【薄毛治療のメリット・デメリット】改善したから分かる本当の口コミ

【薄毛治療のメリット・デメリット】改善したから分かる本当の口コミ

著者は、22歳で薄毛(M字ハゲ)に気づき始めた若ハゲです。とはいえ、当時の私は別に薄毛じゃないと勝手に思い込んでいました。

ペガ先生

何となく薄毛進行しているかも…?

ペガ先生

昔からこのぐらいの額の広さだよな。

M字も元々

など常々思っていました。

というのも、薄いかもなと感じる時は、下記の2つの時ぐらいだったからです。

  1. 美容院に行ったときにシャンプーした後
  2. ワックスを付けすぎてしまった時にM字が見えること

しかし、そんな私ですが、ふとしたことがきっかけで非常に焦り、「薄毛を改善しないとヤバい!!」と考えるようになりました。

 

薄毛を本格的に改善しようと思ったきっかけは【数年前の写真】

薄毛に対して非常に危機感を持ち、もうやるしかないと決めたきっかけは些細なことでした。

何気なく、スマホに入っている携帯のデータを見て思い出巡りをしていたときです。

 

ん?なんだこれ?

 

1年前に何気なく取った私の頭部【M字の部分】の写真が出てきたのです。

1年前の私
ペガ先生

あー当時から気にして写真でも撮ってたなー。

まぁ多少気になるけど…そこまで薄毛進行していないじゃん!

と安心していました。

1年経ったし、今はどうなんだろう?

確かに気になるけどそんなに進行していないでしょ!っと何気なく撮った一枚がこちらです。

 

1年後の薄毛進行ぐあい

 

めっちゃ進行しているーーー!!

たった一年で、M字ハゲの進行が想像以上のスピードで進行していたのです…。

1年間の髪の変化

画像を横並びにするとすぐわかりますよね。

楽観的な私でもこの画像をみた瞬間にすぐに、AGAのクリニックや病院、薄毛治療院を手当たり次第探しました。

しかし、まだまだ若い事もあり、下記の条件でM字ハゲを治す!ことを決めて選んでいました。

薄毛治療の条件
  • 持続力のある薄毛治療
  • 飲み薬には頼らない
  • 自分で運動やサプリメントなども摂取することでアクセルをかけていく
  • 金額は月々4万以内
  • 1年以内で戻す

私が薄毛治療と並行して行ったセルフケアとは?

薄毛治療には薬が絶対必要と言われる中、わがままな私は内服薬の使用を使わないことだけは心に決めていました。

というのも、飲み続けなければいけなくて、私の継続力のある薄毛治療とは異なるためです。

そのため、薄毛治療以外に徹底的に生活習慣の乱れを正すと共に、足りないものを補給していきました。

(一気に始めたため、どれが最も効果的だったか精査が出来ていません。ご了承ください。)

 

かなり徹底して行いました。(行った項目をクリックしたら関連するコラム記事に行けますよ)

というのも、飲み薬による髪の毛を増やす作用は非常に強力で効果的です。その強力な発毛作用がない分、私生活で髪の毛に良いことを行ってきました。

飲み薬に関連する記事はこちら

私が薄毛治療を始めてある程度生えるまでの期間は8ヵ月

一般的に内服薬などを使用して薄毛治療の結果は、6ヵ月にはほとんどの場合に現れるといわれています。しかし、私の場合、自然に近い状態で髪の毛を増やしたため、8ヵ月程度がかかりました。

 

数字だけを見ると早いほうだと思われますが、【体感で8ヵ月は非常に長い】です。

毎日毎日、薄毛の部分を確認してケアしていくため、体感では1年以上薄毛を改善するために努めたのではないかと感じるぐらいです。

 

とはいえ、何も対策を取らなければ私の場合薄毛の進行はどんどん進んでしまいます。

前述した通り、1年であれだけ進行するため、何も髪の毛のケアを行ずにこの8ヵ月を経過したらどうなっていたのやらと考えると早期対策が大事だなとつくづく実感しています。

おそらく下記のような曲線図の差になっていたと思います。

薄毛治療をやるやらないの差

私的に感じた薄毛治療におけるデメリット

前述までを見ると、薄毛治療を行った方が良いって思いますが、薄毛治療を行う上でデメリット(大変だったこと)として感じたこともあります。

金額

やはり金額ではないでしょうか?

