【30代女性に多い抜け毛の悩み】年齢合った女性の薄毛予防術とは?

30代に入って抜け毛が気になり出した…という女性も少なくありません。

この間の友達とランチしたとき「私の分け目」見てたかな・・・・

最近抜け毛が増えてきたし、これって薄毛なの?

女性用の育毛剤を使用してみるも、効果がない。

髪の毛に効果的って言われるサプリを飲んでも中々効果が出ない…。

そもそも、30代で薄毛が進行する原因って何?」といった方は多いのではないでしょうか?

 

30歳ぐらいから、仕事が多忙な方や、中々家事や育児で一日が終わってしまい、自分の髪の毛自分の髪の毛なんて二の次になってしまう女性は少なくありません。

とはいえ、抜け毛が増えて髪が薄くなっていくと、鏡を見る事すらしたくありません。

 

昔より30代女性の負担が大きくなっているのが現実です。

その結果、日ごろのストレス・疲れの蓄積が髪の毛のハリ・コシを無くして薄毛へと悪化することも。

そこで今回は、「30代の女性がなりやすい薄毛のタイプの原因と対策」をお伝えします。

抜け毛が増える30代の女性がなりやすい薄毛タイプ別3選

30代の女性の薄毛タイプには、特徴があり大きく3つのタイプがあります。

 

30代女性の3つの薄毛タイプ
  • タイプ①:びまん性脱毛症(FAGAを含む)
  • タイプ②:分娩後脱毛症
  • タイプ③:円形脱毛症

 

女性の薄毛は、男性のように、てっぺんハゲ、前髪のM字ハゲのような局所的に薄くなりません。

全体的に薄くなる場合や、分け目が目立つようになる、髪の毛をかき上げると薄くなっているなどが特徴としてあります。

 

30代女性の薄毛のイメージ

女性のつむじの薄くなり方1
女性のつむじの薄くなり方2

私も当てはまるかも知れない…。

そう思った人は、どのタイプの薄毛なのか、セルフチェックしてみましょう。

タイプ1:びまん性脱毛症(FAGAも含む)

びまん性脱毛症は女性の薄毛で最も多いタイプの脱毛症です。

びまん性脱毛症は頭皮全体の髪が均等に抜けて髪の毛が全体に薄くなります。

特に頭頂部の分け目が目立つのが特徴です。

 

女性ホルモンは20代をピークに30代になるにつれ、減少していきます。その結果、髪の毛が細くなり抜け毛が増加します。

「以前より分け目が広くなった」や「全体的に薄くなってきた」時は、びまん性脱毛症の可能性があります。

 

このびまん性脱毛症は、急激に脱毛するわけでなく、徐々に進行するため、気づいた時はかなり悪化してしまうケースも少なくありません。

 

 

タイプ2:分娩後脱毛症

現在、30代に子供を授かる女性が最も多いといわれています。

妊娠は、喜ばしいことですが、体内のホルモンバランスの変動が大きいため抜け毛が増加する原因になります。

 

子供が生まれるまでは、女性ホルモンであるエストロゲンホルモンが体内で多く生成されます。

 

しかし、出産後は急激にエストロゲンホルモンが低下してしまうのです。

髪の毛の成長を促す働きがあるエストロゲンホルモンが急激に減少してしまうことで、一気に抜け毛が増えてしまうのです。

普段は、お風呂の時に10本程度しか抜けていなかった人が、数十本~数百本抜けてしまったケースもあります。

妊娠~分娩までのホルモン量の変化

 

ご安心下さい。

出産後、抜け毛の本数は、数か月程度で次第に正常の量に戻ってきます。

しかし、中には数か月~数年経っても中々戻らない方もいらっしゃいます。

この場合は、分娩によるホルモンの乱れ以外の薄毛になる原因(ストレス・食事・睡眠不足)が重なり、髪の毛が増えてこないのです。

 

抜け毛の量が減らない・薄毛の進行が強い人は、セルフケアのみで改善することが難しいことも。

どうしても原因が分からない・不安で早く髪の毛を生やしたい人は。一度薄毛の専門家に相談することをおススメします。

授乳中でも可能な光線療法や育毛剤の使用などを行い、自立神経を整え髪の毛の成長を促してあげることをお勧めします。

授乳中などは、薬の服用は避けた方が良いため、薬を使わずに髪の毛を増やす療法・体質改善+施術などでで行う方法が良いでしょう。

その③:円形脱毛症

実は30代の女性で十円ハゲや広範囲での薄毛に悩む人は少なくありません。

生活環境の変化や、育児ストレスなど様々な要因が重なり、気づいたら「ポッカリと一部分の髪がない」なんてことも。

円形脱毛症が起きる原因は主に2つです。

  • その①:ストレス
  • その②:自己免疫疾患

特に体調不良が続くと、自己免疫機能に異常を起こして、髪の毛を自分の細胞が攻撃して抜けてしまうなんてこともあります。

小さな円形脱毛症の場合は、自然と戻る場合がほとんどです。

とはいえ、抜けてしまった範囲が広いと中々戻らないこともあります。

 

