「毛根が死滅している」と諦めかけた毛を復活させる方法とは?

薄毛治療の最前線として毎日悩みを解決していく中で「もう何年も髪の毛が生えてなかったから、毛根が死滅して治せないですよね?」とよく聞かれます。

 

本当に毛根が死滅してしまったら、現代医療では植毛でしか対処することはできません。とはいえ、どんな毛根だと死滅してしまい生えて来ないのか、まだ髪が増える可能性があるのか知りたい所ですよね。

 

そこで今回は、毛根の死滅してしまった状態や、毛根の状態の判定基準、毛根を復活させるための行動などをお伝えします。

「毛根が死滅している」と諦めかけた髪とは?

多くの人が数年~数十年の間、毛髪が生えて来ないと「毛根が死滅してしている」と諦めがちです。本当にご自身の毛根が死滅しているか確認したことはありますか?

 

というのも、AGAや女性の薄毛など年齢と共に薄くなってしまった毛根は死んでいない場合がほとんどです。このような髪の毛根は、長い休眠中なだけで毛根自体は「生きている」ケースが多くあります。

 

毛根は、「毛球・毛包」といった大きく二つの構造に分かれています。毛球には、毛乳頭・毛母・メラノサイトなど主に髪の毛を製造する組織が局在し、毛包は、毛根鞘などの髪を包み込む組織で成り立っています。

 

毛根が目に見えなくても、上記の毛球・毛包さえ存在していれば、毛根はあくまで休眠中であって、死滅していないのです。

本当に毛根が死滅した状態とは?

ほとんどの場合が毛根が死滅ではなく、休眠中とお伝えしましたが、毛根が死滅してしまっている状態も勿論あります。毛根がない・髪が生えてこない下記の2つのケースです。

  • その①火傷・切り傷などでケロイド状になった頭皮
  • その②ヘアサイクルの循環が終わってしまった毛根

火傷・切り傷などでケロイド状になった頭皮

過去に頭部を怪我して縫うような怪我や、火傷で皮膚がケロイド状になってしまった場合は、毛根がある皮膚の真皮まで損傷している可能性が高いです。

 

真皮まで損傷をしてしまうと、毛根自体の構造が変形してしまうため毛根が死滅してしまい髪の毛が生えてきません。そのため、いくら育毛剤を使用しようとしても毛根自体がなくツルツルの状態であるため効果を出す事が出来ないといえます。

 

ヘアサイクルの循環が終わってしまった毛根

髪の毛は、ヘアサイクル(成長期→退行期→休止期)といったサイクルを繰り返すことで生え変わります。このヘアサイクルは細胞分裂が可能な回数が人によって決まっており、40~50サイクル前後と言われています。(テロメア遺伝子で決まっています

 

ヘアサイクルの上限値に達してしまったら毛根が死滅してしまっている可能性があります。このヘアサイクルは、それぞれ下記のような年数と言われています。

 

  • 成長期:健康な髪で男性では3~5年、女性では4~6年
  • 退行期:3週間
  • 休止期:3ヵ月

 

男性では1サイクル3.4年~5.4年程度、女性では1サイクル4.4年~6.4年程度になるということです。そのため、40サイクル回るとしたら最短で男性120年程度、女性では160年程度、髪が死滅しません。

 

とはいえ、男性型脱毛症(AGA)などは、成長期が数か月~1年程度で抜けてしまうため、ヘアサイクルの回転が速くなります。そのため、AGAを発症後は、30年程度で毛根が寿命を迎えてしまうことがあります。

眠っているだけで毛根が死んでいないケースがほとんど

前述では、毛根自体が死滅してしまったケースをお伝えしましたが、とはいえ薄毛やハゲで悩むケースの大半が死滅ではなく「休眠中」の毛根である場合が多いです。

 

そのため、薄毛歴が10年以上の方でも、自分に合った正しい方法で薄毛治療を行えば、眠っている毛根が活動を開始して髪の毛が生えるケースも多いにあります。

 

日々薄毛治療の最前線で、男女問わず薄毛の悩みを解決してきている私が実例を用いて、お伝えします。

過去30年間髪の毛が生えずに毛根が全て死滅してしまった考えていた方が、2ヵ月で毛根から毛が生え始めたケースがあります。

女性の薄毛治療

このように毛根がほとんど見えない状態から当店で薄毛治療を始めています。本人は、何をやっても効果がなく毛根が死滅してしまったとダメ元で来店してくださいました。

 

その方に合った正しい方法で2か月間、入念に私と一緒に頑張った結果がこちらです。

いかがでしょうか?

