AGAを自力で治す方法とは?自宅で出来る薄毛を改善する対策方法を解説

aga 自力で治す

鏡ごしに自分の髪の毛を確認した時に「以前に比べて髪の毛が少なくなったかもしれない」「ハゲてきてる?」と不安に感じる人は少なくありません。

実際に多くの男性が進行型の薄毛であるAGA(男性型脱毛症)に悩んでいるのですが、クリニックや皮膚科に相談に行く事ができず、自力で治す方法はないかと考えて行動に移す方も多いです。

特にAGAの治療薬は副作用もあり高額にもなり、一度始めたら飲み続けなくてはいけないことなどを考えれば、自分で治すことが出来ないか?と考えるのも当然かもしれません。

そこで今回は、AGA(薄毛)を自力で治すための改善・対策方法や自分で治すためのヒントを解説させていただきます。

こちらのYouTube動画にて、現在のクリニックの治療を含めた自力でAGAを治したい方必見の情報を掲載しておりますので、是非ご覧ください。

目次

そもそもAGA(薄毛)を自力で治すことは可能なのか?

AGA 自力で治す

前提として、男性の薄毛を自力で治すことが出来るかというと「自分で治すことが出来る薄毛と出来ない薄毛がある。」としか言えません。

というのもAGA(薄毛)は生活習慣の乱れによって進行することもありますが、多くの場合は遺伝や男性ホルモンによって決まるもののため、自分でできる対策としては薄毛を進行させないための予防やAGAになりにくくする事が主となります。

まずはAGA(薄毛)がどのようなメカニズムで発生して進行していくのか、ということについて解説していくのでご覧ください。

AGAのメカニズム

AGAというのは、男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭細胞近くにある5αリダクターゼという還元酵素と結合し、生成されたジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞内のアンドロゲン受容体と結合する事によって増殖抑制因子(TGF-β1)を発生させます。

するとTGF-β1が毛母細胞などの働きを止めて成長期にある髪の毛の成長が止まり、さらにFGF-5という退行期誘導因子に髪の毛が抜けるよう指示を出すことでまだ細く成長途中の髪の毛が抜けてしまうのです。

つまりAGAによって薄毛になってしまう原因は、体内にある5αリダクターゼという還元酵素・アンドロゲン受容体という2つの要因により、ヘアサイクルが短くなって成長期途中の髪の毛が抜けてしまうということが言えます。

AGA以外に薄毛になる原因はある?

薄毛になってしまう原因はAGA以外にも、頭皮の過剰な皮脂分泌や食生活の乱れなどの生活習慣から起こる薄毛、脂漏性皮膚炎や粃糠性皮膚炎・円形脱毛症などの疾患や感染症が原因のもの、また抗がん剤などの服用による薬剤性脱毛症など様々です。

他にも、同じ髪型を続けることによって紫外線などのダメージが蓄積し抜け毛が増えてハゲてしまうことや、近年男性にも増えている抜毛症(トリコチロマニア)など薄毛(脱毛症)の原因になるものは身の回りにあふれています。

これらの薄毛・脱毛症も、AGAと同じように放っておくと進行してしまうので、出来るだけ早く治療・対策を行うことが必要です。

自分で治すことが出来る薄毛と出来ない薄毛がある

自分で治す 出来る 出来ない

先ほどご紹介したAGAや薄毛などの中には、自分で治すことが出来る薄毛と出来ない薄毛があります。

医療機関やAGA・薄毛専門サロンなどでの治療を考えない場合でも、自力で治すことが出来る薄毛であれば自分の髪の毛を取り戻すことが可能なのですが、その線引きは一体どこにあるのか、自分で治すことが出来る薄毛と出来ない薄毛それぞれについて解説していきましょう。

自力で治すことが出来ない薄毛とは?