より詳しく知りたい人はこちら

円形脱毛症について

30代女性の抜け毛の量が増加する5つの原因と対策

その①:ダイエット

ダイエットはダイエットでも、運動などで健康的に痩せるダイエットではない次のダイエット法です。

 

薄毛の原因になるダイエット法
  • その①:偏った食事
  • その②:過度な食事食事制限
  • その③:極度の糖質制限

無理な食事制限をしたダイエットは髪の毛へ非常に影響を与えてしまい、髪の毛がやせ細ってしまいます。

確かに、食べない・カロリーが足りないと体重は落ちますがその分、髪への負担は大きいです。


身体が栄養不足になれば、当然髪に必要な栄養も不足してしまい、それが髪の発育不全に繋がり、抜けやすくなってしまうのです。

バランスを考えたダイエット法なら問題ない

過度なダイエットを行うのではなく。量は多くなくても良いのでバランスを意識した食事を摂取することです。

既に危険なダイエットを続けて、抜け毛が増えた・薄毛が進行してきた場合は、髪の毛がちゃんと戻るまでに数年かかる場合もあります。

その場合は、専門家に相談して食事療法を実践して体の健康から取り戻して下さいね。

その②:老化

年齢を重ねるたびに起きてしまう現象「老化」によっても毛包が失われてしまいます。

加齢によって、成長して伸びている髪の毛よりも、休憩している髪の毛「休止期毛」が増えて抜けやすくなってしまうことが原因となります。


体の老化の速さは、人によって異なります。

それは、老化はある程度防ぐことが出来るからです。

老化の原因

体内の活性酸素量

老化は、活性酸素はいわゆる「体のサビ」が関係しているともと言われいます。

活性酸素は、抗酸化酵素が減少する40代から急速に増えてきますが、生活習慣のバランスが悪いと30代でもどんどん生成されます。

老化による抜け毛を防止するには?


この体のサビを取ることが出来るのが、抗酸化作用のある食事を取ることです。

具体的には、抗酸化ビタミン(ビタミンA,C,E)を多く含む食事です。

抗酸化ビタミンを多く含む食材
  • 緑黄色野菜や果物(ビタミンA)
  • 果物、野菜、いも類、お茶(ビタミンC)
  • 植物油、ナッツ類、魚(ビタミンE)

 

その③:ストレス

ストレスを感じると、交感神経が働き血管が細くなり、血液の流れが悪くなります。

血液は、体の隅々まで栄養を届ける働きがあり、もちろん髪の毛も血液によって栄養を供給されています。


ストレスがかかり、血液の流れが悪くなれば、髪に届く栄養も少なくなってしまい、髪の毛が「抜けやすくなる・育たない」可能性があります。

30代は家事や育児などこれまでなかったライフイベントが多くあり、特にストレスが多くなりがちです。

そのストレスがうまく発散できずに蓄積してしまうことで髪の毛が薄くなってしまいます。

女性に多いのが、「頑張らなきゃッ」と自分にストイックになってしまいます。

女性のストレスによる抜け毛対策とは?

単純ですが、休憩してください。

たまには自分にも優しくしてあげてください。

このバランスが大事なのです。

また、ストレスを改善する効果がある行動を紹介します。

  • ヒーリングミュージックを聞く
  • 有酸素運動をする
  • 森林緑を行う
  • 「やらなければならない」を極力減らす
  • 好きなことをとことんする

抜け毛や薄毛で既に悩んでいる人は、今の不安を専門家にぶつけて気持ちを軽くしてみるのも一つの手ですよ。

 

その④:女性ホルモンの低下

女性ホルモンに含まれるエストロゲンは、髪の成長を促す働きがあります。

つまり、女性ホルモンが減ってしまうと髪の毛周期が乱れ、髪の毛が成熟しきる前に抜け毛となってしまうのです。

 

  • 出産
  • ピルの服用
  • 加齢
  • ストレス

いかがでしょうか?

