女性特有の抜け毛や薄毛はホルモンバランスの乱れが原因?具体的な原因と対策を発毛技能士が徹底解説!

あれ?最近抜け毛増えたかも…。こんなに分け目見えなかったのに…。そんな抜け毛や薄毛の不安を募らせる女性は少なくありません。

その原因は、女性ホルモンが少なくなってきたことによる薄毛の可能性があります。
「プロゲステロンやエストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンを増やす・バランスを整えることで薄毛の症状が改善されるかもしれませんよ。

女性の抜け毛は、ホルモンバランスと切っても切れない関係がありますので、

「もしかして私も当てはまるかも…。」そんな方はこの記事を参考にしてみてください。

実際に当店では、自律神経のバランスを整えるための施術を行っています。

女性特有のホルモンバランスの乱れで薄毛になってしまう人が改善される場合が多くあります。

女性ホルモンが減ると抜け毛が増える!

皆様も一度は聞いたことはある「女性ホルモンが減少すると抜け毛増える」という噂。

逆に男性ホルモン場合は「男性ホルモンが増えると抜け毛増える」というはなしもありますよね。

この噂は、実は本当であり、女性ホルモンと髪の毛は強い関係性があります。
女性ホルモンのバランスや分泌量が減少すると、抜け毛が増えてしまう可能性が高いのです。

というのも、女性ホルモンの一つ「エストロゲン」が髪の毛の成長を促進する作用があり、成長維持に関与しているためです。

髪の毛の成長期間が男性は平均3~5年ですが、女性は平均4~6年と言われています。

女性の方が髪の成長期間が長い理由は、エストロゲンホルモンが男性よりも多いためとも言われているのです。

しかし、この女性ホルモン「エストロゲン」は更年期が訪れる中高年にさしかかると、減少していきます。

その結果、これまでとは異なるホルモンバランスとなり様々な影響を体へ与えます。

その1つが更年期障害です。

体内の女性ホルモンが減少することで、相対的に体内にある男性ホルモンの割合が増加して引き起こされます。

男性ホルモンの増加+女性ホルモンの減少というのは髪の毛へも大きく影響するため、抜け毛が増えて、生え際や分け目が目立つようになるケースも少なくありません。

そもそもエストロゲンって何?

ここまで女性ホルモン「エストロゲン」の減少が抜け毛が増える要因であることをご説明しましたが、そもそもエストロゲンとはどういった体内物質なのでしょうか。

「エストロゲン」とは、主に卵巣から分泌される女性ホルモンの1つです。「美人ホルモン」ともいわれています。

エストロゲンには、乳腺細胞の増殖促進、卵巣排卵制御、脂質代謝制御、中枢神経(意識)女性化、皮膚薄化など、女性らしい体作りに関する重要なホルモンです。

これらの役割は、女性らしいツヤ・ハリがある髪の毛を保つ働きがあるのです。

一般的にエストロゲンは思春期から大きく分泌され始め、20代~30代がピークとなりその後、年齢とともに減少するホルモンです。

その結果、女性らしい髪の毛は抜けて、生え際が目立つようになり以前のようにセットがうまくいかなくなってくることが増えてきます。

この女性ホルモンの分泌量が変化するのは、加齢のみではないのです。

若くても、エストロゲンが減少してしまうことがあるのでご紹介します。

女性ホルモンが減少してしまう原因と対策4選

女性ホルモンが減少する要因としては、大きく4つあげられます。

①出産後

②更年期

③過度なダイエット

④生活習慣の乱れ

心当たりがある方は注意が必要です。

今は抜け毛がそこまで増えていなくても、このまま続くと抜け毛が増える要因になってしまうかもしれません。

それでは、なぜ女性ホルモン「エストロゲン」が下がってしまうのか、原因と対策をご紹介しますね。

 