自力で治すことが出来ない薄毛は、感染症や自己免疫疾患などが原因で発症している薄毛で、AGAも自力で治す事が難しい薄毛に入ります。

感染症や自己免疫疾患が原因の場合は、皮膚科や内分泌内科・内科などで薄毛の原因になっている感染症や病気の治療を行うことが最優先で、その後から薄毛の治療を行う・または病気の治療後に自然に髪の毛が生えるのを待つ場合は治療は不要です。

また、治療中に薄毛が進行してしまわないように薬を変えたり、サプリメントなどを処方される場合があります。

自分で治すことが出来る薄毛

自分で治すことが出来る薄毛には、生活習慣の乱れから起こる薄毛や栄養素の欠乏・過剰摂取、また髪の毛を引っ張る髪型を続けた事による牽引性脱毛症などがあります。

これらは、生活習慣やヘアスタイルなどの原因となったことを改善する事によって自力で治すことが出来る薄毛なのですが、薄毛の範囲が広がってしまっている場合ですと医療の力を頼ることが必要です。

原因がなんにせよ、薄毛の治療・改善には1日でも早く取り掛かることが必然ですので、気になったらすぐに薄毛対策を始めるようにしましょう。

AGA(薄毛)を自分で治す改善・対策方法の注意点

注意点

自分の力だけで薄毛を改善できるか挑戦することについては、正しい知識を持っていただく事が重要です。

薄毛を自分で治す方法としては大きく4つ存在します。

AGA(薄毛)を自分で治す方法
  • その①:自分でプロペシアやミノタブなど個人輸入で購入して使用する
  • その②:発毛剤を使用する
  • その③:サプリメントを服用する
  • その④:育毛剤を使いつつ生活習慣を改善する

自力で治すことを目標にするならば、上記に挙げた方法を一つ一つ試していただく事が良いのですが、1つだけ重大な注意点がありますので気をつけてください。

プロペシアやミノタブを個人輸入するのは危険

AGA(薄毛)を自分で治す方法の中でも、その①にご紹介した「自分でプロペシアやミノタブなど個人輸入で購入して使用する」という方法が最も簡単かつ確実性が高いですが、副作用や偽物をつかまされる可能性が高いので避けた方が無難な方法で、その④になるにつれ自力で治す難易度は上昇し発毛確率は低くなります。

とはいえ、育毛剤を使いつつ生活習慣を改善するという自分で治す方法は、全く体に負担なく髪の毛を生やすことが可能なわけですから、初期のAGA(薄毛)であれば育毛剤と生活習慣の改善から行うのがおすすめです。

今回は、その④の「育毛剤を使いつつ生活習慣を改善する」ことに着目して、AGA・薄毛を自力で治すために欠かす事が出来ない自宅で出来る生活習慣の改善・対策方法をお伝えします。

プロペシアやミノタブについてより詳しく知りたい人は下記をご覧ください。

フィナステリドで性欲低下は起きる?起きる確率と絶対に確認するべき注意点を解説

2021.10.30

ミノキシジルって外用薬とミノタブってどちらがおススメ?【副作用や効果・安全性を比較】

2020.12.08

AGA(薄毛)を自力で治すための改善方法6選

自分で治す 改善

AGA(薄毛)が進行する理由は遺伝だけではなく、むしろ遺伝以外の日々の積み重ねの行動がAGAを進行させる要因となるため、AGA(薄毛を)自分で治す場合には、日頃の行動から見直す必要があるのです。

AGA(薄毛)を自力で治すために欠かせない自宅でもできる改善方法を6選してご紹介いたしますので、是非日頃の生活に取り入れてみてください。

AGA(薄毛)を自力で治す改善方法
  • その①:食生活の見直し
  • その②:禁酒
  • その③:禁煙
  • その④:頭皮マッサージ
  • その⑤:有酸素運動
  • その⑥:睡眠の質を高める

AGA(薄毛)を自力で治す改善方法その①:食生活の見直し

まごはやさしい

髪の毛は、体に摂り入れた食べ物の栄養によって作られ成長していくため、毎日の食事の質を高めることはAGAや薄毛といったハゲを自力で治す上で欠かせません。

普段から脂っこい食事や甘いものではなく、バランスの取れた食事を取ることが重要だとはいえ、私も自力でM字ハゲを半年でフサフサにした時に行っていましたが、バランスの良い食事を意識して毎日食べることは中々大変で、非常に疲れますしストレスにもなります。

そこでおすすめなのが、食事に「まごわやさしい」の食材を入れることで、これを意識するだけでビタミンやタンパク質・ミネラルなど髪の毛に必要な栄養素を含む、ある程度のバランスを整えることが出来ますので、まずは基本に戻りバランスの取れた食事を意識しましょう。

