頭皮に良いシャンプーブラシとは?洗髪に使用するメリット・デメリットを解説

シャンプーする時は、頭皮をいたわりながらもしっかり洗いたい!と思いますよね。

そんな時におすすめなのがシャンプーブラシです。実際にシャンプーブラシを使った時のメリットやデメリット、効果的な使い方を解説します。

目次

シャンプーブラシとは?

シャンプーブラシとは、シャンプーの時に使用するブラシのことです。

「頭皮ブラシ」や「洗髪ブラシ」とも呼ばれています。頭皮の汚れを落としやすくしたり、頭皮をマッサージする目的で作られています。

シャンプーブラシはどこで買える?

シャンプーブラシは、100円ショップやドラッグストア、インターネット通販などで購入できます。シャンプーを購入するとおまけで付いてくることもあるので、誰でも気軽に手に入れることが可能です。

シャンプーブラシはどんな人におすすめ?

シャンプーブラシはどんな人におすすめ?

シャンプーブラシは、髪の毛が長かったり、毛量が多い人におすすめです。

髪の量が多いと、シャンプーをするのが面倒になったり、頭皮までしっかり洗いきれないことがあります。シャンプーブラシを使えば、指の数よりも多いブラシの本数で、頭皮をまんべんなく洗うことができます。

 

また、ネイルをしていたり爪を伸ばしている人にもおすすめです。爪が長い状態だと、どうしてもシャンプーがしづらくなります。シャンプーブラシを使えば、誤って頭皮を爪で傷つけてしまうということもなく、頭皮をしっかり洗うことができます。

シャンプーブラシを使うメリット

シャンプーブラシを使うと、指では洗いにくいところも洗いやすくなり、頭皮の汚れをしっかり落とすことができます。

 

また、シャンプーブラシで頭皮を刺激することで、血行が促進され、マッサージ効果が期待できます。頭皮の血流が良くなると、髪の成長を促し、抜け毛予防にもつながります。シャンプーブラシを使うことで、指で洗う時よりも頭皮に当たる面が増えるので、効率的な頭皮マッサージができます。

シャンプーブラシのデメリット

シャンプーブラシを使うと、指で洗う時よりも力が入りやすくなり、力加減によっては頭皮を傷つけてしまう場合があります。シリコン製などでやわらかさのあるシャンプーブラシもありますが、頭皮に強く押し当てて洗うことは控えましょう。

 

また、シャンプーブラシは浴室に置いておくことが多くなるので、どうしてもカビが発生しやすくなります。カビが生えてしまったシャンプーブラシを使うと、頭皮に雑菌が付着して炎症を引き起こしたり、頭皮環境が悪化する原因となります。

 

もしカビが生えてしまった場合は早めに新しいものに交換したり、使用後はよく洗って湿気の少ないところで保管するようにしましょう。

頭皮に良いシャンプーブラシの選ぶときのポイントは?

シャンプーブラシは、持ちやすく、頭皮にフィットする形のものを選びましょう。持ちにくいブラシは、余計な力が入りやすくなってしまい頭皮を傷つける原因になります。また、ブラシの面が頭皮に当たりにくいと、しっかり洗えないことがあります。

 

シャンプーブラシは頭皮マッサージをすることもできるので、使いやすさや形選びは重要なポイントになります。シャンプーブラシを選ぶ時は、まず次の3つをチェックしてみましょう。

 

シャンプーブラシを選ぶときのチェックポイント
  • ①ブラシの先端
  • ②ブラシの長さ
  • ③ブラシの素材

①ブラシの先端をチェック

シャンプーブラシの先端がするどく尖っているものは、マッサージすると頭皮を傷つけてしまうことがあります。頭皮はやわらかく、刺激に敏感な部分です。

 

ブラシを頭皮に当てた時に少し痛みを感じるものは、先端が尖りすぎている可能性があるので注意しましょう。先端が少し丸みを帯びているブラシは、頭皮に当てた時に心地よく、マッサージにも適しています。

 

②ブラシの長さをチェック

シャンプーブラシは、使う人の髪の量や長さによって、適したブラシの長さがあります。
短いブラシは地肌に届きやすく、無駄な力が入りにくいです。髪が細くてボリュームが少ない人や短髪の人におすすめです。

 

長めのブラシはブラシに髪が絡みにくく、頭皮をしっかりマッサージしてくれるので、髪のボリュームが多い人やロングヘアの人におすすめです。

 

③ブラシの素材をチェック

シャンプーブラシの素材によって、洗いごごちが左右されます。ブラシでよく使われているのが、シリコン素材のものです。シリコンは弾力があってやさしい洗いごごちが特徴です。頭皮を傷つけず、やさしくしっかりと洗浄してくれます。

 

また、ポリプロピレン素材のシャンプーブラシは硬めの素材なので、頭皮に刺激を与えたい人や、頭皮にかゆみがある人におすすめです。

 

頭皮に効果的なシャンプーブラシの使い方をレクチャー

ここまで、シャンプーブラシの種類や選び方のポイントなどをお伝えしてきました。

シャンプーブラシをより頭皮に効果的に使うために、おすすめの使い方を解説します。

 

シャンプー前にブラッシングする

シャンプーをする前に、髪を濡らす前の状態で、よくブラッシングしましょう。ブラッシングすることで、髪に付着しているホコリや汚れが浮きやすくなります。

 

ブラッシングせずにシャンプーブラシで洗おうとすると、髪がブラシに絡まりやすくなり、脱げ毛や切れ毛の原因となります。まずは十分に髪を梳かすようにしてください。

 

シャンプーブラシは小刻みに動かす

シャンプーブラシを大きく動かして使うと、髪がブラシに絡まりやすくなってしまい、抜け毛や切れ毛の原因となります。ブラシを左右に小刻みに動かしながら使いましょう。

 

また、パーツごとに丁寧に洗っていくことで、洗い残しを防ぐことができます。

 

順番はこれに限らずですが、後頭部→側頭部→前頭部→頭頂部というように、筋肉のあるところから順番に洗っていくと、頭皮全体の血流が良くなるのでおすすめです。後頭部から、上に上に向かっていくイメージで洗いましょう。

 

シャンプーブラシでマッサージする時は?

シャンプーブラシでマッサージする時は、頭皮の表面をこするのではなく、頭皮を動かすイメージで行いましょう。

 

ただし、強く押し当てたり、力を入れすぎると頭皮を痛める原因になります。ブラシの先端が頭皮にやさしく当たるぐらいの強さを意識しながらマッサージしましょう。

 

 

まとめ

シャンプーブラシは、指で落としきれない頭皮の汚れを落としやすくしてくれるので、爪の長い方でも頭皮を傷つけずに洗うことができます。

 

また、シャンプーブラシでマッサージすることで、頭皮の血行が促進され、髪に栄養が届きやすくなり、育毛効果も期待できます。

 

ただし、力を入れすぎると頭皮を痛める原因になりやすいので、自分にあった正しいブラシの選び方や使い方をマスターしましょう。

 

薄毛や抜け毛、頭皮トラブルでお悩みの方は、薄毛の専門家に相談することをおすすめします。

目次
閉じる