女性ホルモンが減少してしまう時期:①出産後

子供が生まれるまでは、髪の毛フサフサだったのに…。

子供も生まれて幸せな時に、抜け毛が増えて髪のボリュームが減っちゃった…。

この脱毛は「分娩後脱毛症」と呼ばれる症状となります。

これは、女性ホルモン「エストロゲン」が急激に低下することによって起きるもの。

妊娠初期から、エストロゲンレベルは週ごとに上昇します。このホルモンレベルの上昇によって月経がストップし、妊娠する準備が整っていきます。

その後もエストロゲンホルモンは、子宮粘膜の形成や乳への血液の供給を増やしていく働きを担っているため、常にたくさん分泌されています。

ところが、赤ちゃんを産んだ後は、体が不要と判断し、エストロゲンが急激に減少してしまうのです。

これまで、たくさんあった女性ホルモンが出産とともに、突然減ってしまうということに体は付いていけません。

結果として、ホルモンバランスが乱れ、抜け毛がたくさん発生してしまう原因となります。

ただし、ご安心下さい。

徐々に体がホルモンバランス整え、およそ1年ほどで自然と髪の毛は戻ってくる場合がほとんどです。

また、まれに1年前後経っても抜け毛が戻らないことや、ストレスなどにより他の脱毛症が合併してしまうことがありますので、その場合は専門家に相談することをお勧めします。

しかし、抜け毛が増えてしまうのは不安ですよね。

少しでも早く髪の毛を取り戻したい方は下記を対策として取り入れてみてはいかがでしょうか?

出産後に起きる抜け毛の対策は?

産後は、ホルモンの減少だけでなく、子供を産むことによって、体の栄養が不足しがちです。

髪の毛は食べたものから作られるため、髪の毛の成長に必要な栄養を、しっかり摂るようにします。

手の込んだ料理を作るのは大変ですが、コンビニのお弁当やスーパーのお惣菜でも、栄養価の高い食べ物はたくさんあるので利用しましょう。

このような栄養素を意識して食べることがおすすめです。

①タンパク質(肉・魚・大豆)

②ミネラル(ひじき・わかめ・ナッツ類)

③カルシウム(小魚・乳製品)

④ビタミンB群(バナナ・まぐろ・牛乳・レバー)

これらの食品をバランスよく食べることを意識することで、髪の毛の成長を促すことが出来ます。

あまり食べられない人は補助としてサプリメントを取り入れることも考えてみてはいかがでしょうか?

それでも効果が現れなかった場合は、女性の薄毛治療に特化した病院やサロンに相談するのも一つの手ですよ。

女性ホルモンが減少してしまう時期:②更年期

閉経前後にあたる更年期は、特にエストロゲンの分泌が下がってしまうライフイベントの一つです。

個人差はありますが50歳前後の年齢で閉経を迎え、この閉経の時期をはさんだ前後10年間(一般的に45〜55歳頃)を「更年期」といいます。

もちろん、誰しもが起きることですので、仕方がないことですが、更年期の起きる症状に加え、抜け毛まで増えてしまうことは精神的につらいことですよね。

この原因は、卵巣機能の低下によって起きる症状です。

<体内>

脳みそ
卵巣さん。いつも通り、エストロゲンホルモンを分泌して下さいね。
卵巣
えぇ…。もう若いころみたいにいっぱい出ないよ…。
脳みそ
ねぇ。まだですか?(もしかして指令が届いてないのかな…?)

もっと指令を送らないと!

卵巣
もう出ないよーー…!!ごめんなさい(>_<)

この事態に脳がパニックを起こして自律神経のバランスを乱します。

この症状を軽減する方法は、どのようにすればよいのかは、下記を参考にしてみてくださいね。

更年期に起きる抜け毛の対策は?