AGA(薄毛)を自力で治す改善方法その②:減酒・禁酒

「仕事が終わったらストレス発散の為に外や自宅での晩酌が欠かせない」という方、この行動が薄毛(ハゲ)への一歩であることをご存知ですか?
飲酒をして酔っぱらった状態は、体の中でアルコールを分解したときに発生する有害物質のアセトアルデヒドが、血液によって脳まで運ばれることによって起きます。

このアセトアルデヒドは肝臓で無害なものへ変えるのですが、アセトアルデヒドの処理にはビタミンやミネラルなどの栄養が大量に消費されてしまうため、髪の毛の生成に必要な分が不足してしまって成長が妨げられ薄毛が進行してしまう可能性があるのです。

初めから減酒・禁酒をすることは難しい人もいますので、休肝日を作る・またはお酒の飲む量を減らすなど、出来る範囲で少しづつお酒の量を適度な範囲になるよう改善していきましょう。

AGA(薄毛)を自力で治す改善方法その③:禁煙・卒煙

タバコは体に悪い」ということは全員が当然知っているとは思いますが、喫煙は薄毛を進行させる悪い行動の一つで、タバコに含まれるニコチンには血管縮小作用が、また一酸化炭素には血液中の酸素を運ばれにくくするという作用があり、これらの働きによって全身の血流が悪化してしまうということをご存知でしょうか?

タバコを吸うことによって血管の流れが悪くなるという実験によると、ウサギに副流煙を2秒間ほど吸わせた直後に血液の流れが止まり、元の血流になるまでには1分程かかってしまうという結果が下記の画像で、人間でも同様の状態が起こります。

ウサギ タバコ 実験

髪の毛は血液から栄養を吸収して太く長く成長するのですが、AGAなど薄毛の人は血行不良になっている事が多く、更にタバコを吸うことでAGAの進行を早めてしまうため、AGA(薄毛)を自力で治すのであれば禁煙・卒煙することが必要です。

ペガ先生

アイコスなどの加熱式タバコなら大丈夫と思って油断しないでくださいね。
これらの加熱式タバコもニコチンや一酸化炭素が含まれるので薄毛のリスクは捨てきれません。

AGA(薄毛)を自力で治す改善方法その④:頭皮マッサージ

自宅でAGA(薄毛)を自力で治す改善方法として、頭皮に栄養を届けるために血流を促進すること、また頭皮を刺激する事は髪の毛を作る細胞にも働きかけるため、頭皮マッサージはAGA(薄毛)に効果的であるということがあります。

頭皮マッサージは強くもみほぐすわけではなく、あくまで指の腹で優しくゆっくりと頭皮自体をマッサージすることが基本で、シャンプーやお風呂上がりなど頭皮が柔らかくなってる時に行うと良いでしょう。

注意点として決して爪を立てないこと、また器具を使う場合には刺激が強くなり過ぎないものを使用し、ブラシであれば毛先が丸くクッション性があるものを使うようにしてください。

AGA(薄毛)を改善するためにおすすめ出来るツボも、併せてご紹介させていただきます。

AGA(薄毛)の改善におすすめのツボ:百会

薄毛 ツボ 百会

AGA(薄毛)の改善におすすめのツボ、1つ目は様々な症状に効果がある百会(ヒャクエ)で、両耳を手の親指と中指で繋ぐようにした際に交わる部分にあり、ちょうど頭のてっぺん辺りを指圧した時に気持ち良い場所です。

人差し指や中指を使ってピンポイントに指圧するのも良いのですが、指の数を増やして広範囲に頭皮を寄せたりしてマッサージすることも効果的なので、頭頂部の薄毛が気になっている方は行ってみてください。

また百会の場所を探す際に指を置く耳の頂点には、角孫(カクソン)という抜け毛予防や血流促進に効果があるツボもありますので、こちらも併せてマッサージしましょう。

AGA(薄毛)の改善におすすめのツボ:通天

薄毛 ツボ 通天

2つ目のAGA(薄毛)の改善におすすめのツボ、百会から指1本分顔側で左右指2本分ほど分かれた場所にある通天(ツウテン)には頭皮の血流促進・首のコリなど、健康な髪の毛を作り薄毛や抜け毛の改善に効果があり、左右両方を同時に刺激すると良いでしょう。

