【髪の毛の基礎知識】毛髪の構造から薄毛・抜け毛のメカニズム総論

赤ちゃんの頃から生えている体毛 『髪の毛』

髪の毛のことを皆さまはどれだけご存知でしょうか?

髪の毛は奥が深くまだまだ研究段階である組織もたくさんあります。

そこで今回は、髪の毛の構造・生え変わるメカニズム・主な役割について発毛技能士がお伝えします。

 

皮膚の構造

髪の毛は、頭皮から生えてくる体毛です。

髪の毛の説明には、皮膚組織の説明も必要不可欠なのです。

そのため、まずは皮膚組織からご説明しますね。

頭皮について

頭皮は、外界に近いほうから 「表皮⇒真皮⇒皮下組織」 といった3段構造をして体を保護しています。

表皮とは?

表皮には、多くの感覚神経が局在しているため、人は物を軽く触れただけでも感じとることが出来ます。

また表皮は内部から『基底層⇒有棘層⇒顆粒層⇒角層』とさらに4つに分類されます。

細胞分裂によって基底層から徐々に上に押し上げられ最終的に『垢(あか)』となって剥がれ落ちます。

これを「ターンオーバー」といい、45日程度で生まれ変わります。

表皮は、水分保持の働きを持ち、セラミドなどの保湿成分を持つことも有名です。

 

真皮とは?

真皮は表皮の下にある層であり内部から『網状層⇒乳頭下層⇒乳頭層』といった3層に分類されます。

この場所に、汗腺皮脂腺などの毛の周りにある組織が局在します。

また、血管や神経が多く通っている場所です。

真皮は肌のハリを維持するコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が豊富にある層でもあります。

美容に詳しい方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

真皮が密になるとしわがなくなるため、

プチ整形などではこの組織にヒアルロン酸注射をして肌にハリを生み出しています。

 

皮下組織とは?

最後に皮下組織です。

この皮下組織は真皮の下にある組織であり、体温調整肌に栄養を届ける役割があります。

また、組織のほとんどが脂肪組織で構成されているため、エネルギーの貯蔵庫としても利用されています。

髪の毛の構造

 

日本人の髪の毛の本数は平均10万本といわれています。

髪の毛の内部は図のような構造をしております。

人が通常髪の毛と呼んでいる箇所は、毛幹部分の皮膚から飛び出ている部分です。

それでは、髪の毛にある組織はどのような働きをしているのでしょうか?

 

毛乳頭とは?

この毛乳頭細胞は髪の毛が成長する上で最も重要な組織といってよいでしょう。

毛乳頭は、毛細血管と通って流れてきた栄養素(酸素・ビタミン・水分)などを受け取り、

髪の毛を作ることが出来る毛母細胞へ髪の毛を生成又は停止することを指示する司令塔の働きがあります。

最近話題のAGA(男性型脱毛症)もこの毛乳頭が大きく関与しており、
ジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)を受け取ることで、髪の毛の成長をSTOPさせます。

AGAについて詳しくはこちらを参照ください。

そのため、

「いかに良い栄養(アミノ酸・酸素・ビタミン)を毛乳頭へ与えることが出来るのか」

これが髪の毛を生やす1つの要素と言えるでしょう。

 

毛母細胞とは?

毛母細胞は、髪の毛を製造する生産工場のようなものです。

毛乳頭の周囲に多く局在して、その一つ一つが髪の毛という製品を作り出すスタッフとイメージしてください。

毛乳頭から栄養や指示を受けて、細胞分裂することで上へ上へと髪の毛を成長させます。

そして、次第に角化して髪の毛へと変化します。

そのため、毛母細胞がなければ髪の毛を作り出すことはできません。

また、1つの毛母細胞は40~50回ほど分裂した後、寿命が終わってしまいます。

後述しますが、ヘアサイクルの限度回数も無限ではなく、この毛母細胞の寿命が尽きるまでなのです。

 

他にも多くの組織が髪の毛にはある

他にも付属組織には、髪の毛を逆立てる働きがある立毛筋や、毛母細胞を供給するバルジ体なども存在します。

また、髪の毛を輪切りすると、外毛根鞘、内毛根鞘、キューティクル、コルテックス、メデュラなど様々な構造があります。

大変奥が深いです。

特にメデュラなどは、詳しい役割がわかっておらず現在も研究対象として着目されています。

今後の技術の発展に期待しています。

 

1本の毛髪の一生は?

1本の髪の毛を一生を毛周期(ヘアサイクル)と言い、

薄毛や抜け毛はこのサイクルの乱れによって生じます。

髪の毛は、『成長期⇒退行期⇒休止期⇒成長期・・・』といったループを繰り返しています。

髪の毛が抜けても薄くならないのは、このヘアサイクルが循環しているためです。

それでは、この周期のそれぞれの時期に注目してご説明しますね。

 

成長期とは?