更年期による抜け毛を防ぐ方法として、自分で行うセルフケアと病院で行う医療療法があります。

更年期のホルモンバランスを整えるセルフケアとは

・女性ホルモンを高める食品を食べる(大豆)

・腸内環境を整える

・補助として亜鉛・鉄分を取る

まずは、女性ホルモンを高めることで、減ってしまった女性ホルモンを補うことが出来ます。

代表的な食品は「大豆」です。

大豆にはイソフラボンが含まれており、これが腸内で吸収されると「エクオール」と呼ばれるエストロゲンと似た働きを持つ物質へと変化します。

このエクオールが血液を介して全身に行きわたることで、更年期による抜け毛を軽減することが出来ます。

ただ単に、大豆を取るだけでなく、吸収を高めるために腸内環境を整えること、更には女性は血液量が少ないことが多いので赤血球量を増やすためにミネラルも同時に取ることが重要となっています。

関連記事はこちら

更年期のホルモンバランスを整える医療療法とは

・漢方薬の使用

・ホルモン補充療法

・薄毛治療院に通う

身近に出来る対策の一つとして、漢方薬を使う方も多くいらっしゃいます。

医学的根拠は弱いですが、体調を整える上では効果がある療法のため、多くの人が行っている治療法の一つです。

もう一つが、ホルモン補充療法と呼ばれる病院でエストロゲンの薬を処方してもらい、更年期障害を改善し、抜け毛を防ぐ方法です。

あまり馴染みのない方法ではありますが、海外では認可され始めている方法です。

最後に、抜け毛が重度になってしまう場合は薄毛の専門家に相談することもお勧めしております。

当店の場合、更年期を迎えて薄毛になってしまった方でも、約9割の方が半年~1年で改善する傾向があります。

もし、興味がある方は、下記より問い合わせください。

女性ホルモンが減少してしまう原因:③過度なダイエット

男性より女性に多いのが、ダイエットにより、女性ホルモンの乱れを引き起こし、女性の抜け毛を進行させてしまうことがです。

特に注意が必要なのが、「食事制限によるダイエット」です。

パーソナルトレーナーの下で、行うダイエットは栄養管理しているため安全ですが、独学でテレビやネットの知識を見よう見まねでチャレンジすることは危険。

やりすぎてしまう場合があり、女性ホルモンを減少させる要因となります。

というのも、ホルモンの分泌には、栄養が必要です。

エストロゲンの分泌を低下させないためには、ホルモンの元になるしっかりとした食事を取らなければなりません。

しかし、ダイエットや偏った食事で、栄養が不足してしまうと、ホルモンの分泌量が低下してエストロゲンのバランスが乱れてしまいます。

無理なダイエットを長期的に行うと栄養失調状態となり、髪の毛が薄くなるだけでなく、骨密度が低下して20代なのに50代後半の骨密度になってしまうケースも。

髪の毛だけでなく、体にも負担が大きく取返しがつかなくなります。

ダイエットによる抜け毛の対策は?

非常に簡単です。

すぐにダイエットを中止し、医療機関に相談することです。

ただ、過度なダイエットをしてる本人は自分が危険なことをしていることに気づいていないケースがあります。

その場合は、身近な家族が医療機関に相談してゆっくりでも良いので治療していくことをおすすめします。

その上で、肉や魚、貝類や野菜類、果物などを含む、バランスのとれた食生活を送り、栄養をしっかりと摂れば、女性ホルモンバランスは正常に戻っていくはずです。

その結果、抜け毛の本数も次第に減っていきますのでご安心下さい。

 

女性ホルモンが減少してしまう時期:④生活習慣の乱れ

ホルモンバランスは生活習慣の乱れと密接に関係しています。

そのため、若いから私は大丈夫と思わずに今の生活を見つめなおす必要があります。

今回は身近でありがちなことで女性ホルモン「エストロゲン」を下げる要因を下記にあげてみました。

・睡眠不足

・糖分の取りすぎ

・過度なストレス

などが該当します。

「もしかして、私も当てはまるかも…。」心当たりのある方は、後述の対策一つ一つをしっかり確認しましょうね。

身近なエストロゲン低下要因:①睡眠の質と量が低い

女性ホルモンのバランスを保つために、大切な要素として睡眠と質と量があげれらます。どんなに忙しくても睡眠時間だけは確保することと言われるぐらい大事。

一般的に理想は7~8時間、最低でも6時間が推奨されていますが、それだけの睡眠を確保できている方は以外と少ないのではないでしょうか?

発毛技能士である私も、8時間を理想としていますが、多忙な時に4,5時間以下になってしまうと、朝起きるのがしんどくて苦労します。

そのため、最低でも6時間は睡眠を確保することをおすすめします。

睡眠を意識することが大事な理由は?