また通天よりも顔寄りで百会と同じ中心部分には、顖会(シンエ)という血行促進に効果があるツボがあり、こちらは血流が悪化していると少し痛みを感じる方が多いかもしれないので、優しくほぐすような形でマッサージする事をおすすめします。

AGA(薄毛)の改善におすすめのツボ:天柱

薄毛 ツボ 天柱

AGA(薄毛)の改善におすすめのツボ、3つ目の天柱(テンチュウ)はうなじの中心にあるくぼみの左右にある太い筋肉の外側にあり、頭痛や首・肩こりに自律神経のバランスを整えることから抜け毛などへ効果があります。

両手の親指を頭を包み込むような形で天柱に当てると押さえやすく、首を少し後ろに倒すとしっかり刺激できるのでおすすめです。

また天柱よりも外側のくぼみには、風池(フウチ)という天柱と似た働きがあるツボがあるので、こちらも併せて刺激して頭部の血流を促進させましょう。

AGA(薄毛)を自力で治す改善方法その⑤:有酸素運動

AGA(薄毛)を自力で治すために最も重要なことは、髪の毛に必要な栄養を確実に毛根の細胞へ届けることで、そのためには血流を促進することが必要不可欠となります。

有酸素運動は全身の血液の巡りを促す働きがあり、強度は「やや楽~少しきつい」程度を目標に行うことで、血流促進やホルモンバランスと自律神経の調整・代謝の活性などに効果的です。

また有酸素運動には汗をかくことによるデトックス効果と、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を減らす働きがあり、アンドロゲン受容体と結合するDHTを減らし男性ホルモンのバランスを整えることがAGAなどのハゲを治すカギともいえるため、有酸素運動はAGA(薄毛)を自力で治す改善方法としておすすめだと言えます。

【発毛技能士監修】筋トレでハゲるのか実際に半年間検証してみた

2022.02.05

AGA(薄毛)を自力で治す改善方法その⑥:睡眠の質を高める

睡眠の質を高めることには、AGAを自力で治す上で2つの効果が期待されます。

以下の効果によって髪の毛を太く強くすること、またストレスの減少や自律神経・ホルモンバランスの乱れを調整する事にも繋がっているので、質の良い睡眠を取ることを意識していくことがAGA(薄毛)を自力で治すためには必要です。

1.副交感神経による血管拡張

睡眠時は副交感神経が優位の状態となり、リラックスした状態で休息・免疫力強化など体内のメンテナンスを行い、また血管が拡張されることによって血流が高まり毛細血管までしっかりと血液を届けることが出来ます。

髪の毛を作る毛乳頭細胞には、とても細い毛細血管から栄養や酸素などを届けなくてはならないため、血流が悪化してしまうと髪の毛が栄養不足になってしまうのです。

そのため、深く質の良い睡眠を取ることが出来れば体力の回復だけでなく、より多くの栄養を髪の毛に与えることが出来るのです。

2.成長ホルモンの分泌

成長ホルモンは入眠後一番最初の深い睡眠時に多量に分泌され、その後3~4時間の間にかけて全身へと届けられて各組織・細胞の修復や増殖などに必要とされるものです。

体のあらゆる組織や臓器の成長を促進するIGF-1というインスリン様成長因子の生成を促進し、毛母細胞の分裂・増殖もIGF-1の刺激によって活性化されるほか、タンパク質の合成にも深く関わっています。

髪の毛の9割は「ケラチン」と呼ばれるタンパク質で構成されており、成長ホルモンが分泌されればされるほど育毛効果が期待できると考えられるため、質のよい睡眠はAGAを自分で治す上でも重要な要素なのです。

AGA(薄毛)を自分で治すための対策5選

薄毛対策

AGA(薄毛)を自分で治すために必要となる改善策に続いては、今生えている髪の毛やこれから生えてくる髪の毛のために出来る対策を5つご紹介いたしましょう。

日常生活の中には、AGA・薄毛改善のために気をつけていくべきことがありますので、特に最近ハゲて来たかもしれないと不安になっている方は早期対策として行うようにしましょう。

AGA(薄毛)を自力で治すための対策:髪の毛に必要な栄養を摂る

AGAを自力で治すためには、髪の毛に必要な栄養素を補給するために栄養バランスの良い食事を摂ることが望ましいのですが、毎日となると難しいためサプリメントを併用することがおすすめです。

