20代女性の抜け毛の悩みとは?若いのに髪の毛が抜ける原因と対策法について

薄毛や抜け毛で非常に悩む、大学生や社会人2~3年目の女性(20代)が、ここ数年で急増しております。

現在、東京の吉祥寺でプライベート発毛サロンとして薄毛治療を行う私の元にも薄毛で悩む女性が多く来店しているため、肌感覚でも実感がございます。

 

近年、若い女性の薄毛の悩みが非常に多く、私の治療院にも毎月10~20件の相談があります。このように多くの人が、髪の毛・頭皮の悩みを抱えています。更に、多くの女性は「20代で薄毛になるのは自分だけ…。」と感じ、周囲に相談が出来ないケースが多いのが特徴です。

 

しかしご安心下さい。

『20代女性には20代女性の薄毛対策』を行っていくことで、髪の毛のボリュームを増やすことは十分に可能です。今回は、20代の女性の薄毛の【特徴・原因・対策について】解説します。

 

【薄毛を改善した事例・生の声】を確認したい人は、下記を参照下さい。

薄毛を克服した女性の直筆アンケート

目次

20代女性の抜け毛・薄毛の特徴とは?

20代女性の抜け毛・薄毛は、【目立ちにくいけど自分には分かる薄毛】が多いです。

少しあいまいな表現ですが、「触ると以前と違うのが分かる」「髪を洗うときに感じる」との声が多いです。

 

また、頭頂部や側頭部、生え際が全体的に毛量が減ることも、20代の女性の起こる薄毛の特徴です。他人には、「気にならないよ。」と言われても、前より薄くなっていることを感じる女性は少なくありません。

 

そのため、自宅でヘアケアシャンプーや育毛剤をコッソリ使用しています。しかし中々結果が出ないため、当発毛サロンへ相談にくる方が増加しています。

20代女性の薄毛が気になる場所
  1. つむじ
  2. 分け目
  3. 生え際
  4. こめかみ(側頭部)

    20代女性の薄毛になりやすい場所①つむじハゲ

    20代女性の多くが気になるところで上げられるつむじハゲ…。女性のつむじハゲには大きく分けると2つのパターンがあります。

    つむじハゲの特徴
    1. 頭頂部のボリュームが少なくなり、髪の毛がペタッとした印象になる。
    2. 全体的に髪質が細くなり、つむじハゲが目立つようになる

       

      実際に相談にご来院されたお客様の薄毛状態は下記の画像のようなケースが多くこのように改善に成功しております。

      女性のつむじハゲについて、下記関連コンテンツにて原因と対策を解説しています。自分もつむじハゲかも…と気になった方は↓↓↓関連コンテンツもご確認下さい。

       

       

      20代女性の薄毛になりやすい場所②分け目

      何度髪の毛をセットしても前髪に割れ目が入ってしまう…。

      分け目がはっきりしてきてボリュームも少なくなった…もしかして薄くなってる…?

      そんなお悩みを持つ20代の女性の方は多いです。分け目が目立ってきて気になる薄毛には2つ種類があります。

      分け目が目立ってきたらチェックしたいポイント
      1. 頭頂部の薄さ
      2. 分け目を変えた時の透け感
      3. 側頭部の薄さ

      実際に相談にご来院されたお客様の薄毛状態は下記の画像のようなケースが多くこのように改善に成功しております。

      もっと詳しく分け目の薄毛について知りたい!自分ももしかしたら当てはまってしまうかも…という方は下記関連コンテンツにて分け目の薄毛について簡単チェックポイントから、原因と対策をまとめていますのであわせてご確認下さい。

       

      20代女性の薄毛になりやすい場所③生え際

      鏡を見ていると気になってしまう生え際の後退…。

      女性の場合、男性のM字ハゲとは違ってはっきりと後退していくというより、ぼんやりと全体的に生え際の毛量が減ってきている、髪の毛をアップにした際に透け感を感じると言った方が多いと思います。

      生え際の後退は、びまん性脱毛症や、女性男性型脱毛症(FAGA)とは少し異なります。考えられる原因としては下記のなります。

      生え際が薄くなってきた原因
      1. 牽引性脱毛症
      2. ホルモンバランスの乱れ
      3. ストレス
      4. 頭皮環境の悪化
      5. 生活習慣の乱れ

      近年ではエステやサロンで働く女性の方は夜会巻きをする方も多いと思います。そういったポニーテールや夜会巻きなど、毎日髪の毛を強い力で引っ張っている髪型や、長期的に同じ髪型で固定している方は牽引性脱毛症の可能性があります。

      実際のご相談に来院されたお客様の薄毛状態は、下記の画像のようなケースが多くこのように改善に成功しております。

      牽引性脱毛症かも知れない…。当てはまるかも…と思った方は牽引性脱毛症について詳しく解説していますので下記関連コンテンツもあわせて確認してくださいね。

      20代女性の薄毛になりやすい場所③こめかみ(側頭部)

      女性の薄毛というと全体的に薄くなってきて頭皮が目立って感じるびまん性脱毛症というケースを多く耳にすると思います。

      しかし、稀に側頭部が薄毛になってしまう方がいます。それがこめかみ薄毛と呼ばれているケースです。

      女性のこめかみハゲの原因
      1. ホルモンバランスの乱れ
      2. ストレス
      3. 過度なダイエット
      4. 首や肩の凝り
      5. 頭皮環境の悪化

      こめかみ部分の薄毛はあまり認知されていませんが、毎日鏡をみると気になってしまったり、鏡を見るのも嫌になってしまったり、向かい合ったときに相手の視線が気になってしまうなど、正面から見えるため深刻に悩んでしまう方も少なくありません。

      また、対処方法もわからないという方も多いので、そんなときは一人で悩まず、無料相談などもありますので、専門家に相談してみてくださいね。

      20代女性だけど…私も薄毛かも!?と思った方はこちら

      【ヘアロス確認法】女性の薄毛が60秒で分かる薄毛チェックとは?