髪の毛の成長期は「男性は3~5年、女性は4~6年」と言われています。

髪の毛がフサフサに見える理由は、成長期が頭髪全体の約90%の割合を占めているからです。

薄毛が進行している人は成長期が「数か月~1,2年」と短くなっています。

そのため、生えている髪の毛(成長期)より、生えていない割合(休止期)が多くなり地肌が目立つようになります。

 

退行期とは?

退行期は、成長しきった髪の毛が抜け落ちるまでの準備期間です。

期間としては2~3週間程度です。

その間に、毛根部分が小さく萎縮していき、髪の毛の成長スピードが遅くなります。

毛髪全体の中で退行期の割合は約1%ほどです。

 

休止期とは?

毛髪の抜ける準備が整えば、髪の毛が休憩する時期である休止期が訪れます。

毛母細胞など髪の毛を成長させる活動が完全に止まり、毛乳頭もかなり縮みます。

この時期の髪の毛は、シャンプーやブラッシングなどをすると簡単に抜け落ちます。

また、何もしなくても内側から新しい髪の毛が成長しますので、古くなった髪の毛は押し出され、自然と抜け落ちます。

休止期は2~3か月続きます。

AGAや薄毛の人はヘアサイクルが乱れているため、長い人では6~9ヵ月も続いてしまう人もいます。

頭髪全体の中で休止期は10%~20%ほど占めています。

この休止期毛の割合が増えてしまうと、俗にいう『薄毛』といった状態へとなってしまいます。

 

ヘアサイクルが乱れると・・・

このヘアサイクルが乱れると、通常2~6年成長する髪の毛がわずか数か月~1年で抜けてしまいます。

その結果、90%ほどあった成長期毛の割合が

70%・・・60%・・・50%・・・

と、どんどん下がってしまいます。

そして、髪の毛を見ると地肌が目立つようになり、薄毛となってしまうのです。

 

AGAの人の抜け毛の特徴には特徴がある

AGAやヘアサイクルが乱れている人の抜け毛にはある特徴があります。

それは、短い髪の毛・細い髪の毛の2つです。

もし、最近抜け毛が気になっているようでしたら、一度自分の抜け毛をチェックしてみてください。

髪の毛の長さより、短く、細い髪の毛が増え始めたら要注意です。

 

AGA・薄毛・抜け毛を予防するためには?

運動

欠かせないのが運動です。

運動は、血流促進効果があり、毛根部へよりよい酸素と栄養を供給してくれる手助けをします。

筋肉量が増加すると、筋肉がポンプのような働きをして血行をよくしてくれます。

また、運動をして汗をかくなどの排出行為を行うことで、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを抑えることが可能です。

AGAが気になる人は、積極的に運動を行い汗をかくことをおすすめします。

運動と薄毛の関係についてはこちらを参考にしてください。

ストレスの軽減

ストレスと薄毛は切っても切れない関係にあります。

ストレスが多いと、交感神経優位の状態となり、血管の縮小・ホルモンバランスの乱れを引き起こす要因となります。

そのため、自分のストレス解消法を見つけ、日ごろからストレスをためすぎないことをおすすめします。

食生活の見直し

髪の毛は食べたものによって決まると昔から言われています。

そのため、食事は重要です。

もし、脂っこいものや味の濃いものばかり食べているのでしたら注意が必要です。

そのような食生活を続けると、頭皮の皮脂の分泌量が増加し、薄毛の原因物質5αリダクターゼの生成量を増やす要因になります。

食事と薄毛についてはこちらを参考にしてください。

睡眠時間の確保

当店にくるお客様の多くは睡眠時間が不足している方がほとんどです。

睡眠時間は7時間程度取らないと良い髪の毛を育てることはできません。

毎日5時間程度しか睡眠がとれてない人は、見直してみてはいかがでしょうか?

睡眠と薄毛についてはこちらを参考にしてください。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は髪の毛について総論のような記事を書かせて頂きました。

将来のために予防していきたい方は参考にして日々の生活習慣を見直してみてはいかかでしょうか。

また、薄毛・抜け毛が気になるという方は、自分でチャレンジするのも良いです。

しかし、専門家に見てもらうことが1番の改善への近道です。

薄毛は進行型であるため、早期対応が改善への最短ルートになります。

 

『手探りで様々な商品を試して、それでも効果が感じられず落胆してしまった』

そのようなお客様が、多く当店にいらっしゃいます。

薄毛には人それぞれ明確な原因があり、追求・改善することで、おのずと結果がついてきます。

 

もし、悩んでいる方がいましたら、ぜひご相談下さい。

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。