このような女性ホルモンの変化が多いのが30代の女性なのです。

30代になり、急に体内のエストロゲンホルモンのバランスが乱れて抜け毛が増えて薄毛となるケースが多いです。

女性ホルモンを維持するには?

女性ホルモンを維持する対策としては2つです。

 

  • その①:血液循環量を上げて、髪の毛まで女性ホルモンを届ける
  • その②:女性ホルモンを食事から高める

血液循環量を上げるには、亜鉛・鉄分・葉酸をしっかり摂取することをおススメします。

亜鉛や鉄分には、体内の血液量の増加・ホルモンの生成量を増やしてあげることが出来ます。

女性ホルモンを高めたい人は、簡単に取り入れることが出来るのが、大豆製品です。

大豆製品に含まれる、大豆イソフラボンは、腸内にて【エクオール】といった物質に変化することで女性ホルモンの代わりとなって働いてくれます。

大豆イソフラボンの薄毛・抜け毛への効果は?【エクオールがポイント】

2019.08.22

しかし、中々生活習慣を改善しただけでは、治らないことが多いのが現状です。

その場合は、薄毛の専門サロンをご利用下さい。

当店にも、女性のホルモンバランスの乱れによって髪の毛が薄くなってしまった方が最近では多く来店しております。

30代女性の薄毛でお悩みの方は吉祥寺のメディカル発毛サロンへ

その⑤:血行不良

頭皮が血行不良になると、毛根は毛細血管から酸素や栄養を受け取れなくなります。

その状態が続くと、髪の成長に必要な栄養が無くなり、成長過程にあった毛が途中で抜けてしまうのです。

女性の場合、男性よりも冷え性など末端の血流不足で悩む人が多くいます。

そのような方は、一度「頭皮の色」を確認することで血流状態を確認しましょう。

血行が悪い頭皮は、赤色~茶色をしています。

このように血流が悪い頭皮は、赤く血管が見えたり、全体的に茶色くなってしまうのです。

血行不良が原因の抜け毛対策は?

血行を良くすることは、日常の中にたくさん隠れています。

 

血行を良くする行動
  • 湯舟につかる
  • 運動をする
  • バランスの良い食事
  • 睡眠時間の確保
  • しょうがを食べる
  • ストレッチをする

 

頭皮の色に関する記事

頭皮の色をチェック

 

 

30代の女性におすすめの薄毛ケアシャンプーは?

髪の毛は日ごろのケアからと言われるほどシャンプーも髪の毛の健康を維持する上では大事な要素です。

けど一体どんなシャンプーが良いの?

シャンプーの種類はたくさんあるため、何を選んで良いか分からないは少なくありません。

市販のシャンプーの中で、最もおススメできる種類が、「アミノ酸系シャンプー」となります。

こちらは、低刺激で他のシャンプーを比べ頭皮への刺激が少ないシャンプーとなります。

アミノ酸系シャンプーの中でも、ココイル○○、コカミド○○、など記載が上に書いてあるシャンプーがおススメですよ。

関連記事

抜け毛や薄毛の悩みにおすすめの病院は?

早期に治したい方や自分ではどうしようもない方は一度専門家に相談することをおすすめします。

特にこれまであまり効果がないといわれてきた発毛サロンも現在では非常に高確率で髪の毛を生やすこと出来ます。

当店の発毛療法は、内服薬を使わずに髪の毛が増やせるため、お子様がいる女性におすすめです。

また、プライベートを確保した誰にも会わないクリニックやメディカル発毛サロンが増えてきておりますので、一度相談してみるのもいいでしょう。

専門家の診療を受けることで、自分では気づかなかった薄毛の原因を知ることもできるかもしれませんよ。

30代の薄毛の悩みを解決したケース紹介

30代の女性の薄毛の悩みを解決したケースを紹介します。

これまで当店でご提供している発毛療法は、1000症例中987症例において髪の毛が発毛しております。

その一部をご参考下さい。

当記事に掲載しているのは、30代女性のみです。それ以外20~60代まで幅広く発毛症例がございます。
ご興味がある方は下記をご参照下さい。

⇒ 発毛症例はこちら

女性の薄毛は原因を明らかにして対策しよう。

いかがでしたか?

30代の女性は、出産やお仕事・家事のストレスなど多忙を極めています。

その中で、自分に無理をし過ぎてしまうと結果として髪の毛が細く薄くなってしまう場合もあります。

日ごろから無理をし過ぎず、適度な運動とストレスの軽減してあげることを意識してくださいね。

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。