      20代女性の髪の毛が抜ける・薄毛になってしまう4つの原因

      20代で薄毛や抜け毛は、生活習慣の乱れが強く関係します。20代の女性だからこそ抜け毛の4つの原因は次の通りです。

      薄毛が進行する4つの原因
      1. 睡眠不足
      2. ストレス
      3. 過度なダイエット
      4. カラー、パーマ

      それ以外にも、女性の抜け毛の悩みは、産後や季節の変わり目に悩まれる方もいらっしゃいます。そのような方は下記の記事をご参照くださいませ。

      20代女性の薄毛の原因その①:睡眠不足

      20代女性は、仕事や付き合いと忙しい毎日です。仕事・家事・出産・育児・友達付き合いなどにより、1日の睡眠時間が4時間以下になってしまうことも・・・。

       

      睡眠は、8時間が最も推奨されている睡眠時間です。成長ホルモンが多く分泌されるのは、入眠後3~4時間と言われているため、睡眠が浅い・短いとその分成長ホルモンの分泌量も低下します。

       

      そのため髪の毛の成長や細胞の修復に当てる時間が短くなり、髪の毛が細くなりやすくなってしまうのです。睡眠不足が続いていると感じる方は下記に睡眠について詳しくお伝えしています。

      20代女性の薄毛の原因その②:ストレス

      20代はストレスが最も多いといっても過言ではありません。学生から社会人になるのも20代。中には結婚して子供も授かる方もいますよね。

       

      この環境の変化は、楽しさも勿論ありますが、人によっては強いストレスを感じてしまうことも。日々の慢性的なストレスが、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

       

      ストレスは、食欲減退・生理不順などの体の不調だけでなく、血管の縮小させ、髪の毛への栄養を届けるための経路を細くします。それだけでなく、体のサビと呼ばれる活性酸素の分泌を増加させます。

      その結果、十分な栄養を受け取ることが出来ず髪が細くなり抜け毛となってしまうのです。

      20代女性の薄毛の原因その③:ダイエット

      20代の女性に多いのが、無理なダイエットによる薄毛です。

      体のラインを細くするために、過度な食事制限によるダイエットを行っている方はいませんか?栄養不足となり、抜け毛の原因につながります。

       

      体の栄養は、健康・生命維持を第一優先として使用されます。食べる量・バランスが悪いと、体の健康を維持するために全ての栄養素が使われてしまい、頭まで栄養を届けることが出来ないのです。

      結果、栄養不足の髪の毛は抜けてしまい、抜け毛が増える原因となります。忙しくて、朝ご飯を食べない人がいますが、髪の毛の事を考えたらヨーグルトなどでも良いので口に入れてあげましょうね。

      20代女性の薄毛の原因その④:パーマ・カラーによる頭皮ダメージ

      パーマやカラーはタンパク質である髪の毛を変性させることで、ウェーブを作ったり色を入れ込みます。当然、髪の毛のダメージだけなく、頭皮にもダメージが蓄積します。

       

      パーマやカラーをした頭皮をマイクロスコープ診断すると、赤く炎症していることもあります。

      そのため、抜け毛や髪の毛の薄さ・痒みが気になるときは、極力パーマやカラーを控えておくことをおすすめします。

       

      20代女性の抜毛や薄毛の対策は?

      【前述した原因を解消すること+下記の対策を1つ】から始めてはいかがでしょうか。

      というのも、対策としては、さまざまありますが細かくお伝えしても、その分継続することは難しくなってしまいます。継続し続けることが、薄毛や抜け毛の悩みを解決するポイントです。

       

      そのため、20代の女性にこれだけはやってほしいことを厳選して1つだけお伝えします。

      20代女性にこれだけはやってほしいこと:『バランスの取れた食事』

      「きれいになりたい」

      「スタイル良くなりたい」

      このような願望は誰しもが持ちます。だからこそ『バランスの取れた食事』をするべきなのです。そうすることで肌のツヤやキメを上げるだけでなく、髪の毛へ栄養与えることが出来ます。

       

      また、痩せたいから食べないのではなく、バランスの取れた食事を食べることで代謝を上げてスタイルをよくすることに切り替えてみてはいかがでしょうか。

      特に食事としては、「まごわやさしい」の頭文字の食材を食べることを意識してみましょう。

      薄毛に効果的な食事【まごわやさしい】

      サプリメントなどで補給することも大事ですが、基本は食事からです。サプリメントは食事だけでは足りない栄養分(ビタミンなど)を取るようにしましょうね。

      薄毛対策として行ってほしいことまとめ

      • 1日6~8時間規則正しい睡眠の確保
      • ストレス解消
      • しっかりとしたバランスの取れた食事
      • カラーやパーマなど頭皮ダメージになることを控える

      【まとめ】20代女性の抜け毛は日ごろの見直しが大切

      いかかでしょうか?

      すでに薄毛・抜け毛で悩んでいる人も中にはいるかと思います。

      そんな方は、「自分の生活に原因はないかな?」と思い返してみて原因を一つずつ取り除くことから始めてみましょう。

      薄毛・抜け毛を治すことは大変ですが、最適な方法で治療を行えば、悩みを解決できる場合が多いです。

       

      とはいえ、一人で薄毛や抜け毛の悩みを解決するのは至難の業です。その時は、一人で抱え込まずに、専門家に相談するなどをご検討下さい。

      よかったらシェアしてね!
      目次
      閉じる