睡眠は大事」誰しもが知っている事実。

ではこの睡眠がなぜ大事なのか知っていますか?その鍵は「成長ホルモン」です。

寝ている時間に最も成長ホルモンが分泌されるものであり、体の健康を維持する上で欠かせない体内物質です。

私たちの頭皮は、朝から晩までの間に紫外線や湿度、塵・埃などさまざまなダメージを受けています。

これらのダメージを成長ホルモンが修復してくれるのです。

しかし、睡眠不足となるとその修復に当てる時間が短くなり、頭皮の修復に必要な成長ホルモンが十分に分泌されない恐れがあります。

また、それ以外にも睡眠時は副交感神経が優位の状態となり、体がリラックスした状態へと変化します。

その結果、髪の毛の成長に必要な血管の拡張・ストレスの軽減が可能となります。

どんなに忙しくても、夜型ではなく朝型の生活に変えるなどして、睡眠時間を確保を心がけましょうね。

関連記事

身近なエストロゲン低下要因:②糖分の取りすぎ

「1日1個アイス食べちゃうのよね。」 「仕事にお菓子は欠かせないわ。」

そんな甘いもの好きの女性は多いのではないでしょうか?

確かに適度な糖分は幸せホルモンのセロトニンを分泌させるため、良い影響もあります。しかし、糖質を取りすぎている場合がほとんどです。

糖分を頻繁に摂っていると血糖値が急激に上がります。その後、インスリンが分泌されて、急激に上がった血糖値が急激に下がります。

この急激な変動が、イライラや不安の原因となり女性ホルモンのバランスの不安定にも繋がります。

特に、ジュースや炭酸飲料のほか、缶・ペットボトル入りのコーヒーや紅茶などの加糖飲料は糖分がたっぷり入っています。

これらは吸収が早いため、血糖値を急激に上げてしまう作用があるため、より注意が必要です。

特に体の糖化を進行させる「白砂糖」には要注意です。

甘いものが欠かせないあなたは、白砂糖をみりんやはちみつなど他の甘味料に変えることで、栄養価があり、体によい糖分を摂取することを心がけましょうね。

関連記事

身近なエストロゲン低下要因:③過度なストレス

強いストレスは、ホルモンの分泌に悪影響を与えてしまう可能性があると言われてます。

過度なストレスにより、ホルモンバランスが乱れ、女性の抜け毛が増えてしまうこともあります。

ホルモンは副交感神経が活性化しているときである「リラックス」「睡眠」などに多く分泌します。

具体的な施策としては、ストレス環境を避けること・自分のストレス解消法を確立することです。

など、それぞれのストレスに応じた対策方法は変わってきますので、自分自身の状況に応じた対策をしっかりと行うようにしましょう。

関連記事

 

最後に

いかがでしたか?

髪の毛は、外的要因のみならず、内的要因も大きく影響しているのです。

女性ホルモン「エストロゲン」低下によって起きる抜け毛は、その原因にあった対処をすれば抜け毛を防げる場合があります。

抜け毛が気になるけどその原因が分からない…。

そんな不安をお持ちの方は、一度薄毛・抜け毛の専門家に相談することお勧めします。

当店は、女性の薄毛に特化した発毛療法を提供しております。

無料相談もいつでも受け付けておりますので、ご気軽にご相談下さいね。

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

スーパースカルプ発毛センター吉祥寺店の育毛・発毛ブログです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。体の中から髪の毛が生える環境作りを徹底します。副作用が気になる人・しっかりと自分でケアをして育毛したい人に好評をいただいてます。 そんな私は22歳にて若ハゲでした。市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。そんな私が知人の紹介により発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。今では薄毛の悩みコンプレックスは一切ありません。 私が勤める当店は4つの特徴がございます。 1.低価格  2. 高い発毛実績 (1000人中98%) 3.薬を使用しない  4.完全予約制プライベートサロン 一人で抱え込んでいる人がいましたら、気軽にご相談下さい。