2ヵ月には、もう死滅してしまったと思われた毛根から毛が発育しています。「自分ではダメだ」と思っても正しい方法で頭皮環境を改善+体質改善を行えば、再び毛根が活動し始めることがあるのです。

 

毛根を回復させた実例について詳しく知りたい方は「【小金井市・60代女性の薄毛改善】30年全く生えなかった毛根に2か月で発毛」をご覧下さい。

毛根が死滅したかの判定基準とは?

ここまで毛根について詳しくお伝えしてきましたが、出来れば自分でセルフチェックすることが出来れば、希望を持つことが出来るでしょう。

 

毛根の死滅しているかどうかの判断は専門家の私でも難しいというのが結論です。とはいえ、毛根を簡単な目安は存在します。

それは、産毛の有無です。

ほんの少しでも良いので産毛がチラッと見える・触って分かる場合は毛根が生きているといえます。触っても分からない・見えない場合、毛根が寿命を迎えている可能性があります。

 

このようにお伝えしましたが、自分では一切生えていないと思っていても、マイクロスコープ診断などを行うと生えている場合がありますので、もし自分の毛根が気になるなら一度、無料診断や体験を活用して、毛の有無を確認してもらうと良いでしょう。

 

その他、薄毛に関するセルフチェック記事を下記に掲載しています。良ければご覧ください。

休眠中の毛根を復活させるための期間の目安は?

髪の毛を生やそうと、休眠中の毛根から再び活動を再開させ、髪の毛として見えるためにはどのぐらいの期間がかかるのか気になるところですよね。

 

休止中の毛根が活動を始めて結果が見えるのにかかる期間の目安は約6ヵ月~1年と言われています。髪は数年単位で薄くなっていくため、再び生やすためには長期戦となるのです。

 

6ヵ月~1年は正しい方法で行った場合の期間の目安です。自己流の場合はいつまで経っても思うような結果が出ずに生えて来ないケースもザラにあります。

 

ポイントは、髪の毛を生成する毛乳頭細胞に効果的に刺激を与えて活動を再開させることです。そのため頭皮環境の改善と生活習慣の改善は必要不可欠と言えるでしょう。

 

AGAのお薬に頼ればより効果として見出すことはできますが、あくまで薬の力で生やすため服用を辞めたら再び抜けてしまいます。そのため、持続できる髪の毛を生み出すには前述したことがカギとなるのです。

毛根を復活させるには?

毛根を復活させるには、毛根まで酸素と栄養を供給させる必要があります。簡単に自分で出来るセルフケアとしては下記のことをおススメします。

 

※それぞれ、クリックするとより詳しく書いた関連記事を閲覧することが出来ます。

このように数多く存在します。ただしこれらもただ行えば良いのではなく行うことによる効果を考えて自分に合うものを取捨選択する必要があります。

 

また、薄毛治療は長期戦です。正直しんどい時も出てきます。そこをうまく乗り越えて初めて毛根が復活するのです。

早期に毛根を回復させるには専門家に相談するのがベスト

薄毛・抜け毛が進行してきたら専門家に相談を

これまで、可能な限り自分でできる毛根へのセルフケアをお伝えしてきました。しかし、遠回りになってしまうこと・逆に時間と共により薄毛が進行してしまうこともあります。

 

そのため、まずは実際に薄毛の専門家に見てもらい、今の発育状態・生活習慣・効果的な治療法を教えてもらうことが最も早く発毛に繋がります。

 

自己流で行いたい気持ちも分かります。お金・期間・恥ずかしさ…行きたくない理由はさまざまありますよね。しかし一度勇気を出して相談してみることをすることで、自分では気づくことが出来なかったことが分かりますよ。

 

当店は、東京の吉祥寺にて誰にも知られず通うことが出来るプライベート発毛サロンを運営しております。もし、自分の毛根大丈夫かな?と不安になったら相談してみて下さいね。

 

 

営業時間10:00~22:00(月曜休み)

電話受付時間10:00~20:00

0422-66-2710
施術中は電話に出れないため予約カレンダーからの予約がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

ryosuke

【公式】 スーパースカルプ発毛センター吉祥寺駅前店の育毛・発毛ブログ 【資格】 ・毛髪診断士 ・発毛技能士 【店舗情報】 東京の吉祥寺で運営してるメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを徹底しています。 内服薬を使用しないため、副作用が心配ないと好評です。 【著者の過去】 22歳にてハゲた経験があります。 市販育毛剤・シャンプー・サプリを使用したが効果はイマイチ。 薬は副作用が怖いなど悩んでおりました。 その後、生えるための発毛メソッドを習得・実践した結果、見事克服。 今では、AGAや薄毛で悩む人を解決すべく日々奮闘しております。