ていましたが、ミノキシジルの濃度が下がるにつれ、血管は縮小していきます。

そのため、生活の質を改善することで、少しでも血行の促進ができるように対策しましょう。

抜け毛の量を減らすために意識して欲しいこと
  • 暴飲暴食や脂っこい食事ばかり食べず、栄養のバランスを意識する。
  • 睡眠時間を確保して、自律神経のバランスを整える
  • ストレスを緩和させる
  • 適度に運動を行い、血流をあげる

ミノタブを全て断薬することが難しいケースもある

毛量を維持しながらミノキシジル タブレットを全て断薬することが難しいケースも残念ながら存在します。

ミノタブ をやめることが難しいケース
  • ミノキシジルの感受性が高く、強い効果を感じた人
  • 薄毛の進行度が中度から重度の人
  • ミノキシジルタブレットの濃度が高い人

以上のようなケースはミノタブ を辞めるまでの期間に長期間要したり、無理に一切飲まないまで辞めてしまうと、一気に抜け毛が増えてしまうことがあります。

そのようにならないように、少しずつ服用する濃度を下げるなどして、どの程度まで減らすことができるか慎重に見極めるようにしましょう。

※)ミノキシジルの中止をしたい人は、薄毛の専門家に相談の元行なってください。

まとめ

本記事では、「ミノキシジル の内服薬の辞めどきについて」解説しました。

ミノキシジルの薬は、飲み続ける必要がある薬であるため、数年~数十年のランニングコストを考えると膨大な額になることがあります。

飲み薬と比較すると効果としては劣るものの、薬に頼らず髪の毛を生やす方法も多くございます。

当店には、薄毛を本気で治したい!けど薬には頼らず継続できる育毛を考えている人が多く来店されます。

もし、薬を使わない発毛を行なってみたい人はぜひスーパースカルプ 吉祥寺店までご相談くださいませ。

参考文献:
ミノキシジルローション5%

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる