間違った頭皮マッサージが抜け毛の原因!?【NGな自己流の頭皮マッサージとは?】

間違った頭皮マッサージが抜け毛の原因!?【NGな自己流の頭皮マッサージとは?】

薄毛・AGA(男性型脱毛症)で悩みで自己流で頭皮マッサージを行っている方いませんか?

 

ちょっと待ってください。

 

もしかしたらその頭皮マッサージこそが、抜け毛を増やす原因になっている可能性があります。

よかれと思って行っているマッサージですが、

正しく行うことが出来ないと頭皮にダメージを与える危険があります。

当院に初めて来店されるお客様からこんなことを耳にします。

 

「頭皮が柔らかい方が良いと聞いたので、自分なりにマッサージしてみました。」

よくよく聞いてみると、「この頭皮マッサージだと抜け毛増やす危険があるな…」ってことも。

マッサージをすること自体は悪いことではありません。

 

しかし、間違ったマッサージは生えてきた産毛を抜いてしまうリスクがあるのです。

今回は、間違った頭皮マッサージにありがちな行動と共に、

抜け毛予防に効果的な頭皮マッサージ方法をお伝えします。

抜け毛を増やす危険な頭皮マッサージとは?

抜け毛を増やす危険な頭皮マッサージとは?

頭皮マッサージ自体は、頭皮の血流を促し髪の発育を促す事ができるため

抜け毛を減らすのに、効果的です。

そのため、私もお客様に指導させて頂くときは、毎日継続して行ってくださいと

お伝えしています。

しかし、何も知らず、自己流のマッサージを行うと逆効果な事もあります。

抜け毛を増やす危険な頭皮マッサージは次のようなやり方です。

ゴシゴシと擦りながら行う

頭皮マッサージは、【指の指圧】によって血行を促すものです。

ゴシゴシを指を促しながら行う頭皮マッサージは、新しく生えてきた新毛を

抜き取ってしまう恐れがあります。

成長した太い髪の毛には影響はほとんどないですが、

新しく生え始めた毛は、細く柔らかい毛が殆どです。

そのため、ゴシゴシと擦りながら頭皮マッサージを行ってしまうと

新しい髪を抜いてしまう原因になることもあります。

力強くマッサージを行う

頭皮が硬いなと感じる人に多いのが、力を入れて頭皮をほぐそうとすることです。

焦ってはダメです。

ゆっくり、頭皮全体を動かすイメージで行ってあげましょう。

力任せの頭皮マッサージは頭皮と頭蓋骨の間を流れる細い血管を傷つけてしまう恐れがあります。

毛細血管が傷ついてしまうと、これまで以上に毛根により良い

栄養を届けることが出来ない状態となってしまいます。

爪を立てて行う

頭皮マッサージの時に爪を立てて行う、爪が当たって頭皮マッサージを行うことは

頭皮の表面を傷つけて、炎症させる原因につながります。

確かに、頭を爪などで刺激することは気持ちが良いことですが、

頭皮も肌の一部ですので、硬い爪を当てないように指の腹を使った

マッサージを心がけてあげましょう。

器具(ブラシ)を使い行う

ブラシで頭皮をたたいて刺激する、器具でグリグリと頭皮を揉みほぐす

これらの行為は頭皮マッサージの上であまり好ましいとは言えません。

器具によっては、頭皮マッサージ効果を高めるものの中にはありますが、

使い方によっては、爪を立てて行うのと同様に頭皮を傷つける恐れがあります。

 

力加減をコントロールしやすいのは、「自分の指先」です。

道具などに頼らなくても、効果的な頭皮マッサージを行うことはできますよ。

【前提】頭皮の硬さは人それぞれ【柔らかさの限度がある】

前もってお伝えするべきことがあります。

それは、頭皮の硬さは人によって異なることです。また、頭皮の柔らかさの限界値も人によって異なります。

【頭皮の弾力が少なく硬い人】【頭皮の弾力があって柔らかい人】と様々な方がいらっしゃいます。

これらの特徴は、汗っかきな人・油っぽい人・体毛が薄い人などと同じで「個性」なのです。

 

そのため、無理な頭皮マッサージだけは行わないようにしましょう。

あくまで、ゆっくり力を入れすぎない頭皮マッサージを

毎日継続して行うことが大切です。

毎日繰り返すことで、今よりも少しは頭皮の可動域を広げることが出来ます。

しかし、ある一定ラインを超えるとそれ以上は変化しません。

それは頭皮状態が健康になった証拠です。

そのまま、継続して正しい頭皮マッサージを行ってあげましょう。

抜け毛を減らす正しい頭皮マッサージのやり方とは?

抜け毛を減らす正しい頭皮マッサージのやり方とは?

これまで抜け毛を増やす危険がある頭皮マッサージの特徴を4つほど紹介しましたが、

これから正しい頭皮マッサージのやり方を紹介します。

正しい頭皮マッサージのやり方
  1. 両手の指の腹で、ゆっくりと生え際(後頭部~側頭部)から頭頂部にかけて優しく丁寧にマッサージしてあげます。
    ゆっくりもみほぐしてあげましょう。
  2. リンパの流れを良くするとより効果的であるため、耳の周りのリンパ節を指の腹でゆーっくり頭頂部の方へと押しあげます。
  3. つむじの周囲に指を置き、頭頂部の皮膚を中心に集めてあげるようなイメージで揉みほくします。
    この時、人によって毛流が違うためしっかりつむじの位置を確認した上で行ってください。
  4. 最後に頭頂部にあるツボ百会(ひゃくえ)を指の腹でぐるぐる回しながらやさしく4回程度押してあげましょう。

追記※)より時間をかけて行うことが出来る人向けの頭皮マッサージのやり方がyoutubeでありました

下記を参考にして下さい。


頭皮マッサージを行う上で抑えておきたい頭皮のツボ

頭皮マッサージの育毛効果を高めるコツ【血行促進に効果があるツボ3選】

【おさらい】頭皮マッサージの目的は血流を促進すること

【おさらい】頭皮マッサージの目的は血流を促進すること

これまで頭皮マッサージのやり方を中心に紹介してきましたが、

頭皮マッサージを行うことで期待される育毛効果をおさらいしましょう。

 

  1. 頭皮の血行促進
  2. 頭皮の血管の数を増やす

その①:頭皮の血行促進

髪の毛には多くの毛細血管があります。

適切な方法でマッサージをしてあげると、頭皮の血流が良くなり、

頭全体に酸素と栄養を届ける事が可能です。

その結果、健康なハリ・コシのある髪の毛の成長を促すことが出来ます。

その②:刺激により頭皮の毛細血管の本数を増やしてあげること

適切な頭皮マッサージによる刺激は、毛細血管の伸張させる作用があります。

今まで血流が滞っていた場所まで、しっかりと栄養を届ける事が可能となります。

その結果、弱っていた毛髪へ、血液が行き届き、太く元気な髪へと成長する効果が

期待されます。

頭皮マッサージに期待される効果は以上の2つです。

何度もお伝えしますが、間違った頭皮マッサージの場合は、逆効果です。

しっかりと頭皮マッサージのやり方、力加減を意識して取り入れてあげましょう。

【結論】頭皮マッサージは抜け毛予防の効果あり。ただしやり方が重要

セルフマッサージする際、以下の4つは確認事項となりますのでしっかりと理解した上で正しい方法でマッサージをしてあげましょうね。

正しい頭皮マッサージのやり方おさらい
  1. 頭皮を動かすように優しくマッサージ
  2. 力任せのマッサージはNG
  3. 爪を立てずに指の腹を使用する
  4. 一日に何度もマッサージをしなくても良い
  5. 朝晩2回

頭皮に良かれと思ってこれまで行動であっても、抜け毛の原因になってしまうことも。

間違ったまま行うと、抜け毛・薄毛・AGAの原因に繋がる恐れがあるので注意してくださいね。

抜け毛がひどい・薄毛が進行してきたと感じた場合は…?

薄毛予防のために頭皮マッサージのやり方を知りたいと思っている人の場合、

抜け毛予防として頭皮マッサージをまずは行うだけで大丈夫かと思います。

 

既に抜け毛が増えてきた、地肌が見えてきたなどの悩みを抱えている人の場合、

頭皮マッサージだけでは、薄毛の進行を防ぐことが出来ません。

薄毛の進行は、さまざまな原因が積み重なって生じます。

そのため、一度自分の薄毛の進行度合いを専門家に相談することをおススメします。

 

自分に合った抜け毛や薄毛の対策をすることで、半年から1年単位で

発毛効果を実感できることがほとんどです。

「薄毛が進行してきた」と感じたら、自分で何とかしようとせず、

専門家に相談した上で対策することをおススメします。

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。