髪の毛の成長に必要な栄養は非常に多く、たんぱく質(アミノ酸)・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB群・ミネラルなど多岐にわたります。

これらを毎日意識して食事から摂取することは難しいため、自らを含め数多くの薄毛で悩んでいる方を改善してきた発毛技能士である私が、自力でAGAを治すために必要なサプリメント(栄養素)を厳選したものが以下の栄養素ですので是非取り入れてみてください。

頭皮環境を整えるだけでなく、AGAを自力で治す上で原因となるDHTの減少効果や抗酸化作用・髪の毛の材料になる栄養素など、キーとなる成分ばかりを4つピックアップしましたが、それぞれの栄養素について詳しく知りたい人は、上記の栄養素をクリックすると詳しい内容をご覧いただけます。

髪の毛を増やすために必要な栄養素についてもっと詳しく知りたい人はこちらも参考にしてください。

AGA(薄毛)を自力で治すための対策:ストレス発散

日頃から心理・社会的なものや化学物質・寒暖差や騒音などの物理的なものからウイルスなどの生物的なものなど、あらゆるストレスになるものに囲まれてしまっていることもAGAや薄毛などのハゲを進行させる原因になるため、ストレスを解消することはAGA・薄毛を自分で治すことに繋がります。

ストレスが過剰になってしまうと交感神経の働きが優位になってしまい、血流が悪化したり自律神経やホルモンのバランスが乱れ、不眠や慢性的な疲労が起こり髪の毛の成長に悪影響を及ぼしてしまうのです。

物理的、また生物的なものは避けたり解消することが難しいですが、心理・社会的ストレスは十分な休息や気分転換・メンタルトレーニングなどで解消することが可能ですので、出来るだけストレスを溜めないようにこまめに発散する事をおすすめします。

AGA(薄毛)を自力で治すための対策:紫外線を避ける

紫外線には日焼けやシミの原因になるUV-Bと、真皮層にまで届いてシワやたるみの原因になるUV-Aという2種類が地表にまで届いています。

頭部は体の中でも一番太陽に近く、顔の約3倍ほども浴びる量が多いということもありダメージもその分大きく、毛母細胞や毛包幹細胞などがUV-Aによって損傷してしまうと抜け毛が増えて薄毛が進行してしまうため、一年中紫外線対策は必要です。

これは5~9月の一番紫外線が多い時期と比較して、それ以外の時期でも半分程度の紫外線量が降り注いでいること、またUV-Aは窓ガラスも通過してしまうという理由があり、日焼け止めスプレーや日傘・帽子などの紫外線を防止するアイテムを通年通して利用するようにしましょう

AGA(薄毛)を自力で治すための対策:頭皮を適切な状態にする

健康な髪の毛は健康な頭皮からしか生えてこないとも言われるほど、頭皮は適切な状態にしておくことが重要ですので、頭皮や髪の毛を清潔で適度に保湿されている環境にしておく事がAGA(薄毛)を自力で治すための対策として必要です。

基本的には頭皮の肌質に合ったシャンプーを使い頭皮を丁寧に洗って、雑菌などが繁殖してしまわないようにできるだけ早くドライヤーで乾かすということが大切なのですが、これらをしっかりと実践できている方はあまりいません。

また寝る前(帰宅後)にシャンプーをせずに朝シャンをする方もいるのですが、睡眠中に頭皮が汚れたままですと雑菌の繁殖や成長ホルモンによる細胞の増殖が阻まれるなど、髪の毛や頭皮にとって悪影響となりハゲに繋がりますので、必ず帰宅後にはシャンプーを行い清潔な状態で寝具に入るようにしましょう。

AGA(薄毛)を自力で治すための対策:育毛剤・発毛剤の使用

食生活の見直しや運動などの改善策と併用して行う、AGA(薄毛)を自力で治すための対策として育毛剤や発毛剤の使用もおすすめです。

発毛剤は薬局・ドラッグストアなどでも購入が可能なミノキシジルを含んだ外用薬の事で、日本皮膚科学会でも推奨度Aではあるものの副作用として初期脱毛やかゆみ・めまい・炎症に血圧上昇などがあるため、異常が起こった場合は医師・薬剤師に相談するようにしましょう。