単純に何もケアをしなければ月々0円で済みますが、薄毛を治すために、月々数万円使用します。また効果を感じられるまでの数か月間は、「本当にコレ意味があるの?」と感じてしまう方も少なくありません。

そんな私も半信半疑のまま行っていたことを覚えています。

 

また、治療を行う病院やクリニックそして発毛サロンによっても相場は変わってきます。私が行ったのは、実は生えないと言われている「発毛サロン」の施術を行いました。

継続力が必須

私の行った方法もありますが、薄毛治療を行う上では継続力が必須です。

というのも、進行してしまう薄毛に歯止めをかけて更に発毛させるまで変化させなければいけないのですから、それ相応の手間がかかります。

例えば、お風呂上がりには育毛剤を気になる部分につけて毎回マッサージなどを行うことや、頭皮のべたつきが気になり痒みもある場合だったら、頭皮環境から変えていく必要があります。

 

私も頭皮が脂っぽく痒みを伴うタイプであったため、頭皮環境変えることだけに数か月間徹底しました。というのも頭皮環境が悪化しすぎると、炎症が生じ、結果として抜け毛が増えてしまうからです。

脂漏性皮膚炎で頭皮が痒い!!抜け毛まで…その原因・対策は?

この毎日の積み重ねが出来ないと、生えるまでの期間が延びたり、中には効果を感じられない人もいます。

私的に感じた薄毛治療におけるメリット

私が8ヵ月で薄毛を改善しましたが、メリットとしてはかなり感じることが多いです。というのも、自分の状態を知ることが出来て、早期に対応することが出来たため、かなり自然に近い形で発毛させる事に成功したからです。

髪が生えてくることを実感できる

第一に薄毛治療のメリットとして感じることは、髪の毛が生えてくることを実感出来ることです。

ただし、最初の3か月ぐらいは全く感じませんでした。むしろ抜け毛も多くて不安でしかなかったことを覚えています。

しかし、継続していくと、徐々に「あれ?この辺まで生えてたっけ?」と感じることが増え、次第に生えていることが当たり前となってくるのです。

ここまで来たら、苦痛だったらヘアケアも継続することなんて楽ちんです。

やればやった分だけ、結果が出るのが分かっているから」に確証を持つことが出来たからです。生えた後数年経つ現在でも、未だに生活習慣や頭皮ケアを続けることが出来ています。

控え目に言っても【最高】です。

お風呂上がりのオールバックが気持ち良い

これまでの私は、銭湯などに行くとき、頭にタオルを置いてカモフラージュをしていました。

しかし、今では水に濡れた状態でもオールバックで過ごしています。

またそれ以外でも美容院で髪を切る時は、前髪を重たく残して自然なようにするなど工夫をしていましたが、今では髪の毛を上げるスタイルでセットするのが基本です。

最近流行りのジェルによる七三分けをしても、分け目や薄毛を気になることが減りました。

体が健康になる

生活習慣の改善を徹底して行ったため、体が非常に健康になったこともメリットの一つではないかと感じています。

薄毛に気づき、前述したサプリメントや運動をする前と後では、圧倒的に風邪を引きにくくなり、疲れにくくなりました。

髪の毛の悩みなのに、これがメリット?と思う方もいるかと思いますが、非常に大きなメリットではないかと感じています。また、髪の毛で悩みネガティブだった気持ちも運動をすることで軽減されたりと精神的にも落ち着くことが出来ています。

薄毛治療のメリット・デメリットはやり方によって異なる

薄毛治療ができるかどうか

私が行った薄毛治療は、あくまで内服薬を使用しない発毛サロンでの発毛療法となります。そのため、薬を飲むことで治療する薄毛治療と差異はあるでしょう。

 

特に、簡易性や即効性を見たらお薬を飲む方が楽だし効果を感じるまでの期間も早いでしょう。あくまで私のこだわりとして薬に頼らずとも髪の毛が生えてくることを体現したかったにすぎません。

 

そのため、時間をかけてでも髪の毛を生やしていきたい人へ向けたメリット・デメリットではないでしょうか?

発毛育毛サロンで髪の毛を生やした直筆アンケートも実はあります。もし薄毛で悩んでいるのでしたら、始める前にご覧になって頂くとイメージがわきますよ。

 

 

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。