また育毛剤は、基本的に生えている髪の毛の成長や維持に効果を発揮するものではありますが、毛母細胞などを活性化する商品や血行を促進する成分が入ったもの、AGAの原因となる5αリダクターゼの働きを抑制する成分が含まれるもの等が販売されているので、使いやすいものを選んでみてください。

AGA(薄毛)を自力で治すためには長期的な継続が必要

長期的継続

これまで私がお伝えしたことは、1週間や1か月継続した程度では効果を実感することはできません

なぜなら抜け落ちた髪の毛が生えてくるまでには3~4ヵ月かかり、生えてくる髪の毛が伸びるスピードは1か月約1cmで3cm程度伸びて来ない限り実感としては湧かないため、最低半年は継続する必要があります。

意地でもAGAを自力で治す!と思っている場合は、自分自身の努力とケアを長期的に継続していくことが必要不可欠で、生活習慣の継続+頭皮環境の健康状態を維持することができれば、自分でもハゲを改善できる可能性があります。

ただし、ここまでに解説してきた改善方法や対策方法を続けていても、それ以上にAGAの進行が速い場合は、残念ながら自分で治す事が難しいです。

AGAは自力で治すよりも専門家に相談しよう

「AGA(薄毛)が自分の力だけでは中々治らない」「進行する前に早く治したい」という方は、皮膚科などに行くより薄毛の専門機関で診察してもらうことをおすすめします。

なぜ薄毛専門の治療院をおすすめするかというと、AGA治療専門のサロンやクリニックであれば詳細なカウンセリングやマイクロスコープで頭皮の状態を診るなど、皮膚科よりも詳しく診断が出来るからです。

AGAの場合は遺伝だけでなく、頭皮環境や生活習慣も薄毛の進行に大きくかかわっているため、専門機関を利用して原因と対策をしっかりと把握することで自分の髪の毛を生やすことが出来ます。

AGAは治療薬でないと発毛しないのか?

AGAの治療には薬が絶対に必要と言われている中、真実をお伝えさせていただきます。

AGAがどれだけ進行していたとしても、皮膚科やAGA専門クリニックなどで処方されているような内服薬・外用薬を使わずにAGAを治療することは可能ですが、AGAを自力で治すのは困難であり、自分の力だけで治すことが出来るのはAGAではない生活習慣や食生活の乱れから起こる初期の薄毛だけだと考えられます。

当店では1人のお客様に2時間程度かけてしっかりとそれぞれの薄毛の原因をご説明し、適切な施術を行い改善することで頭皮環境を髪の毛が生える状態にしますので、人によっては3か月程度、平均6か月程度で髪の毛が増えるという変化を感じた方ばかりです。

またAGA治療薬には内服薬や外用薬があり、それぞれどのような作用と副作用があるのかを把握しておく事が必要になりますので、以下のAGA治療薬に関連する記事も合わせてご覧ください。

AGAや薄毛を自力で治す最短の近道を解説!ハゲを自分で治す改善・対策方法11選まとめ

今回は最短でAGAや薄毛を自力で治す改善・対策方法や自宅でハゲを改善する際の注意点などを徹底解説させていただきました。

AGAは薬を飲むだけでは治るものではなく、頭皮環境や生活習慣・食生活など様々な改善・対策を併用して継続していくことが最短の近道であり、自分で治すとなると最低でも6か月程度はかかってしまうということをご理解いただけたでしょうか?。

とはいえ、当店では最短3か月・平均でも半年程度で薄毛の改善が可能で、私自らも当店の発毛療法を用いて副作用が無く持続することができる自毛を生やして薄毛を改善することに成功しています。

私は貴方が諦めない限り、全ての知識や経験を使い発毛へ導きますので、興味がある人は是非下記よりお問い合わせください。

お試し体験コースはこちらから

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

東京で薄毛・発毛治療なら、
スーパースカルプ吉祥寺
にお任せください!

発毛症例1000件以上の実績を持ち、約9割がAGA治療・薄毛治療に内服薬を使わずに発毛を実感して頂いております。そのため、副作用や薬への抵抗性を心配せずにAGA治療・発毛治療に専念出来ると好評です。

  • 発毛実績
    1000件以上
  • 内服薬に
    頼らない
  • 吉祥寺駅から
    徒歩5分
たった1回でも大好評
目次
閉じる